ツイッターで議論しない倫理

半年だか1年だかそれくらい前から、ツイッターにまともなことを一切書かなくなっている。いまツイッター上での議論というものは、それ自体が非倫理的なのではないかと思ったからだ。

基本的にはなんとなくそうなっていった感じなんだけど、2-3ヶ月前にはっきりと自覚的に「もうなにも書かないようにしよう」と決めた。友人数人がツイッターでわりと大きい炎上っぽいものを展開していて、それに心底ウンザリさせられたから。

※ 無料民向け説明:詳述すると巻き込まれる可能性があるので、これ以上は有料部分でも一切なんの示唆もしていません。一般論だけを書いています。ただし、巻き込まれることを避けたい理由については書いています(むろんこれも一般論として)。

予想された悪さか、衝動か

この続きをみるには

この続き: 1,613文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月3回以上いろいろな記事が読めます。過去記事もすべて読めます。ジャンルは、コミュニティや教育、地域、キャリア、本、音楽、批評など。とっても小さなメディアですが、2017年から現在までゆっくり読者が増えています。世知辛いですが、一緒にやっていきましょう、という感じ……。

批評とメディアのプロジェクト・レトリカをしたり、高校生と津和野で下宿して一緒にいろいろつくる組織・ブー社を代表したりしているseshiap…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ!嬉しい!
14
編集者、ディレクター。NPO法人bootopia代表理事。Rhetorica。つくったり学んだりする集団に関心。オルタナティブなメディアやコミュニティの運営について書いています。ラジオが好き。