見出し画像

漫画の読み方を教えてください


こんにちは。

本日は、昔から悩んでいたことについて少し書いてみたいと思います。タイトル通り、わたしは漫画の読み方がわかりません。語弊があるかもしれないので付け足すと、『4コマ漫画』『順番がある程度書かれている漫画』は読めます。一般的に書店で並んでいるような漫画は、大抵読めません。


この話を、あるきっかけで思い出しました。

画像1

これはわたしが最近描いた絵で、寝る前に構図を思い浮かんで描きました。特に意味があるわけではないんですが、DJをやりはじめて特に曲を聴くことが多くなりました。わたしは恐らく人より音楽を聴くことが多くて、流し聴きでも一日100曲以上は聴いていると思います。個性的な音楽だねっどこで仕入れたの?って言っていただくことも多くて、それは一日中音楽を聴いてるから、いろんなジャンルのいろんな曲を知ることができるようになったからです。もちろん、知らないことはたくさんあります。

そんな中で、その知った曲をUSBに直接入れられないか?と考えたのです。

頭にUSBポートをつくり、そこに直接差し込んでやって曲を入れていく。ただ、この男はそれだけの容量がないんです。USBデザインのモチーフは、コンビニでよく売ってる白USBです。耳から悪い虫がでてきて大変だったり、曲をエクスポートしようとするとオンプさんが逃げて行ったり。したにいるシカクのは、国旗です。これは世界を表しています。

こんな感じで、なんとなく頭の中にあるイメージを描写することが好きでこれは五分くらいで描きました。描かないことも多いんですが、描かないと気持ち悪くて、描いたらもっと気持ち悪いと言われます。

ただ、絵のひとつひとつに意味があるものとしてつくっています。薬物ダメ絶対派なんですが、結構なんかやってるだろと言われます。

そんな時に、この方の絵に似てると言われてハッとしました。


画像2

『ねこぢる』さんという方の漫画らしく、この方は31歳でお亡くなりになっているそうです。

作品自体は、一話完結型のもので人間社会そのものの描写であり、作品によっては血が出たり内臓が飛び出たり。豚を家畜動物とみなし罵られ殺される。そんなブラックジョークが飛び交うもので、YouTubeで作品を観たのですがかなりグロかった。

そこで、また話が戻りますが『漫画の読み方』について思い出しました。

小学生くらいの頃、『でんじゃらすじーさん』という漫画にすごくハマったのを今でも覚えています。破壊的でわけのわからない印象だったのですが、それがすごくよかった。

ただ、この漫画以降の、漫画の記憶が全くありません。よく友だちに、少女漫画とか、誰かと誰かが恋におちてみたいなよくあるストーリーをキャッキャ言いながら紹介されることも多かったので、わたしも一応女の子の建前上見たかないといけないのかと考えたこともあり、一応、読みました。

すると、読み方や順番がわからなくて、頭の中がパニックになりました。右から読んでいたのに、次のページでページの真ん中にドンっ!って絵が入ってて周りから読んでいく。みたいな。

こんな複雑な本はないなと思いました。

最近は、漫画でわかる歴史!みたいな本もありますよね。わたしからすると、超難読本です。


その点、小説はすごくわかりやすくて好き。右から左へ読んでいくだけで頭に入ってくる。さらに、いつも本を読むときは併せて音楽を聴きます。なぜかというと、その音楽を聴いたときにその小説のどこを読んだかを思い出すことができる。逆も然り、小説を読んでいたら、その小説を読んでたときに聴いていた音楽を思い出すことができる。

村上春樹さんの本の中で、本の中に音楽の話がでてきますよね。あれは素晴らしい。なんなら、同じような感覚があるんじゃないかと疑いました。

そんなこんなで、漫画を読むことを今まで避けてきたわけですが、ネットで調べると、同じように漫画の読み方がわからず困っている方がいるようで驚きました。

何かしらの障がいがあるのではないかとか、諸説ありますが未だに自分でもハッキリとわかっていません。

漫画が読めないことに対しても困ることがほとんどなかった。ただ、漫画を読めない人が漫画を描いたら面白いんじゃないか?とか思ったりもします。

需要がある無しに関わらず、一度漫画を描いてみたい。私の描く絵は、目に感情がありません。それは、その絵を見た人はいろんな感情を持って見るので、その人の主観で感情をいれてあげてほしいから。

そんなサイコパス漫画を、またタイミングがあればちょっと描いてみようかな。

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7


DJ SENNA  

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます🥰
11
関西中心に活動するDJ。活動は年50回程、海外(バリ島)でのDJ経歴あり。インドネシアのクラブミュージック『Jungle Dutch』を愛しています。DJをしてみたい方は、ぜひご連絡ください。

コメント4件

デン爺が読めるなら消しカス君も読めるのではないかと思います。
記事のイラストにランボウの「阿片」という日記の自身の挿絵に通じるものを感じました。
ナランチャさん、コメントありがとうございます!ケシカス君、試し読みで読んでみたら、この手のシンプル且つワーっとなってる系の漫画は読める感じがしました。そして、ランボウの阿片は知らなかったので調べたのですが、ジャン・コクトーという名前がでてきてこれとはまた別の方ですか?とても気になっています
あっコクトーの間違いでしたww
本が手に入りそうなので、読んでみます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。