『政秀寺古記』を読む。

1
記事

『政秀寺古記』を読む 第11話「美濃御取り候時之連歌之事」

第11話「美濃御取り候時之連歌之事」

一、美濃御取り候時、信長卿の御発句、『信長記』にはなし。
    天が下をさめん為めに美濃取て
脇は誰々にても出し候へと仰せ候へば、佐久間右衛門尉、末座より、
    京阪本は衛門代官
と申し候へば、御感にて満座大笑の由也。

【現代語訳】

一、美濃国を征服した時、織田信長公は、連歌の発句を詠んだが、この話は、太田牛一『信長公記』には載っていない。
   

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1