虹乃 美稀子

シュタイナー幼児教育者。「子育てはアート」のメッセージとともに、大人も子どもも、「スピリチュアリティ」を育んでいくことの大切さを、実践とともにお伝えしています。東仙台シュタイナー虹のこども園の園長兼担任です。著書「いちばん大事な『子育て』の順番」(青春出版社)他

虹乃 美稀子

シュタイナー幼児教育者。「子育てはアート」のメッセージとともに、大人も子どもも、「スピリチュアリティ」を育んでいくことの大切さを、実践とともにお伝えしています。東仙台シュタイナー虹のこども園の園長兼担任です。著書「いちばん大事な『子育て』の順番」(青春出版社)他

    マガジン

    • 東仙台シュタイナー虹のこども園 マガジン

      東仙台シュタイナー虹のこども園は、幼稚園部を中心に親子クラス・小学生クラス・幼児水彩クラスなどを併設する草の根の私塾教育機関です。 園から発信する情報をお届けします。 (園のHPよりお申し込みいただいた無料メルマガ配信は、順次こちらにサービスを移行しております)

    • 子どものスピリチュアリティの育て方

      ー子どもが、子ども時代を、子どもらしく過ごせるために   大人も一緒に育っていく、スピリチュアリティの育みを大切にした教育をー 保育所・児童相談所勤務を経て、シュタイナー教育の園を立ち上げた教師が、 27年にわたる子どもとの向かい合いの中で確信したこと。 それは教育においても子育てにおいても、大事なことは方法論やノウハウではなく、 「子どもの本質に耳を澄まし、そこに寄り添おうとすること」つまり 子どもの”スピリチュアリティを育むこと”です。 これからの新たな時代に必要な 子どもの教育の本質についてメッセージをお伝えしていきます。

    ストア

    • 商品の画像

      ゆんたシュタイナーエプロン【さくら】

      ドイツのシュタイナー幼稚園から生まれた 実用性に長けて美しいパターンは 子どもたちのためにあるべき家庭の暮らしを再現する シュタイナー園の教師たちに、長く愛されています ***** 色について さくら 小さな子どもがピンクを好むのは、お母さんのお腹にいた時に包まれていた子宮の色だから。 着ると不思議と優しい気持ちになる、さくらの花びらをイメージした淡いピンクです。 ミモザ ミモザの花言葉は「優雅」。気品ある黄色が身につけた時に気持ちを明るく引き立ててくれるとともに、お部屋にもミモザの花が咲いたような明るさをもたらしてくれます。 水草 水中と地上の境でただよう水草のように、青と緑の間にある深い色合いが魅力です。色々な服に合わせやすく、陽の光と水の色がまじり合ったような色は、落ち着いた静けさを感じさせます。 ***** シュタイナー園の先生がオススメする5つの理由 1.子どもにとって、周りの大人が手足を使って働いている姿が日常にあることはとても大切です。特に小さな子どもたちにとって、一番身近にある大人の働く姿は「家事」になります。お母さんや先生が家事をする時に身につけているものが美しいというのは、質の高い喜びです。特に色彩の美しさは、子どもの内面に光と喜びをもたらします。 2.優雅なデザインながら仕事をするのに機能的。肩から紐がずり落ちたり、カフェエプロンのように首が凝ったりしませんので、ストレスが全くありません。 3.脇は紐で調節できますので、夏の薄着も冬の厚着も思いのまま。ウエストベルトが全体を心地よく引き締めた印象を作ってくれます。 4.脇を紐にしたこだわりは実はもう一つ。紐を結び、解く仕草が子どもの目線で日常によく見えることです。ささやかなことですが、紐を扱う指の細やかな動きをよく目にできるのは、教育的な効果が大きいのです。教室でも時折、子どもたちが先生のエプロンの紐を結んだり解いたりして遊んでいます。 5.洗濯機で思い切り丸洗いできます。 ***** 【仕様】 生地 リネン100% ベルギー・フランス産の高品質なリネンを使用しています。 大切な染色を日本で行い、発色、品質にこだわって製造されています。 しっとりした、ぬめり感、ハリ、光沢が高級感を生み出しソフト仕上げをしているので、やわらかい肌ざわりです。 【発送について】 ご注文確定後、5日以内に発送します。 【お知らせ】 当園オリジナルのエプロン等の布製品は、天然素材でオーダーメイドの洋服を作るAtta(仙台)で丁寧に作られています。こちらのアイテムについてのお問い合わせ・発送作業についてもAttaが担当しています。
      14,300円
      東仙台シュタイナー虹のこども園購買部
    • 商品の画像

      ゆんたシュタイナーエプロン【ミモザ】

      ドイツのシュタイナー幼稚園から生まれた 実用性に長けて美しいパターンは 子どもたちのためにあるべき家庭の暮らしを再現する シュタイナー園の教師たちに、長く愛されています ***** 色について さくら 小さな子どもがピンクを好むのは、お母さんのお腹にいた時に包まれていた子宮の色だから。 着ると不思議と優しい気持ちになる、さくらの花びらをイメージした淡いピンクです。 ミモザ ミモザの花言葉は「優雅」。気品ある黄色が身につけた時に気持ちを明るく引き立ててくれるとともに、お部屋にもミモザの花が咲いたような明るさをもたらしてくれます。 水草 水中と地上の境でただよう水草のように、青と緑の間にある深い色合いが魅力です。色々な服に合わせやすく、陽の光と水の色がまじり合ったような色は、落ち着いた静けさを感じさせます。 ***** シュタイナー園の先生がオススメする5つの理由 1.子どもにとって、周りの大人が手足を使って働いている姿が日常にあることはとても大切です。特に小さな子どもたちにとって、一番身近にある大人の働く姿は「家事」になります。お母さんや先生が家事をする時に身につけているものが美しいというのは、質の高い喜びです。特に色彩の美しさは、子どもの内面に光と喜びをもたらします。 2.優雅なデザインながら仕事をするのに機能的。肩から紐がずり落ちたり、カフェエプロンのように首が凝ったりしませんので、ストレスが全くありません。 3.脇は紐で調節できますので、夏の薄着も冬の厚着も思いのまま。ウエストベルトが全体を心地よく引き締めた印象を作ってくれます。 4.脇を紐にしたこだわりは実はもう一つ。紐を結び、解く仕草が子どもの目線で日常によく見えることです。ささやかなことですが、紐を扱う指の細やかな動きをよく目にできるのは、教育的な効果が大きいのです。教室でも時折、子どもたちが先生のエプロンの紐を結んだり解いたりして遊んでいます。 5.洗濯機で思い切り丸洗いできます。 ***** 【仕様】 生地 リネン100% ベルギー・フランス産の高品質なリネンを使用しています。 大切な染色を日本で行い、発色、品質にこだわって製造されています。 しっとりした、ぬめり感、ハリ、光沢が高級感を生み出しソフト仕上げをしているので、やわらかい肌ざわりです。 【発送について】 ご注文確定後、5日以内に発送します。 【お知らせ】 当園オリジナルのエプロン等の布製品は、天然素材でオーダーメイドの洋服を作るAtta(仙台)で丁寧に作られています。こちらのアイテムについてのお問い合わせ・発送作業についてもAttaが担当しています。
      14,300円
      東仙台シュタイナー虹のこども園購買部
    • 商品の画像

      ゆんたシュタイナーエプロン【水草】

      ドイツのシュタイナー幼稚園から生まれた 実用性に長けて美しいパターンは 子どもたちのためにあるべき家庭の暮らしを再現する シュタイナー園の教師たちに、長く愛されています ***** 色について さくら 小さな子どもがピンクを好むのは、お母さんのお腹にいた時に包まれていた子宮の色だから。 着ると不思議と優しい気持ちになる、さくらの花びらをイメージした淡いピンクです。 ミモザ ミモザの花言葉は「優雅」。気品ある黄色が身につけた時に気持ちを明るく引き立ててくれるとともに、お部屋にもミモザの花が咲いたような明るさをもたらしてくれます。 水草 水中と地上の境でただよう水草のように、青と緑の間にある深い色合いが魅力です。色々な服に合わせやすく、陽の光と水の色がまじり合ったような色は、落ち着いた静けさを感じさせます。 ***** シュタイナー園の先生がオススメする5つの理由 1.子どもにとって、周りの大人が手足を使って働いている姿が日常にあることはとても大切です。特に小さな子どもたちにとって、一番身近にある大人の働く姿は「家事」になります。お母さんや先生が家事をする時に身につけているものが美しいというのは、質の高い喜びです。特に色彩の美しさは、子どもの内面に光と喜びをもたらします。 2.優雅なデザインながら仕事をするのに機能的。肩から紐がずり落ちたり、カフェエプロンのように首が凝ったりしませんので、ストレスが全くありません。 3.脇は紐で調節できますので、夏の薄着も冬の厚着も思いのまま。ウエストベルトが全体を心地よく引き締めた印象を作ってくれます。 4.脇を紐にしたこだわりは実はもう一つ。紐を結び、解く仕草が子どもの目線で日常によく見えることです。ささやかなことですが、紐を扱う指の細やかな動きをよく目にできるのは、教育的な効果が大きいのです。教室でも時折、子どもたちが先生のエプロンの紐を結んだり解いたりして遊んでいます。 5.洗濯機で思い切り丸洗いできます。 ***** 【仕様】 生地 リネン100% ベルギー・フランス産の高品質なリネンを使用しています。 大切な染色を日本で行い、発色、品質にこだわって製造されています。 しっとりした、ぬめり感、ハリ、光沢が高級感を生み出しソフト仕上げをしているので、やわらかい肌ざわりです。 【発送について】 ご注文いただいてから制作させていただくため、4週間ほどお時間がかかります。 お時間がかかることをご了承の上、ご注文をお願いします。 【お知らせ】 当園オリジナルのエプロン等の布製品は、天然素材でオーダーメイドの洋服を作るAtta(仙台)で丁寧に作られています。こちらのアイテムについてのお問い合わせ・発送作業についてもAttaが担当しています。
      14,300円
      東仙台シュタイナー虹のこども園購買部
    • 商品の画像

      ゆんたシュタイナーエプロン【さくら】

      ドイツのシュタイナー幼稚園から生まれた 実用性に長けて美しいパターンは 子どもたちのためにあるべき家庭の暮らしを再現する シュタイナー園の教師たちに、長く愛されています ***** 色について さくら 小さな子どもがピンクを好むのは、お母さんのお腹にいた時に包まれていた子宮の色だから。 着ると不思議と優しい気持ちになる、さくらの花びらをイメージした淡いピンクです。 ミモザ ミモザの花言葉は「優雅」。気品ある黄色が身につけた時に気持ちを明るく引き立ててくれるとともに、お部屋にもミモザの花が咲いたような明るさをもたらしてくれます。 水草 水中と地上の境でただよう水草のように、青と緑の間にある深い色合いが魅力です。色々な服に合わせやすく、陽の光と水の色がまじり合ったような色は、落ち着いた静けさを感じさせます。 ***** シュタイナー園の先生がオススメする5つの理由 1.子どもにとって、周りの大人が手足を使って働いている姿が日常にあることはとても大切です。特に小さな子どもたちにとって、一番身近にある大人の働く姿は「家事」になります。お母さんや先生が家事をする時に身につけているものが美しいというのは、質の高い喜びです。特に色彩の美しさは、子どもの内面に光と喜びをもたらします。 2.優雅なデザインながら仕事をするのに機能的。肩から紐がずり落ちたり、カフェエプロンのように首が凝ったりしませんので、ストレスが全くありません。 3.脇は紐で調節できますので、夏の薄着も冬の厚着も思いのまま。ウエストベルトが全体を心地よく引き締めた印象を作ってくれます。 4.脇を紐にしたこだわりは実はもう一つ。紐を結び、解く仕草が子どもの目線で日常によく見えることです。ささやかなことですが、紐を扱う指の細やかな動きをよく目にできるのは、教育的な効果が大きいのです。教室でも時折、子どもたちが先生のエプロンの紐を結んだり解いたりして遊んでいます。 5.洗濯機で思い切り丸洗いできます。 ***** 【仕様】 生地 リネン100% ベルギー・フランス産の高品質なリネンを使用しています。 大切な染色を日本で行い、発色、品質にこだわって製造されています。 しっとりした、ぬめり感、ハリ、光沢が高級感を生み出しソフト仕上げをしているので、やわらかい肌ざわりです。 【発送について】 ご注文確定後、5日以内に発送します。 【お知らせ】 当園オリジナルのエプロン等の布製品は、天然素材でオーダーメイドの洋服を作るAtta(仙台)で丁寧に作られています。こちらのアイテムについてのお問い合わせ・発送作業についてもAttaが担当しています。
      14,300円
      東仙台シュタイナー虹のこども園購買部
    • 商品の画像

      ゆんたシュタイナーエプロン【ミモザ】

      ドイツのシュタイナー幼稚園から生まれた 実用性に長けて美しいパターンは 子どもたちのためにあるべき家庭の暮らしを再現する シュタイナー園の教師たちに、長く愛されています ***** 色について さくら 小さな子どもがピンクを好むのは、お母さんのお腹にいた時に包まれていた子宮の色だから。 着ると不思議と優しい気持ちになる、さくらの花びらをイメージした淡いピンクです。 ミモザ ミモザの花言葉は「優雅」。気品ある黄色が身につけた時に気持ちを明るく引き立ててくれるとともに、お部屋にもミモザの花が咲いたような明るさをもたらしてくれます。 水草 水中と地上の境でただよう水草のように、青と緑の間にある深い色合いが魅力です。色々な服に合わせやすく、陽の光と水の色がまじり合ったような色は、落ち着いた静けさを感じさせます。 ***** シュタイナー園の先生がオススメする5つの理由 1.子どもにとって、周りの大人が手足を使って働いている姿が日常にあることはとても大切です。特に小さな子どもたちにとって、一番身近にある大人の働く姿は「家事」になります。お母さんや先生が家事をする時に身につけているものが美しいというのは、質の高い喜びです。特に色彩の美しさは、子どもの内面に光と喜びをもたらします。 2.優雅なデザインながら仕事をするのに機能的。肩から紐がずり落ちたり、カフェエプロンのように首が凝ったりしませんので、ストレスが全くありません。 3.脇は紐で調節できますので、夏の薄着も冬の厚着も思いのまま。ウエストベルトが全体を心地よく引き締めた印象を作ってくれます。 4.脇を紐にしたこだわりは実はもう一つ。紐を結び、解く仕草が子どもの目線で日常によく見えることです。ささやかなことですが、紐を扱う指の細やかな動きをよく目にできるのは、教育的な効果が大きいのです。教室でも時折、子どもたちが先生のエプロンの紐を結んだり解いたりして遊んでいます。 5.洗濯機で思い切り丸洗いできます。 ***** 【仕様】 生地 リネン100% ベルギー・フランス産の高品質なリネンを使用しています。 大切な染色を日本で行い、発色、品質にこだわって製造されています。 しっとりした、ぬめり感、ハリ、光沢が高級感を生み出しソフト仕上げをしているので、やわらかい肌ざわりです。 【発送について】 ご注文確定後、5日以内に発送します。 【お知らせ】 当園オリジナルのエプロン等の布製品は、天然素材でオーダーメイドの洋服を作るAtta(仙台)で丁寧に作られています。こちらのアイテムについてのお問い合わせ・発送作業についてもAttaが担当しています。
      14,300円
      東仙台シュタイナー虹のこども園購買部
    • 商品の画像

      ゆんたシュタイナーエプロン【水草】

      ドイツのシュタイナー幼稚園から生まれた 実用性に長けて美しいパターンは 子どもたちのためにあるべき家庭の暮らしを再現する シュタイナー園の教師たちに、長く愛されています ***** 色について さくら 小さな子どもがピンクを好むのは、お母さんのお腹にいた時に包まれていた子宮の色だから。 着ると不思議と優しい気持ちになる、さくらの花びらをイメージした淡いピンクです。 ミモザ ミモザの花言葉は「優雅」。気品ある黄色が身につけた時に気持ちを明るく引き立ててくれるとともに、お部屋にもミモザの花が咲いたような明るさをもたらしてくれます。 水草 水中と地上の境でただよう水草のように、青と緑の間にある深い色合いが魅力です。色々な服に合わせやすく、陽の光と水の色がまじり合ったような色は、落ち着いた静けさを感じさせます。 ***** シュタイナー園の先生がオススメする5つの理由 1.子どもにとって、周りの大人が手足を使って働いている姿が日常にあることはとても大切です。特に小さな子どもたちにとって、一番身近にある大人の働く姿は「家事」になります。お母さんや先生が家事をする時に身につけているものが美しいというのは、質の高い喜びです。特に色彩の美しさは、子どもの内面に光と喜びをもたらします。 2.優雅なデザインながら仕事をするのに機能的。肩から紐がずり落ちたり、カフェエプロンのように首が凝ったりしませんので、ストレスが全くありません。 3.脇は紐で調節できますので、夏の薄着も冬の厚着も思いのまま。ウエストベルトが全体を心地よく引き締めた印象を作ってくれます。 4.脇を紐にしたこだわりは実はもう一つ。紐を結び、解く仕草が子どもの目線で日常によく見えることです。ささやかなことですが、紐を扱う指の細やかな動きをよく目にできるのは、教育的な効果が大きいのです。教室でも時折、子どもたちが先生のエプロンの紐を結んだり解いたりして遊んでいます。 5.洗濯機で思い切り丸洗いできます。 ***** 【仕様】 生地 リネン100% ベルギー・フランス産の高品質なリネンを使用しています。 大切な染色を日本で行い、発色、品質にこだわって製造されています。 しっとりした、ぬめり感、ハリ、光沢が高級感を生み出しソフト仕上げをしているので、やわらかい肌ざわりです。 【発送について】 ご注文いただいてから制作させていただくため、4週間ほどお時間がかかります。 お時間がかかることをご了承の上、ご注文をお願いします。 【お知らせ】 当園オリジナルのエプロン等の布製品は、天然素材でオーダーメイドの洋服を作るAtta(仙台)で丁寧に作られています。こちらのアイテムについてのお問い合わせ・発送作業についてもAttaが担当しています。
      14,300円
      東仙台シュタイナー虹のこども園購買部
    • もっとみる

    最近の記事

    入園体験オープンデイ「出会いの会」

    2023年度の幼稚園部入園を検討されている親子さんへの、入園体験会を行います。 (2018年4月から2020年3月までに生まれたお子さんが対象です。) 幼稚園部の流れを、大まかに親子でご体験いただけます。 保育室で自由遊びの時間を過ごした後、みんなでわらべ歌遊びを楽しんだり、おやつを食べたり、お庭で遊んだりしましょう。 お帰りの時間には小さな人形劇も予定しています。 シュタイナー保育で大事にしていることを、体験を通して実感していただけたらうれしいです。ご参加をお待ちし

      • 虹のこども園だより 10月号

        10月ですね。  駆け足で深まりゆく、秋。 園だより10月号です。 リクエストありまして、レシピコーナーはミカエル祭のりんごのケーキを再掲します。 https://sendaiyunta.com/otayori_202210/ #虹のこども園だより

        • 小さな声が聞こえるところ103 「子どもサプリに気をつけて〜食育の話6」

          SNS上でも、子どもサプリの広告が一気に増えた感があるこの頃。 園の連載エッセイ、新月の更新です。 こちらからお読みいただけます。 #小さな声が聞こえるところ #キッズサプリ #子どもと栄養

          スキ
          1
          • 大人のための、ミカエル祭 @mahina pharmacy

            シュタイナー教育で大切にされている秋の祝祭といえば、ミカエル祭です。 大天使ミカエルは、正義と勇気の象徴であり、自らの内側に、思考の力によって正義の剣を持つ力強いお祭りです。 シュタイナー幼稚園では、この祝祭を正義の炎である「赤」の色を象徴として様々な手仕事や飾り付け、うたや踊りを通して楽しみます。 大人の私たちにとっても、秋は自分の内と外に、物質界と精神界の均衡をもたらす大事な季節です。 実り豊かな大地の恵みを得る季節に、人間は物質的な豊かさだけに安んじずに、秋分から冬至

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 東仙台シュタイナー虹のこども園 マガジン
            虹乃 美稀子
          • 子どものスピリチュアリティの育て方
            虹乃 美稀子

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            色とリズム 9/28糸かけワークショップ

            大阪から「色とリズム」の徳田陽子さんがいらして、お手前の草木染めの糸を使った糸かけを教えてくださいます。 シュタイナー学校の算数の授業でも取り組まれている糸かけ曼荼羅です。 陽子さんとは、下北沢のマヒナファーマシーさんの講師仲間です。 今回宮城にいらっしゃるとのことで、仙台で初お迎えすることになりました! 喜んでくださる保護者さん方が多くてうれしいです。 保護者会員の先行予約を経ての一般募集なので、お席に限りがあります。 ご予約はお早めをおすすめします。 htt

            スキ
            1

            小さな声が聞こえるところ102 「世界への信頼感を育む〜時間にリズムを」

            仙台、十五夜お月さん綺麗に見えてます。 世界への信頼感を育むのは、こうした季節のめぐりを繰り返し感じるところから。 満月、エッセイ更新しました。 自己肯定感の大元につながる世界への信頼感を培う、大事な基本のお話です。 こちらからお読みいただけます。 #小さな声が聞こえるところ

            スキ
            3

            たらちねの会 9/20 藍錠染めのご案内

            保護者会研修部たらちねの会の手仕事活動、次回は藍錠染めのご案内です。 どなたでもご参加いただけます。 私も着古した服をよく藍錠で染めて、藍色を楽しんでいます。 手軽にできて安全です。ぜひ体験してみてください! 藍錠染めご案内 ひと月ほどあった園の夏休みも終わり、子どもたちの、小さなおうちでの暮らしがはじまりました。 母たちの活動であるたらちねの会も、また少しずつ歩を進めて参ります。 今回のたらちねの会では、藍錠染めでマルシェバッグと手ぬぐいを染めます。 藍の生葉を

            第3期の船出、そして虹の龍

            第3期のオンライン連続講座、おかげさまで25名の新たな受講生のみなさんとともに、本日船出しました! 第1回目からすでにジンとくるやりとりがたくさんありました。 初めてお会いする方々もたくさん、それぞれ皆さん、大きなエネルギーを費やす覚悟で受講の決意をしてくださったことと思います。 私は、"立派な先生"ではないですし、小さな幼稚園の先生なだけですが、集ってくださったみなさんと一緒に、学びを共有する喜びをこれからもともにしていきたいです。 それが叶えられていることに、感謝

            スキ
            1

            虹のこども園だより 9月号

            9月になりました。 仙台は夏の戻りで久しぶりにエアコンを使って過ごしました。 園だより9月号、今月の卵・牛乳・白砂糖を使わないシュタイナー 幼稚園のレシピはルイボスティーゼリーです。 ぜひ作ってみてくださいね。 こちらからお読みいただけます。 #虹のこども園だより #アレルギー児対応 #マクロビレシピ #自然食 #シュタイナー 園

            「価値観でつながるのではなく、信頼でつながる時代」

            助手さんと分室に向かう朝の車中で、日々の雑感トーク。 こういう時間がとても好きで、いろんな気づきを得ています。 今日もニュースや世の動向をシェアした後に 「”価値観が同じ”という視点を大事にすること自体が古く感じるね。 価値観とか、思想とか、カルチャーとか、そんなことよりも、その人間が根っこのところで、確実に信頼できる何かを感じられるかか、ということの方がよっぽど大事だね」 とうなずき合って、 「価値観でつながるのではなく、信頼でつながる時代だね」 と言ってみた

            スキ
            2

            「小さな声が聞こえるところ101 休暇、最西端の島より」

            昨日から、2学期が始まりました。 親子クラスと、小学生クラスから。 私にとっての天国、琉球で充電したので、やる気満々です。 自宅兼の職場に、70名近い子どもたちが通っているので、 時々体調を崩すとかかりつけのアントロポゾフィー(シュタイナー医学)の医師には、私の気質・体質も考慮して、神経系統を休めること、ということをよくアドバイスされます。 クラスを他のスタッフに移譲したり、クラス数そのものを減らしながら、自分の健康とのバランスを考えることが必要な年齢になってきました。

            スキ
            2

            stand.fm 配信中「シュタイナー教育ってどんな教育?」

            松山のヨガ講師、青砥奈智さんのstand.fmの番組にお声がけいただき、シュタイナー教育についてお話しながら、子育て中の親御さんからのご質問にお答えする55分の番組を無料配信中です。 ラジオ企画初めて、台本無しでしたが、あっという間でした。 小学生のときは放送委員会で放送室を居室とし、中学校のときは放送研究同好会に入ってたのを思い出しました! よかったらぜひお聞きください。 #standfm #シュタイナー #ヨガ #青砥奈智

            スキ
            9

            虹のこども園 星まつり

            毎年夏休み中に、幼稚園部を春に卒園した1年生たちを招いて行われる「星まつり」。 会場は、森の中にある素敵な大正時代の洋館とそのお庭です。 水ヨーヨー釣り、うちわ風船運び、貝殻すくい、寒天おやつなどそれぞれのコーナーめぐりで盛り上がった後は、洋館の中へ。 教師による人形劇「ハンスとりんごの種」を見ます。 それから本当は今年もこども病院の奈良先生ご夫妻によるサーランギーコンサートが予定されていましたが、ご体調により急遽キャンセルに。 私が代役?となって宮澤賢治の「星めぐ

            スキ
            3

            小さな声が聞こえるところ100 「”素”の時空間で育まれるものースピリチュアリティ」

             本日満月、連載100回目を迎えました。 新聞での”毎週掲載&半年間”というなかなかハードな連載を終えた4年前、せっかく培った「書く習慣」を失いたくないと、園のサイトのリニューアルと合わせて始めた、連載エッセイ「小さな声が聞こえるところ」。 新月・満月更新なので、お月さまを勝手にプレッシャーに感じる事態にも度々陥りますが、時にくじけそうになる私を「続けることに意味がある」と励ましてくれるWeb担当のKさんに感謝です。 「文を書く」ということについて子どもの頃から自然とある

            スキ
            3

            ゆんたの誕生日 23歳!

            8/11は園舎でもある「ゆんた」の家が生まれて23歳の誕生日です。 21世紀のはじまりとともに、産声をあげました。 ゆんたの歴史は21世紀のワンピースを作っているのだと思うと、感慨深いです。 宇宙船ゆんたも、まさか自分が幼稚園になるとは、夢にも思っていなかったはずです。 昨日長年の懸案だった外壁と屋根のリフォームの工事契約をしました。 想定内とはいえ、金額の大きな数字に震えてすぐには決められませんでしたが、もう屋根は錆びが露骨になってきて限界が来ているし、外壁も目地も何も

            スキ
            3

            大人の7年周期・バイオグラフィーワーク

            5~6歳の頃、いちばん心に残っている思い出はどんな風景でしょう? 11~12歳の頃、まわりや親に勧められたりお膳立てされたのではなく、「自分で」決断してやったことはどんなことでしょう? 先日、横浜の宮地陽子先生の「ひなた」にてバイオグラフィーのグループワークが始まりました。 バイオグラフィーとは7年周期で成長変容していくという人智学の人間観を、絵画や粘度彫塑などのアートワークとともに、自分の人生を振り返り俯瞰していくワークです。 シュタイナー保育者の仲間とともに、この

            スキ
            1