見出し画像

【smart ASP】Google Service各種の提携方法

smart ASPで

「Google Adsense」の報酬確認
「Google Analytics」のサイト解析
「Google Search Console」のサイトの掲載順位を監視、管理、改善

を行うためには、GoogleからAPIを取得します。

それぞれの手順を解説していきます。


1. まずは「Google Cloud Platform」にアクセスします。


2. 右上の矢印が指す部分をクリックし、「プロジェクトの選択」で「新しいプロジェクト」に進みます。


3. ここでAdsense, Analytics, Search Consoleそれぞれプロジェクトを作成してください。自分で識別しやすい名前をつけるようにしましょう。


4. トップページに遷移するので、右上の矢印部分をクリックして、先ほど設定した名前のプロジェクトに切り替えます。


5-1(Adsenseの連携方法). トップページの検索窓から「adsense」と検索して、「AdSense Management API」の方を選択します。選択後「有効にする」ボタンをクリック。


5-2(Analyticsの連携方法). トップページの検索窓から「analytics」と検索して、「Google Analytics API」と「Google Analytics Reporting API」の2つを選択します。選択後「有効にする」ボタンをクリック。

※アナリティクスは2つのAPIを連携しないと使えないので、注意しましょう。


5-3(Search Consoleの連携方法). トップページの検索窓から「search console」と検索して、「Google Search Console API」の方を選択します。選択後「有効にする」ボタンをクリック。


6. 左上の三本線(ハンバーガーメニュー)をクリックして、「APIとサービス」>「認証情報」に進みます。


7.「OAuth同意画面」に進み、アプリケーション名(任意)を入力・承認済みドメインに「sm-asp.com」を入力し、「作成」をクリックします。

上画像の「2.」では一度エンターキーを押して確定しないと、エラーになってしまうので、注意しましょう。


8.「認証情報」に進み、真ん中の「認証情報作成」を選択し、「OAuth クライアント ID」をクリックします。


9.「ウェブアプリケーション」を選択し、「承認済みのリダイレクト URI」に「https://admin.sm-asp.com/callback.php」を入力して、作成をクリック。

こちらも上画像「2.」で入力後、エンターキーを押してURLを確定してから保存しましょう。

※ エンターを押さないと後々エラーになるので、しっかりと「承認済みのリダイレクトURI」のURLを確定させましょう。

確定すると、入力ボックスの上に確定されたURLが表示されます。


10. 左メニューから「認証情報」をクリックし、作成した「OAuth クライアント ID」を右下からダウンロードしましょう。


11. Smart-ASP側の「ASP設定」画面に戻り、先ほどダウンロードしたファイル(ファルの終わりに「.json」がついているファイル)を、Adsense,Analytics,Search Consoleそれぞれの「jsonファイルをアップロード」からアップロードし、「登録」をクリックします。


12. 最後にAdsense,Analytics,Search Consoleそれぞれの認証ボタンをクリックしてGoogleアカウントにログイン後、利用を許可すると、初期設定完了です。


13. この画面になったら登録完了です。お疲れ様でした。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
SEOのきつね(@__seofox__)というアカウントでTwitterをやっています。コンタクトは上記のTwitterアカウントにてお願いいたします。 web reachというwebマーケティングに特化したサイトもしています。 https://mediafox.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。