見出し画像

「Catch up Premier League」~ウォルバーハンプトン編~ 2022-23 season

せこ(まとめ記事用)

ウォルバーハンプトン、22-23シーズンの歩み。

第1節 リーズ戦(A)

■時間限定の優位を活かせず

 立ち上がりから積極的にプレスを仕掛けていったのはリーズ。立ち上がりのウルブスはDFにプレッシャーをかけてくるリーズの前線に対応しなければいけなかった。

 リーズの前線には昨シーズンなかなかプレーができなかったバンフォードが先発復帰。やはり、彼がいるとプレスのスイッチ役としては別格。ジェームズも頑張ってはいたが、バンフォードの相手の追い込み方はやはり一段上。昨季終盤よりも優れたプレスでチームを牽引する。

 だが、ウルブスはこのプレスを振り切って先制する。ネベスの大きなボールからネト、ヒチャン、ポデンスと繋いでゴール。リーズのプレスをひっくり返す形で早々に先制点を奪う。

 ウルブスはリーズのプレスにパスを引っ掛ける場面もあったが、長いボールを使って脱出できるのが大きい。こちらも負傷明けから徐々に状態を上げている最中のネトが躍動。スペースがある状態での彼はこの日のどの選手よりも輝いていたと言ってもいいだろう。

 CF起用のファン・ヒチャンもいぶし銀の働き。これまでは抜け出しなどを主とした機動力勝負のイメージがあったが、PA内でのワンタッチなどこれまでとは異なる持ち味を見せることに成功していた。

 試合が進むにつれてウルブスは敵陣でのプレッシャーをかけるように。ウルブスは中央を封鎖する形でリーズを外に追いやりながらプレスをかける。苦しむリーズであったが、なんとかこれを跳ね返して同点。右サイド深い位置から攻め込むとアイト=ヌーリ、ネベスとクリアしきれなかったボールを最後はロドリゴが打ち込んで同点に追いつく。

 タイスコアで迎えた後半はプレスとビルドアップの応酬。両チームのプレッシングは悪いものではなかったが、ビルドアップ回避がスムーズでボールの前進を許す場面が多かった。

 どちらも均衡していた試合であったが、徐々にウルブスが試合の主導権を握るように。スムーズな長いレンジのパスで幅をとった攻撃を敵陣深くまで押し込むと、トランジッションでCBが高い位置から潰すことに成功。押し込みながらのプレーを続け、決定機を作り出していく。

 しかし、ウルブスには交代選手がおらず、ベンチが動けない。チャンスをフイにすると、前線の選手を代えてフレッシュになったリーズがペースを握り返す。

 トップ下のクリヒへのパスが刺さるようになったことでリーズは反撃に成功。決勝点もクリヒへの縦パスがきっかけになったところから、最後はアイト=ヌーリのオウンゴールを誘発した。

 時間制限があった優位を得点につなげられなかったウルブスが凌ぎきったリーズに勝ち越しゴールを許す。スリリングな展開を制したのはホームのリーズだった。

試合結果
2022.8.6
プレミアリーグ 第1節
リーズ 2-1 ウォルバーハンプトン
エランド・ロード
【得点者】
LEE:24' ロドリゴ, 74' アイト=ヌーリ(OG)
WOL:6' ポデンス
主審:ロベルト・ジョーンズ

第2節 フラム戦(H)

■共に波に乗り損ねたスコアレスドロー

 どちらかといえば立ち上がりにポゼッションの意識が強かったのはアウェイのフラムの方。中盤がサリー気味に変形しつつ、ショートパスを主体としての組み立てを実施。前節がリバプールとの対戦だった影響もあるだろうが、今節はそこまで簡単にミトロビッチにボールを当てない。1列目のプレス隊を超えるところは非常に慎重に行われており、CBもボールを運ぶ意識は十分にある。

 守備においてのフラムは前節と同じく中盤よりも高い位置で止めたい守り方。バックラインも高目に設定されており、サイドに追い込みながら相手をなるべく早い段階で止める意識は継続されている。

 一方のウルブスは速攻で光を見出す。フラムがサイドからいい形でクロスを上げられない状態を尻目にポジトラから反撃に。中でも攻撃を一気に前に進めることができるポデンスにボールが入るとカウンターは加速する。ネトとポデンスの組み合わせからのロングカウンターはフラム以上に得点の可能性を感じさせるものだった。

 時間の経過とともにウルブスの保持の割合は増加。フラムは前節ほどのコンパクトな時間を長く継続することができず、間伸びした中盤を使われての前進を許してしまう。この部分はフラムの2トップが後方の選手たちにウルブスの攻撃の方向を制限できなかった影響が強いだろう。

 スコアレスのまま迎えた後半もペースはウルブスのものに。サイドからの連携を見せての崩しとロングカウンターという2つの武器を使いながらフラムを追い込んでいく。

 フラムもショートパスから深くサイドに入り込んでのクロスを行いたいところではあるが、なかなかきっかけを掴むことができない。このままウルブスペースで進むかと思ったところでフラムの右サイドの崩しがようやく成功。背中を取られたアイト=ヌーリがボビー・リードを倒してPKを献上する。アイト=ヌーリは攻撃面では存在感十分なのだが、開幕節に続き非保持ではやや不安定な部分を見せてしまった。

 だが、このPKをミトロビッチが失敗。リードを奪うことができない。ここから先はウルブスペース。高い位置まで食いついてくるフラムの最終ラインの修正を利用し、左サイドの大外から一気に裏を取る形から早い攻撃で一気に決定機を迎える。

 ただ、ウルブスも交代選手が入ったところでややトーンダウン。トラオレ、ゲデスがもう少しコンディションが上がれば徐々に変わってくるだろうが、現状では1stチョイスとの体のキレには差があると言っていいだろう。

 PKを決められなかったフラム、いい時間帯に得点を取りきれなかったウルブス。ともに決め手を欠いた一戦はスコアレスドローで幕を閉じた。

試合結果
2022.8.13
プレミアリーグ 第2節
ウォルバーハンプトン 0-0 フラム
モリニュー・スタジアム
主審:ジョン・ブルックス

第3節 トッテナム戦(A)

■苦戦に光を照らしたペリシッチ

 今節は開幕から4バックを採用していたウルブス。しかし、この試合では5-3-2のフォーメーションでトッテナムを迎え撃つこととした。

 このやり方はトッテナム対策と言えるだろう。インサイドを閉じて外に追いやるように守るのがこの日の彼らのやり方。トッテナムのワイドのCBにはボールを持たせながらミドルゾーンでのプレスを行う。

 トッテナムは久しぶりにケインへの強引な楔で打開をお願いする形が目立った。窮屈な中央に起点を作るにはこの試合ではそれ一択ということだろう。他の前線の選手たちは裏に抜ける形を狙うことで異なる打開策を探しに。14分、右サイドの大外でエメルソンとクルゼフスキが見せた連携もその打開策探しの一環だろう。

 対するウルブスもゆったりとボールを持つことができる展開。トッテナムはネベスをマークするケインをはじめ、ハイプレスは据え置きの状態だった。

 撤退するトッテナムに対してウルブスはまずは大外のWB勝負で仕掛けていく。この試合のウルブスのボールを動かすフィーリングは悪くなく、トッテナムのライン間を使いながら中央の攻略にもトライ。大外で一度広げた後、インサイドへのパスから進撃する形は何度も見られた。

 トッテナムはこの日の対応は全体的に重そう。ネガトラが遅く、ウルブスは早い段階からカウンターで一気に攻勢に出る形も見せることができるように。40分経っても一向にシュートを打てる気配のないトッテナムを尻目にシュートを重ねていく。

 そんなトッテナムの流れを変えたのは大外からのクロス。特に良かったのはこの日がプレミア初先発となったペリシッチである。圧倒的なスピードも馬力もあるわけではないが、抜き切らないでもあげられるクロスは非常に魅力。ボールを置く位置が相手から遠くなので、マーカーは足を伸ばしても届かない!という状況が出てくるように。

 逆サイドのクルゼフスキを含めて押し込む状況を両サイドからのクロスで解決していくトッテナム。流れを引き戻すと、セットプレーからケインが先制。ニアでスラしてゴールをアシストしたのはここでもペリシッチ出会った。

 後半は敵陣での崩しに挑む機会が増えたウルブス。ゲデスやヌネスなどの新戦力の奮闘や、WBながら攻撃に絡む頻度が多いアイト=ヌーリの活躍でゴールに近づくことはできていた。

 失点時にはカウンターからチャンスを作り出すウルブス。トランジッションからも好機を見出すが、この土壌はトッテナムも得意。終盤はどちらも点が取れることはなかったが、よりゴールに近づいていたのはリードしているトッテナムの方だろう。

 前節のチェルシー戦同様難しい試合になったトッテナムだが、それでもこの2試合で勝ち点は4。苦しい内容で最大限の結果を勝ち取ってみせた。

試合結果
2022.8.20
プレミアリーグ 第3節
トッテナム 1-0 ウォルバーハンプトン
トッテナム・ホットスパー・スタジアム
【得点者】
TOT:64' ケイン
主審:シモン・フーパー

第4節 ニューカッスル戦(H)

■アグレッシブな保持側優位の決戦

 前節は5-3-2を採用したウルブスだったが、この試合では今季のスタンダードである4-3-3に回帰。やはり、5-3-2はある程度前節のトッテナムの形を意識したものだったのだろう。ヌネスやゲデスといった新戦力をこのシステムに組み込めるか?が当面のテーマになりそうだ。一方のニューカッスルは昨季から獅子奮迅の活躍を見せているギマランイスが欠場。彼の穴を埋められるかがポイントになる。

 立ち上がりから試合は落ち着かない展開だった。どちらかといえば基本的にはボールを持っている側が主導権を握っている90分だった。ホームのウルブスは今季のこれまでの流れを踏襲し、ショートパス主体のボールの動かし方を志向。人数をかけた崩しからアンカー脇をショートパスで使いながら攻略を目指す。

 しかし、ニューカッスルは中盤より後方のボールの受け手へのチェックが非常にタフ。ウルブスは思ったようにボールをつながせてもらえない。だが、ウルブスのアンカーであるネベスが比較的自由を享受できたことと、ニューカッスルのバックラインに対してウルブスがスピードで優位に立てたこともあり、WG×SBのマッチアップに光を見出した感がある。ヒメネスも左右に動き回りながらバックラインからボールを引き出し、攻撃の起点となっていた。

 ニューカッスル側はギマランイスの不在がどこまで響いていたかはわからないが、バックラインの対応が全体的にバタバタ。今季感じていた貫禄のようなものがあまり見えない前半になった。

 それでもニューカッスルが保持から相手を動かす力は十分。ウルブスはIHがだいぶ前後に動かされてしまい、アンカー脇を使われるケースが増えてしまっていた。

 どちらのチームも保持側が優勢で、守備ブロックには間延びして受けがちな難があるという展開。そんな中で先制点を奪ったのはウルブス。左右のサイドで深さを作り、最後はネベスがズドンとミドルで仕留める。ニューカッスルのバイタルは空いていたとは言え非常に見事なミドルだったといえるだろう。

 後半はペースが明確にニューカッスルに。ウルブスは保持で振り回され、サイドに引っ張られながらバイタルが空く形で押し込まれるように。ウルブスは途中からモウチーニョの位置を下げながら撤退を行いアンカー脇のスペースを消しにかかる。だが、それでもニューカッスル、とりわけサン=マクシマンの攻め込みは別格。対人のDFになかなかに厳しい対応をさせていた。

ネトも悪くはないが、ゴールへのアタッキングサードにおける精度はサン=マキシマンの方が上。ニューカッスルは徐々に攻め手を増やしていく。苦しい展開のウルブスではあるがロングカウンターを繰り出すなど、得点のチャンス自体は合った。ニューカッスルが前がかりになったこともあり、攻め筋は十分実現できる状態だった。実際、あわや2点目のカウンターはゴールとして認められるところだった。ファウルで取り消されたけど。

 ニューカッスルがよかったのは急ぎすぎることなく、じっくりと左右に振りながら前進したこと。ワイドの突破力があるのもあるが、この動きで陣形を押し上げていたことで優勢に立っていた。

 時間がかかった同点ゴールを決めたのはサン=マクシマン。十分でないクリアをダイレクトにボレーで叩き込んで追いつく。攻撃ではじっくりと攻められていた粘り強さで追いつくことが出来たが、慌てがちなバックラインの対応での失点を完全にひっくり返すことは出来なかった。

試合結果
2022.8.28
プレミアリーグ 第4節
ウォルバーハンプトン 1-1 ニューカッスル
モリニュー・スタジアム
【得点者】
WOL:38' ネベス
NEW:90' サン=マクシマン
主審:ピーター・バンクス

第5節 ボーンマス戦(A)

■スーパークリアに救われた暫定監督の初陣

 今季未勝利というリバプールの鬱憤をもろに受けてしまい、取られに取られたり9失点。気づけばパーカーがいなくなっており、今季の解任レースをトップで走り抜けたボーンマス。今節はアシスタントコーチのオニールが指揮を執り、こちらも無敗で苦しむウルブスとの対戦だ。

 立ち上がりにペースを握ったのはアウェイのウルブス。ボーンマスがCBにボールを持つことを許容したこともあり、安定したポゼッションを行う。攻撃の軸になるのは両WG。ネトとゲデスを外に張らせながらPA内に入り込むような戦い方を見せる。特に右サイドのネト基準でずらしていくやり方が割とハマっていた。3人でポジションを入れ替えながらサイドからクロスに持って行く。

 ボーンマスは迎撃してのカウンターがメイン。基本的にはトップに当てるやり方だが、この攻撃に2列目のクリスティやタヴァニアが絡めるとだいぶ有効打になる感じ。ターゲットマンになっているビリングはムーアに比べると中盤に競りかける傾向が強いため、クリティカルではないが勝率は十分。その分、SHにボール運びを頑張ってもらうといったところだろうか。

 ボールをつなぎながら長いボールを蹴るための準備をするところも健在。ショートパスからCHが降りて対面のIHを雨後しながら前進していくスタンスも時折試していた。こちらは安定はするけど前進の役に立っていたかといわれると微妙なところである。

 30分も経てばボーンマスは徐々に保持する時間を増やしていくように。ロングボールで2列目が運び、対角に展開して、そのサイドのオーバーラップが間に合うというところまで踏み込めればボーンマスの攻撃は厚みが出る。

 後半はボーンマスがプレスを解禁したことでよりオープンな展開に。ウルブスはネトとゲデスが自らのカットインのパターンを増やしながらエリアに切り込んでいく。ドリブルに合わせた動き出しがもう少し見れるとウルブスは良い感じなのだけども。

 ボーンマスを撤退させて後半のペースを握ったウルブス。専制防衛にあたるバックライン5枚の攻略に挑むことに。アクセントになったのは左サイドの大外に入ったアイト=ヌーリ。これで両サイドにようやく勝負できるポイントが揃った感じに。

 ここからはウルブスの総攻撃をボーンマスがはじき返しまくる展開に。特に素晴らしかったのはケリーのスーパークリア。今節のベストセーブといっていいギリギリのクリアでボーンマスを窮地から救い出す。一方のウルブスはヒメネスをはじめとした決定力不足が目につく展開になる。

 防戦しつつもカウンターから反撃するボーンマスだったが、こちらは得点に至るほど明確なチャンスをつくることに苦労した印象。内容的には粘り切っての勝ち点1は上出来だろう。一方のウルブスは後半のペースを握った時間帯を得点に変えることが出来ず悔しい1ポイントとなった。

試合結果
2022.8.31
プレミアリーグ 第5節
ボーンマス 0-0 ウォルバーハンプトン
ヴァイタリティ・スタジアム
主審:アンソニー・テイラー

第6節 サウサンプトン戦(H)

■似たもの同士の一戦はウルブスが初勝利を掴む

 ここまで未勝利で苦戦を強いられているウルブス。今節は新戦力の目立ったフィットが多く、非常に目立っているサウサンプトンとの試合となった。

 両チームのアプローチは比較的似ていると言えるだろう。まずは様子見で左に流れるCF(アダムスとカライジッチ)に蹴るというのも似た形だったし、CBにはろくにプレッシャーをかけないでボールをある程度持たせるのも許容していた。

 サイドを崩しにかかるという仕上げの部分も似通っているが、ウルブスの方が積極的にサイドチェンジを活用し、サウサンプトンの方が人数をかけて一気にサイドを崩す形を多く使っていたのは両チームのやや異なる部分と言えるだろう。

 ウルブスはサイドを変えながら勝負できるWGに1on1を託すようなケースが多い。左のポデンスは左足からアウトサイドでクロスを上げていたし、右サイドのネトはドリブルからの突破を狙っていく。

 サウサンプトンの方は連携が磨かれているからコンビネーション重視。特に右サイドのウォーカー=ピータースとエルユヌシを軸とした3人での崩しでアイト=ヌーリの背後を狙う動きを見せるようになった。

 定点攻撃で言えばサウサンプトンの方が効いていたように見えたが、ウルブスにはカウンターの鋭さがある。何回か得点機会を迎えていたカウンターから先手を奪う。決めたのはポデンス。チャンスメーカーとして目立っていたポデンスがフィニッシャーとして活躍し、前半追加タイムにリードを奪う。

 ハーフタイムには前半負傷したカライジッチが交代。その後もプレーしていたからあまり大したことがないのかな?と思いきや、ACLという大怪我をしていたことが後から発覚。デビュー戦で飛んだ災難である。

 ウルブスは前がかりになるサウサンプトン相手に追加点を狙うのだが、抜け出したヌネスやゲデス、サイドで1on1を行うネトの調子があまり芳しくない。ミドルサードでのスピードアップまでは順調なのに、最後のところでノッキングしてしまいチャンスが台無しになるケースが多かった。

 サウサンプトンはウォード=プラウズがサイドに流れてのクロスからファーのアダムスを狙う形でチャンスを窺っていく。途中交代で布陣は4-3-3の逆三角形に変更。サイドでのトライアングルをより使いやすい形にする。

 布陣変更によりサウサンプトンのチャンスは増えるが、この日はアダムズが決めきれず。ネットを揺らしたかと思えばハンドで取り消されるなどついていない日だったと言えるだろう。

 最終的にはマーラを入れて2トップ気味に移行するサウサンプトンだが、ウルブスのPA内での守備に屈して無得点。6節にしてようやくウルブスが初勝利を得ることとなった。

試合結果
2022.9.3
プレミアリーグ 第6節
ウォルバーハンプトン 1-0 サウサンプトン
モリニュー・スタジアム
【得点者】
WOL:45+1' ポデンス
主審:ジョン・ブルックス

第8節 マンチェスター・シティ戦(H)

■WGの前残りによる負荷を集中攻撃

 配置を整理する前に先制したのはシティ。右サイドのフォーデンとデ・ブライネのセットで一気に敵陣深くまで入り込んでゴールを奪う。試合開始からクロスに飛び込んだグリーリッシュがネットを揺らすまでに1分もかからず。電光石火の攻撃でシティが先制する。

 この先制点の場面はウルブスの守備を象徴している部分も。この日のウルブスはWGがあまり積極的に自陣に戻らず、前に残っていることも多い。そのため、3センターがスライドしながら対応することもしばしばである。

 そうなれば、3センターの横移動の負荷は高いし、間に合わなければSBが1人でサイド封鎖をすることになる。先制点の場面のようにアイト=ヌーリが1人でデ・ブライネとフォーデンに襲い掛かられてしまえば、得点の可能性が高いクロスが飛んでくるのは必然だろう。

 それであればWGが前残りする意義を見つけたいウルブス。だが、ネトやゲデスが独力でゴールまで迫ることが出来た場面はそこまで多くはない。その代わり、自陣からつなぎながらシティのプレス回避には積極的にチャレンジ。外切りでWGへのパスを背中で消すシティに対して、幅を使いながら前進することはできていた。

 敵陣に迫る手段がなかったわけではないウルブスだが、ここからさらなる苦境に立たされることに。まずはシティの追加点。ミドルゾーンでフリーになったベルナルドが加速すると、スピードに乗ったハーランドにパスを預ける。スピードアップしたハーランドはウルブス守備陣の飛び込むスキを与えずにそのままシュート。今日もノルマの1ゴールを決めて見せたハーランド。

 ウルブスは3センターの横スライドが多いせいでベルナルドが空いてしまったことが痛恨。攻撃がスピードアップすることを簡単に許してしまった。

 このように確かに後ろ7枚の守備における負荷が高いことによる不具合はあった。とはいえ、コリンズの退場は完全に余計なチャレンジ。誰がみても一発退場に値する無謀なチャージでウルブスは10人でプレーすることになる。

 これで自陣からボールをつなぐこともままならなくなったウルブス。ハイプレスに対する対応は危うくなり、前半に安定していた部分も難しくなってしまった。

 後半のシティはややトーンダウン。プレッシングの強度を下げつつ、保持では試合をコントロールするというインテンシティを下げたやり方で十分と考えたのだろう。

 それでも3点目のように一度スイッチが入るとゴールまで一直線。デ・ブライネとハーランドが加速された攻撃を見事にフォーデンは沈めてさらにリードを広げていく。

 ウルブスはシティのプレスが緩んだ分、つなぎながら前に出て行くチャンスがないわけではなかった。しかしながら、全体の重心が下がっていることは否めず。馬力のあるネトはともかく、ゲデスにこの状況で何かをしてもらうのは厳しかったように思う。

 早々に奪った2点のリードと10人の相手に対して悠々自適に試合を進めることができたシティ。CL後の試合を少ないダメージで乗り切ることに成功した。

試合結果
2022.9.17
プレミアリーグ 第8節
ウォルバーハンプトン 0-3 マンチェスター・シティ
モリニュー・スタジアム
【得点者】
Man City:1‘ グリーリッシュ, 16’ ハーランド, 69‘ フォーデン
主審:アンソニー・テイラー

第9節 ウェストハム戦(A)

■CBとのミスマッチを最大限に活用

 前節のシティ戦で勝ち点よりも貴重なCBを退場で失ってしまったウルブス。コリンズはここから3試合の出場停止。本職以外でCBを賄っていくウルブズのやりくりが今節からスタートする。今節、CBに選ばれたのはネベス。ジョニーとキルマンをワイドに置く5バックのような形も想定されるメンバーだったが、セメドをSHに置く4-4-2のような形だった。

 ウルブスのプレッシングは強烈ではないが、ミドルゾーンよりは前で我慢するような形。強度はそこそこ、ラインは高めと言った感じだった。ウェストハムは窒息させられる感じはしなかっただろうが、下手こいてボールを引っ掛けてしまうことはあったので、ウルブスにチャンスがないわけではなかった。

 サイドからクロスを上げる形からチャンスを作りたいウルブス。ポジションを入れ替えながら攻撃の形を作りにいくが、抜け出す選手を作ることができず、なかなかチャンスまで辿り着かない。独力で突破できるネトの負傷も痛手であろう。

 守備面でもウルブスは苦しい。CBに抜擢されたネベスは早々に警告。次節はチェルシー相手に累積警告で出場停止。早い時間で追い込まれた今節も出ることができない次節も厳しいやりくりになる。

 ウルブスのCBが本職ではないということでウェストハムは多少アバウトなボールを入れても前進することができた。スカマッカがこの試合でポストをしまくったことは相手との力関係を考えると、どこまで鵜呑みしていいかは微妙なところ。それでも、背負ってのポストからのターンが安定していたのは間違いない。

 先制点の場面もスカマッカのポストから。大きな展開で右のボーウェンまで展開すると、折り返れたスカマッカが撃ち抜いてゴールを決めてみせる。押し込んで、ローラインに追い詰めてもスカマッカへのロングボールで一気にひっくり返されるのがCBに本職がいないウルブスの悲哀である。

 後半にウェストハムは追加点をゲットした。後半から4-3-3に変更するウルブスを歯牙にもかけず前進。ブロックの外から打ったシュートが、ボーウェンの前に落ちたボールを押し込んで追加点をゲットする。今季不振に喘いでいたボーウェンにようやく結果がついてきた。

 反撃に出たいウルブスはここから攻勢に。ウェストハムは撤退ベースになると、やや危うさが出てきたのでウルブスにもチャンスはありそうなものだった。しかしながら、この日デビュー戦だったコスタは決定機をものにすることができず。押し込みつつもゴールに向かう迫力ももう一声といった感じで、得点力不足は未だ健在と言った様子である。

 下位で苦しむ中堅対決はウェストハムに軍配。CBとのミスマッチを活かしたスカマッカがウェストハムを勝利に導いた。

試合結果
2022.10.1
プレミアリーグ 第9節
ウェストハム 2-0 ウォルバーハンプトン
ロンドン・スタジアム
【得点者】
WHU:29' スカマッカ, 54' ボーウェン
主審:ポール・ティアニー

第10節 チェルシー戦(A)

■アラを炙り出してチャンスを量産

 コリンズの一発退場によって、3試合のCB不足をなんとかしないといけない!と言う状態になっているウルブス。1試合目でCBに選ばれたネベスを累積警告で失ってしまったため、今節はゴメスを登用することとなった。

 チェルシーは今節は4-2-3-1を採用。前節と同じく、立ち上がりは右サイドを軸に攻撃を展開する形を狙っていく。右に流れることが多いハフェルツに加えて、右のハーフスペースに突撃ができるロフタス=チークやギャラガーを起用。右サイドアタックに厚みをもたらしていた。

 ウルブスの右サイドは不安定。ジョニー、ゴメスというバックラインの左サイドはそもそもここで起用されておらず不慣れ。連携面でも怪しく、ボールを奪った後の脱出ができておらず、チェルシーの即時奪回に屈してしまう場面が多かった。

 またウルブスはファーサイドのクロス対応も怪しい。チェルシーはファーへのクロスからの折り返しという形でチャンスの山を作っていく。だが、この日のチェルシーは決めることができない。アスピリクエタ、プリシッチなどゴールが決まったと思えるようなシーンでも決定機を逃していく。

 エリア内においてはハフェルツが息が合わないシーンが散見される。背負う部分、抜け出しのタイミングなどCFとしてチームを牽引するパフォーマンスを見せられず苦労する。

ウルブスも保持に回れば攻め手がなかったわけではない。チェルシーの中盤はヌネスのドリブルを素通りさせるなどフィルタリング能力に欠けるところがある。トラオレにボールを渡すことができれば陣地回復も可能。ダイナミックなドリブルに対面のククレジャも苦しんでいるようだった。

 チェルシーはエリア内においても怪しさを見せる。人がいる割にフリーな選手が多く、動き直しに対応できていない選手が多い。ここに入り込んで行ったのがこちらもヌネス。フリーのヘッドであわやというシーンを作り出していく。

 ウルブズも手応えはあるものの、保持で相手を動かす手段が多いチェルシーが圧倒的に有利。前半追加タイムにファーで待ち構えたハフェルツがゴールを奪うことで前に出る。ウルブスはサイドで同数で受けたにもかかわらず、受け渡しが杜撰。あっさりとフリーの選手にクロスを上げさせてしまったのが痛恨だった。

 ビハインドになったウルブスはホッジを入れて4-3-3に変更。ボールを奪ったら右のトラオレに預けて打開を頼むという状況を作ることで反撃に出る。

 エリア内の守備は危うさがあるチェルシーにはトラオレ大作戦は一定の効果は見込める。しかし、ボールを奪ってしまえば当然チェルシーにもチャンスはある。よって後半もチェルシーよりのペースは大きく変わることはなかった。

 左サイドのプリシッチの追加点で試合は実質決着と言っていいだろう。ウルブスはこのシーンでは右サイドの連携の拙さを見せて、シンプルなワンツーであっさりと抜け出しを許してしまった。この2点目で試合は沈静化。仕上げの3点目をブロヤが決めるまでは静かな展開に。

 手薄なバックラインの連携の悪さをついたチェルシーが完勝。大きく動かして相手のアラを炙り出すというポッターのプランを見事に実践してみせた。

試合結果
2022.10.8
プレミアリーグ 第10節
チェルシー 3-0 ウォルバーハンプトン
スタンフォード・ブリッジ
【得点者】
CHE:45+3' ハフェルツ, 54' プリシッチ, 89' ブロヤ
主審:シモン・フーパー

第11節 ノッティンガム・フォレスト戦(H)

■「システム」は今節も継続

 アストンビラとのドローゲームで前節最下位を脱出したノッティンガム・フォレスト。最近はレスターと1節ごとに交代で最下位を担当するシステムになっている。

 今節の相手はその2チームよりも得点が少ないウルブス。今季、ここまで3得点しかしてないのに降格圏に足を踏み入れていないというのは逆にめっちゃ健闘しているのではないか?という説もある。

 試合は順位が上のウルブスが優勢に試合を進めていく。フォレストはサイドにボールを付けられると簡単にプレスの重心が下がるという悪癖を前節から改善できていない。これによって、ウルブスのサイドチェンジのキーマンであるネベスにプレッシャーをかけることが出来ず、さらなるピンチを招く形になってしまう。

 フォレストにとって最も怖いのはやはりスピードのあるトラオレ。カットインからポデンスを経由し、逆サイドのアイト=ヌーリまで運ぶ形は有効。定番のパターンを作りながらエリアに迫っていく。

 スペースがある状態でボールが渡るとグイグイ侵入してくるトラオレを止める術がなかなか見つからないフォレスト。だが、ボールが渡る前の段階もケアすることが出来ず、受けに回る展開が続いてしまう。できれば間で受けるポデンスに自由を許したくないところなのだが、そこも制限することができない。

 フォレストはボール保持においてピッチを広く使いたい意識は伝わってくるのだが、ネベスのように深い位置でドンと構えるような司令塔がいない分、停滞感が否めない。デニスが動き回ったり、ジョンソンが裏抜けしたりなどフリーランはちょくちょくみられるのだが、なかなか前線の動きを有効に使うことができない。

 サイドチェンジのスムーズさもウルブスに比べると一段落ちる感じが否めない。それであるならばせめてプレスを頑張ろうと前がかりになるフォレスト。しかし、そうなればひっくり返されるリスクは高まる。トラオレがいる中で不慣れな前がかりなプレスを行うのは厳しい部分もあるだろう。

 ボール保持の機会の差は後半に決定機となって両チームに跳ね返ってくる。トラオレのアタックからトフォロがハンドを犯し、ウルブスはPKを獲得。これをネベスが決めて先制する。ゴールを決めたネベスの髪ひもが味方によって勝手にほどかれるという謎テンションでお祝いされるくらい、貴重なゴールをウルブスが生み出す。

 あとがなくなったフォレストはリスク覚悟でハイプレスを敢行。後方からのドリブルのキャリーも増やしながら何とか同点ゴールを目指す。すると、フォレストにもPKのチャンスが到来。しかし、このキックはジョンソンがジョゼ・サに止められてゴールはならなかった。

 セットプレーも含めて攻勢をかけていくフォレスト。しかし、1点の壁とPK失敗が重く最後までフォレストにのしかかってしまう。結局、試合はそのまま終了。「最下位は1節ごとに交代で」というジンクスは今節も継続。レスターと入れ替わるようにフォレストは最下位に転落してしまった。

試合結果
2022.10.15
プレミアリーグ 第11節
ウォルバーハンプトン 1-0 ノッティンガム・フォレスト
モリニュー・スタジアム
【得点者】
WOL:56‘(PK) ネベス
主審:トーマス・ブラモール

第12節 クリスタル・パレス戦(A)

■アタッカーのスキルで取り戻した流れ

 監督はいなくなってしまったがようやくCBにコリンズが戻ってきたウルブス。しかしながら、バックラインはなかなか揃わない。今度はアイト=ヌーリの不在で左SBにブエノを抜擢することに。CHに入ったトラオレ2号機と共に未知数のタレントがどこまで食い下がれるかに注目が集まる先発メンバーとなった。

 ハイプレスに出て行く意識が強かったのはホームのクリスタル・パレス。しかし、ハイプレスの収支は微妙。ウルブスは枚数をかけきれないパレスのハイプレスをいなし、つなぎながら一気に前進をしていく。効いていたのは降りてくるヌネス。彼を捕まえられないパレスはウルブスにすり抜けられてしまう場面が目立っていた。

 バックラインとネベスからの大きな展開で右の大外のトラオレも活用していたウルブス。大きく幅を使いながらの前進でパレスを横にも揺さぶっていく。先制弾はネベスの展開から。左サイドでオーバーラップしたのは例のブエノ。彼のラストパスをトラオレが沈めて、ウルブスに貴重な先制点をもたらす。ブエノはいきなりの大仕事だ。

 一方のパレスは好調な前線のデュエルからの反撃の兆しを見せる。ハイプレスは難しくても、押し込まれた後のカウンターから陣地回復をするのは容易。この日は特にエゼ、ザハのドリブルがキレキレ。ウルブスの守備陣はたまらずファウルを犯してしまう場面が多かった。ファウルはパレスも結構多かったのでお互いさまではあるけども。

 時間の経過とともに展開はウルブスからパレスに傾くように。同点弾が生まれたのは後半。ドゥクレのボールハントから中央のアタッカー陣がボールをキープし、右サイドに展開。オリーズのクロスをエゼが押し込んで試合を振り出しに戻す。

 同点後も攻撃の手を緩めないクリスタル・パレス。ロングボールからエドゥアールがボールのキープに成功すると、ザハの抜け出しから勝ち越し点をゲット。逆サイドで起こっていたこととは言え、さすがにブエノの戻りが遅いことは指摘しなければいけないだろう。先制点の場面では輝いたブエノだが、ほろ苦い部分もあった試合となった。

 リードをしたことでプレスを弱めて受けに回るパレス。ネベス頼みで尻すぼみになっていたウルブスは、パレスの撤退によりようやく前進ができるようになる。中でも交代で右サイドに入ったゲデスは好調。抜け出しからのラストパスを送ることで終盤のチームの攻撃を牽引する。コリンズには彼から決めなければいけないチャンスが巡ってきたのだけども。

 それでもなかなかウルブスの同点ゴールが遠かったのはいちいちパレスがロングカウンターで陣地回復を行うから。ザハを中心としたアタッカーは高い確率で敵陣までボールを運びかえることで押し込んだウルブスを台無しにしていた。

 アタッカーの個の力で流れを引き戻したパレス。貴重な逆転勝利でウルブスを下すこととなった。

試合結果
2022.10.18
プレミアリーグ 第12節
クリスタル・パレス 2-1 ウォルバーハンプトン
セルハースト・パーク
【得点者】
CRY:47' エゼ, 70' ザハ
WOL:31' アダマ・トラオレ
主審:デビッド・クーテ

第13節 レスター戦(H)

■要所で当てたクリーンヒットが大勝の要因

 序盤から見ごたえたっぷりの積極策に出て来た両チーム。高い位置からプレスに出て行くことでボールを奪いに行く。かみ合わせでいえば、4-4-2にスムーズに移行できるウルブスの方がプレスをかけやすい気もするが、レスターも4-1-4-1からデューズバリー=ホールが前に出て2トップになる形なので実質同じ。

 むしろ、アンカーを2トップで管理する意識が強いウルブスよりもレスターの方が前がかりのプレッシングを行っていたといえるだろう。だが、どちらのチームもロングボールを使っての脱出が出来ていた。特にサイドにおける攻防はいずれも攻撃側が有利で、序盤はアダマ・トラオレが特にブイブイ言わせていた。

 受けるのが苦しくなったバックラインは互いにファウルを犯し、FKのチャンスを与える。どちらのチームにもあったFKのチャンスだが、これをモノにしたのはレスター。セットプレーの流れからティーレマンスが見事なミドルを決めて先手を奪う。

 このゴールの前後はどちらかといえばウルブスの方がゴールに迫る機会が多かった。例えば4-1-4-1から前に出て行くデューズバリー=ホールの背後のスペースなどはウルブスにとって明確な狙い目になっており、前がかりな守備をひっくり返せる攻め手にはなっていた。

 しかし、徐々にレスターがハイプレスからカウンターに移行するなど風向きが変わってきた印象。アダマ・トラオレの早めのロストが目立つのとは対照的に、バーンズが仕掛けをスマートに追加点につなげていたのが印象的だった。殴る機会でいえばウルブスの方が多かったが、前線の攻撃のクリティカルさはレスターの方が上だったということだろう。

 後半開始、優勢だったのは2点のビハインドを背負うウルブス。コンパクトさを維持することができないレスターの中盤に対して、ファウルを奪ったりなど敵陣でのプレータイムが長い時間帯となった。

 しかしながら、試合の流れを変えたのはまたしてもゴールだ。ウルブスの後半立ち上がりの攻勢を受け切ったレスターは流れを一刀両断するゴールから巻き返しに成功する。マディソンが3点目を沈め、ウルブスの反撃ムードを鎮火する。

 さらに畳みかけていくレスター。ハイプレスからボールを奪うと、右サイドからショートカウンターを発動。仕上げたのはヴァーディ。前半に続き、後半も2つのゴールを奪ったレスターはこれでウルブスを完全にノックアウトする。

 反撃に出たいウルブスだが、交代する選手たちは軒並み不発。巻き返し切れないままタイムアップする。4点差が試合の内容を正しく反映しているものとは言い難いが、要所で相手にクリーンヒットさせる攻撃を見せたレスターの方が勝者にふさわしかったのは確かである。

試合結果
2022.10.23
プレミアリーグ 第13節
ウォルバーハンプトン 0-4 レスター
モリニュー・スタジアム
【得点者】
LEI:8' ティーレマンス, 19' バーンズ, 65' マディソン, 79' ヴァーディ
主審:マイケル・オリバー

第14節 ブレントフォード戦(A)

■存在感があればいいというものではない

 大きな展開を受けたヘンリーがセメドに倒されてイエローカード。立ち上がりはブレントフォードの勢いのいい攻撃で開幕した試合である。

  この試合のウルブスは珍しく積極的なプレスを行う姿勢が目立っていた。立ち上がりは面食らった感があったブレントフォードは引っ掛けてショートカウンターを受ける場面もあった。

 しかし、基本的には大きな展開とサイド攻撃という意味ではブレントフォードの方が優勢だったと言っていいだろう。先に挙げた立ち上がりの場面のように左サイドはヘンリー、ダシルバ、ウィサのトライアングルがポジションを交換しながら攻撃。特にヘンリーが上がる時間を稼げた時は厚みのある攻撃を行うことができる。

 右サイドは対照的に単独のデュエルで切り拓く。ムベウモへのロングボールからグリグリと押し下げる形でブエノとのタイマンを制して押し下げるというシンプルな形できっかけを作る。

 きっかけを作ることができると徐々にウルブスのプレスの意欲は減退。それに対して、アイエルがキャリーしたりなどよりバリエーションをつけながらの前進ができるようになる。

 ウルブスの前進はアダマ・トラオレに渡すロングカウンターが軸。右サイドから馬力があるWGに打開してもらいながら前進する形である。しかしながら、アタッキングサードにおける決め手にはならず、この形は有効打とまではいかなかった感がある。トラオレ自身のパフォーマンスは少しいつもよりも精彩を欠いていたように映った。

 WGの裏に送り込んだSBにボールを送るなど、1つずつ着実な形で前進する方が好ましいように見えたウルブスだったが、ブレントフォードのプレスバックが早く、相手がサイド重心を下げていたことからなかなかズレを生み出すことができない。加えて、リトリートが完了したブレントフォードに対してはウルブスはPA内にボールを送れる形を見出すことができずに苦戦。トランジッションでも要所でファウルを犯して、警告を受けるなど後手を踏む。アタッキングサードにおいて攻略の兆しが見えたのはウルブスよりはブレントフォードと言えるだろう。

 後半もポゼッションから安定して敵陣に運び続けたのはブレントフォード。そんな彼らはセットプレーから先制。CKからベン・ミーのゴールで優勢をリードに結びつけることに成功する。

 しかしながら、ウルブスはすぐに反撃。2分後にはネベスのミドルで追いつく。右サイドから時間を作り、マイナス方向でボールを受けたネベスが決めるという、前半にはなかなか作れなかった理想的な攻撃の形だった。

 この同点劇で少し慌てたブレントフォード。ミーが軽率なロストをしてしまうなどウルブスが優位に試合を進めていく。ブレントフォードが保持で持ち直すのに少し時間がかかった。

 終了間際にはトニーに決定機があったが、この場面でエースは存在感を見せることができず。それでも終了間際にVARで退場という形で存在感を見せた敵軍のエースよりはマシ。ジエゴ・コスタは乱戦気味になった後半の最終盤で蛮行に。一発退場になってしまった。

 ボールの前進はブレントフォードの方がやや安定していたように思えたが、決定機の創出という意味ではなかなか決め手が生まれなかった両チーム。妥当と言えるドローで試合は幕を閉じた。

試合結果
2022.10.29
プレミアリーグ 第14節
ブレントフォード 1-1 ウォルバーハンプトン
ブレントフォード・コミュニティ・スタジアム
【得点者】
BRE:50' ミー
WOL:52' ネベス
主審:ロベルト・マドレー

第15節 ブライトン戦(H)

■掛け値無しでの大活躍で大暴れの三笘薫

 勝ち点的にはついに危険水域に入り始めたウルブス。暫定監督のデイビスでの続投から、ロペテギの正式就任(ビザの関係で11/14から)に切り替えることに。ウルブスはここが踏ん張りどころ。逆にブライトンは前節のチェルシー戦でようやくデ・ゼルビ政権初勝利。この勢いに乗って一気に巻き返しを測りたいところだ。

 試合はブライトンの保持からスタート。ウルブスは中盤がプレスに出てくることもなく、バックラインがストレスなくボールを持てる状況だった。縦パスを入れては戻しつつ縦に揺さぶりをかけながら様子を見ているブライトン。決して無理はせずにどうなるかの流れを注視している印象だ。

 例外だったのは三笘。反転しながら積極的にウルブスの守備陣相手に前を向くトライをし続けていた。ブライトンの中でも少し異質の存在である。

 先制点への道を切り拓いたのはその三笘。左サイドからマーカーと正対するとPA内のトロサールに横パス、この落としをララーナが決めて先制点をゲット。異質な三笘が起点となり、先制点を奪う。

 三笘だけでなく、エストゥピニャンも含めた左サイドのユニットは攻撃では好調を維持しているが、自陣での守備に回ると脆さがある。それが象徴されたのがウルブスの同点ゴールのシーン。出て行き過ぎてしまうエストゥピニャンが縦パスを跳ね返しきれず裏をとられてしまう。カバーの遅れたダンクと前方からプレスバックする三笘は間に合わず、ゲデスが同点ゴールを生み出す。

 このブライトンの左サイドの難は2失点目でも。今度は早い段階で左サイドのカバーに出て行ったダンクがハンドの反則を犯し、PKを献上してしまう。これをネベスが決めてウルブスはリードを奪う。

 リードされた状態をひっくり返したのはまたしても三笘。右サイドからのクロスを合わせて、セメドの上からヘディングを叩きプレミア初ゴールをゲットし、同点に追いつく。さらには前半終了間際にドリブルでセメドから一発退場をもぎ取ってみせる。

 同点ゴールと数的優位が前半のうちにもたらされたブライトン。ウルブスは4-4-1でロングカウンターに集中。途中からアダマ・トラオレを投入し、ロングカウンターの専制守備に走った感があった。

 相手が10人ということもあり、崩す機会は十分にあったブライトン。左右にボールを動かしながら三笘とマーチを軸に、大外から相手にちょっかいをかけていく。だが、時間が経過してもなかなか決定的な3点目を決めることができない。

 残り時間が少なくなる中で試合を決めたのはブライトンの左サイド。すなわち、またしても三笘である。Jリーグを見ていた人ならお馴染みのタッチするたび加速するドリブルでエンドラインを抉ると、ウンダフへパスを送り、最後はグロス。左で作って右で壊す形でウルブスを最後に仕留めてみせる。

 最初から最後まで大暴れだった三笘は明らかに勝利の立役者。掛け値なしの大活躍でブライトンを連勝に導いてみせた。

試合結果
2022.11.5
プレミアリーグ 第15節
ウォルバーハンプトン 2-3 ブライトン
モリニュー・スタジアム
【得点者】
WOL:12' ゲデス, 35'(PK) ネベス
BHA.:10' ララーナ, 44' 三笘, 83' グロス
主審:グラハム・スコット

第16節 アーセナル戦(H)

■5バックに対する十分な対抗策提示

 レビューはこちら。

 ウルブスは3枚のCBを並べるスタメン。ウルブスは3バックの印象が強い!という人が多いかもしれないが、今季はほとんど4バック。スタートから3バックの採用はここまでわずかに1試合だけである。

 というわけでアーセナルがウルブスのブロック守備を崩すチャレンジをするというのがこの試合のメインストリームだった。ブロック守備を敷いているウルブスはアンカーのトーマスを3-2の前線のユニットで幽閉し、左右の素早い展開を塞ぐ。

 そうなると陣形的にワイドが手薄になるウルブス。ここで奮闘したのはウルブスのWB。特に左のWBに起用されたブエノはかなり印象的なパフォーマンス。正直、アーセナルファン目線で言うと、ブエノは攻撃的なキャラクターのイメージだったので、対面のサカで優位が取れると思っていたのだけど、ブエノはかなり粘り強いパフォーマンスに終始していた。

 アーセナルにとって誤算だったのはジャカの途中交代。ポジションチェンジが増えている左サイドでの抜け出しが巧みなジャカが体調不良によっていなくなってしまったことで、左サイドの機能性が低下。交代直後はヴィエイラが戸惑っていたことや、SBのジンチェンコが低い位置で構えていたことで崩しの兆しが見えなかった。

 ロングカウンターに徹するウルブスも攻撃という観点では苦戦。ロングカウンターの申し子と言えるアダマ・トラオレはあっという間にアーセナルに囲まれてしまい、なかなか前に進むことができない。

 サイドに流れるところで存在感があったのはゲデス。直線的に前に進むよりも、ジンチェンコの裏を取る形からゴールに迫る形の方がアーセナルのPAまでボールを運ぶことができていた。しかしながら、そもそも保持で攻める機会が足りておらず、アーセナルに比べてウルブスが効く攻撃を繰り出せているというわけではなかった。

 後半、停滞した攻撃の状況に解決策を見出すことができたのはアーセナル。SBは高い位置で攻撃参加するようになり、IHのファビオ・ヴィエイラが左のハーフスペースの抜け出しを増やすなど、徐々にアタッキングサードでの動きを増やしていく。

 すると、アーセナルの先制点は55分。マルティネッリのサイドチェンジ、ジェズスの横ドリブル、ヴィエイラの抜け出しと折り返し。どれをとっても素晴らしい5バック対策の理詰めの崩し。ウーデゴールの先制ゴールはウルブスの5バックに対しての模範解答と言えるものだった。

 失点したウルブスは反撃するべく攻撃的なタレントを投入。前からのプレッシングを高めていく。しかし、WBのレンビキサのところからウルブスは失点。ボールを奪ったマルティネッリから大外を回ったジンチェンコがエリア内を抉っていくと、最後は再びウーデゴールが仕留めて決定的な2点目を得る。

 崩し、ダメ押し、シャットアウト。時間はかかったが、ウルブスの5バックに対して十分な対抗策を示したアーセナル。クリスマスの首位を気持ちよく確定させて、中断期間を迎えることとなった。

試合結果
2022.11.12
プレミアリーグ 第16節
ウォルバーハンプトン 0-2 アーセナル
モリニュー・スタジアム
【得点者】
ARS:55' 75' ウーデゴール
主審:スチュアート・アットウェル

第17節 エバートン戦(A)


第18節 マンチェスター・ユナイテッド戦(H)


第19節 アストンビラ戦(A)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!