見出し画像

「Catch up Premier League」~フラム編~ 2022-23 season

せこ(まとめ記事用)

フラム、22-23シーズンの歩み。

第1節 リバプール戦(H)

■流れを変えた両ストライカー

 チャンピオンシップ新記録という圧倒的な得点力で2部を荒らしまくったミトロビッチを軸に見事にプレミア帰還を果たしたフラム。開幕戦の相手はいきなりのリバプール。1試合目からラスボスの登場である。

 しかしながら、試合はリバプールが苦しむ意外なスタートとなる。フラムの2トップはファビーニョを受け渡すことをサボらずにマークを受け渡す。まずは中央で大きく展開することを塞ぐのが目的だ。ボールが進む方向の規定に成功したら、そこからは中盤4枚が大きくボールサイドにスライドする。

 イメージとしてはフラムは中盤4枚より手前で攻撃を止められれば成功!という感じだろう。中盤のスライドが間に合わない場合はSBが飛び出しながらとめにいくが、裏を取られるリスクがあるこの選択肢はなるべくであれば取りたくないはずだ。

 序盤はこのスライドしながらの守備がうまくいっていた。リバプールはフラムの中盤のフィルターを突破することができず、前に進むことができない。トップに当てるべくロングボールを蹴ってもフラムのバックラインに跳ね返されてしまう。ミドルカウンターからチャンスを得たフラムが試合のペースを握ったと言っていいだろう。

 そういう状況を動かすのはいつだってチアゴである。降りる動きを使いながら、自分のマーカーであるハリソン・リードやスライドした時のマーカーであるケパノに対してファジーなポジションをとる。

 曖昧になったマーク相手からフリーになったチアゴは対角パスから右サイドに展開。サラー&アレクサンダー=アーノルドのコンビからクロスを行い、逆サイドのロバートソンが折り返すというCSで見られたおなじみの流れをこの日も見せることになった。

 一方のフラムはミトロビッチへのロングボール一辺倒。ここで落としてサイドに展開しながらなんとか前進するスタイルでリバプールに押し込まれた陣地を回復していく。

 だが、先制したのは苦しいはずのフラム。右サイドで噛み合わないパスを交換しているH・リードとケパノを追い越したティティのクロスをファーで待ち構えていたミトロビッチが叩き込み先制。下馬評を覆すようにホームチームが先制する。

 リバプールは上にあげたおなじみのパターンから反撃を試みるが、フラムのゴールネットをなかなか揺らすところまで辿り着かず。1点のビハインドでハーフタイムを迎える。

 後半早々にリバプールはチアゴが負傷交代。これによりエリオットとヌニェスがピッチに入ったあたりから試合の流れは変わるように。良くも悪くも上の定点攻撃にこだわっていたリバプールだが、この交代以降は縦に早く進むように。

 特に右サイドから縦に進んでいくやり方をメインに据えて、同サイドのロビンソンを狙い撃ちにしていた。同点ゴールもまさにこの形から。マティプの縦パスから右サイドに展開し、サラーからヌニェスにクロスを上げて同点に追いつく。

 だがフラムも反撃に。後半しばしば見られていたロングカウンターからミトロビッチがファン・ダイクを出し抜きPKを獲得。再びリードを奪う。ダイクにしては軽率なアプローチになってしまった感があったシーン。ミトロビッチがこの日2得点目となるPKを決めて見せた。

 しかし、リバプール側のストライカーも負けていない。ヌニェスが右サイドからの長いレンジのボールを粘って収めると、これをサラーが押し込んで同点に追いつく。

 終盤はオープンな対決になった一戦。流石にこうなるとリバプールが有利ではあったが、なんとか凌ぎ切ったフラム。ホームでのラスボス決戦で勝ち点を得ることに成功した。

試合結果
2022.8.6
プレミアリーグ 第1節
フラム 2-2 リバプール
クレイヴン・コテージ
【得点者】
FUL:32' 72'(PK) ミトロビッチ
LIV:64' ヌニェス, 80' サラー
主審:アンディ・マドレー

第2節 ウォルバーハンプトン戦(A)

■共に波に乗り損ねたスコアレスドロー

 どちらかといえば立ち上がりにポゼッションの意識が強かったのはアウェイのフラムの方。中盤がサリー気味に変形しつつ、ショートパスを主体としての組み立てを実施。前節がリバプールとの対戦だった影響もあるだろうが、今節はそこまで簡単にミトロビッチにボールを当てない。1列目のプレス隊を超えるところは非常に慎重に行われており、CBもボールを運ぶ意識は十分にある。

 守備においてのフラムは前節と同じく中盤よりも高い位置で止めたい守り方。バックラインも高目に設定されており、サイドに追い込みながら相手をなるべく早い段階で止める意識は継続されている。

 一方のウルブスは速攻で光を見出す。フラムがサイドからいい形でクロスを上げられない状態を尻目にポジトラから反撃に。中でも攻撃を一気に前に進めることができるポデンスにボールが入るとカウンターは加速する。ネトとポデンスの組み合わせからのロングカウンターはフラム以上に得点の可能性を感じさせるものだった。

 時間の経過とともにウルブスの保持の割合は増加。フラムは前節ほどのコンパクトな時間を長く継続することができず、間伸びした中盤を使われての前進を許してしまう。この部分はフラムの2トップが後方の選手たちにウルブスの攻撃の方向を制限できなかった影響が強いだろう。

 スコアレスのまま迎えた後半もペースはウルブスのものに。サイドからの連携を見せての崩しとロングカウンターという2つの武器を使いながらフラムを追い込んでいく。

 フラムもショートパスから深くサイドに入り込んでのクロスを行いたいところではあるが、なかなかきっかけを掴むことができない。このままウルブスペースで進むかと思ったところでフラムの右サイドの崩しがようやく成功。背中を取られたアイト=ヌーリがボビー・リードを倒してPKを献上する。アイト=ヌーリは攻撃面では存在感十分なのだが、開幕節に続き非保持ではやや不安定な部分を見せてしまった。

 だが、このPKをミトロビッチが失敗。リードを奪うことができない。ここから先はウルブスペース。高い位置まで食いついてくるフラムの最終ラインの修正を利用し、左サイドの大外から一気に裏を取る形から早い攻撃で一気に決定機を迎える。

 ただ、ウルブスも交代選手が入ったところでややトーンダウン。トラオレ、ゲデスがもう少しコンディションが上がれば徐々に変わってくるだろうが、現状では1stチョイスとの体のキレには差があると言っていいだろう。

 PKを決められなかったフラム、いい時間帯に得点を取りきれなかったウルブス。ともに決め手を欠いた一戦はスコアレスドローで幕を閉じた。

試合結果
2022.8.13
プレミアリーグ 第2節
ウォルバーハンプトン 0-0 フラム
モリニュー・スタジアム
主審:ジョン・ブルックス

第3節 ブレントフォード戦(H)


■試合を決めたエースはどちら?

 わずか40秒で先制したのはフラム。トランジッションから相手をかわしたペレイラとミトロビッチが秀逸な働きを見せて、最後はボビー・リードが押し込んだ。ブレントフォードはヒッキー、ヤンソンがやや慌てた対応を見せてしまった。

 先制点でノリに乗ったのか、この日のフラムはイケイケだった。2年前のプレミアでも見せていた好調時のパスワークは全開。ミドルゾーンからボールを奪うと、少ないタッチのパスワークでサイドのポジション交換からブレントフォードのブロックを攻略していく。

 特に好調だったのはペレイラ。先制点の場面もそうだが、この日は動きのキレが抜群。プレースキックキックの精度も際立っていた。いつもより低い位置にいるミトロビッチはややチャンスメイクにより過ぎている印象ではあったが、それが気にならないくらい他の前線のメンバーは調子が良さそうだった。

 ブレントフォードは左サイドでイェンセンが落ちて、ウィサが絞り、ヘンリーが高い位置をとるなどポゼッションで工夫を見せてはいた。だが、この日誤算だったのはトニーへのロングボールがなかなか計算が立たなかったことだろう。

 この部分は対面したフラムのアダラバイオを褒めるべきである。前節はユナイテッドをキリキリまいさせたフィジカルをこの日は完封。ブレントフォードは反撃のきっかけを掴むことができなかった。それであれば中盤のデュエルは負けたくないところだが、その部分でもこの日は完敗。となるとブレントフォードが主導権を握れないのは当然だろう。

 そういうわけでペースを完全に握ったのはフラム。セットプレーからパリーニャが追加点を奪う。これでパーフェクトな前半を見せることができたと思いきや、終了間際にクソみたいなセットプレー守備で追い上げのきっかけを与えてしまったのがいかにもフラムらしい。ノアゴールはCKのエリア内にしてはあまりにも思い切り足を振り抜けるくらいドフリーであった。

 後半はチームを牽引する両チームのエースが意地を見せる展開に。前半は厳しい戦いになっていたトニーは一度はオフサイドでゴールを取り消されてしまうなど恵まれない部分もあったが、最後はなんとか同点弾をゲット。右サイドからムベウモのタメ、ウィサの抜け出しからラストパスを押し込んで見せた。

 同点後もトニーの存在感はバッチリ。クロスをファーで待ち構えながら、ミスマッチを作り、最後までフラムのゴールを脅かしていく。

 後半は前半よりも守備のゾーンが下がってしまったフラム。苦しい展開の中で頼りになったのはこちらもエースのミトロビッチ。こちらもロングカウンターの起点とフィニッシャーと両立するなどフラムの攻撃を牽引する。

 後半の攻撃の中心となった両エースだったが、試合を決めたのはミトロビッチの方。ファーに待ち構えてボールを押し込み決勝点をゲット。押し込まれ、劣勢となった後半をチャラにする貴重なゴールを手にしてみせた。

試合結果
2022.8.20
プレミアリーグ 第3節
フラム 3−2 ブレントフォード
クレイヴン・コテージ
【得点者】
FUL:1' B.リード, 20' パリーニャ, 90' ミトロビッチ
BRE:44' ノアゴール, 71' トニー
主審:ピーター・バンクス

第4節 アーセナル戦(A)

■想定外のローライン抵抗に立ち向かったウーデゴール

レビューはこちら。

 唯一の全勝でリーグの首位をひた走るという慣れない序盤戦を迎えているアーセナル。今節は昇格組のフラムとの一戦である。

 フラムの特徴といえばミドルプレス。なるべく高い位置からのプレスをひっかけることができるか否かが試合の主導権をにぎれるに直結してくる。

 アーセナルはトーマスとジンチェンコという両名が不在。いつもとは違うビルドアップのスタンスを余儀なくされる。だが、SBにティアニーが入っても今季の上積みであるジャカやマルティネッリのポジション移動は出来ていたし、アンカーのエルネニーは保持では問題なくボールを捌いていた。全く同じようにとはいかないが、大枠を極端に変えずに対応したアーセナルだった。

 ピッチの横幅を広く使いながら組み立てたこともあり、アーセナルはフラムの前線のプレスを回避。ミドルゾーンを突破して見せる。

 かくして主導権を握ったアーセナルだが、フラムの守備陣はこれに対してローラインで必死の抵抗を行う。特に見事だったのはCBとGKの連携。CBが寄せてコースを限定し、GKがセーブするという形でシューターの選択肢を削ぎ落すことに成功。アーセナルは押し込みながらのローライン攻略にかなり手を焼いていた。

 守備においては前半はほぼ完封だったアーセナル。だが、後半に相手に囲まれるようにサイドに追い込まれるとサカのキックをガブリエウがコントロールミス。これをミトロビッチが仕留めてフラムが先制する。

 追い込まれたアーセナルはアタッカーを増員し、大外にサカとマルティネッリを配置。外の基準をはっきりさせつつインサイドにジェズスとエンケティアの2人のストライカーを置く。

 ひきこもるフラムに対してのアーセナルのアプローチは多くの引き出しが見られた。主役はウーデゴール。縦パスを引き出しては1枚剥がし同サイド、逆サイド、自らの突破を使い分けながらチームを敵陣に押し上げていく。

    そんな彼のミドルから同点ゴールが生まれると、アーセナルはさらに勢いづく。フラムがついに勝ち越し弾を許してしまったのはセットプレーから。先制点につながるミスをしたガブリエウが逆転ゴールをゲットし、ついにリードを奪う。

 最後は5人のCBを並べて盤石の逃げ切りに成功したアーセナル。フラム相手に苦戦したが、見事に開幕4連勝を手にした。

試合結果
2022.8.27
プレミアリーグ 第4節
アーセナル 2-1 フラム
エミレーツ・スタジアム
【得点者】
ARS:64' ウーデゴール, 86' ガブリエウ
FUL:56' ミトロビッチ
主審:ジャレット・ジレット

第5節 ブライトン戦(H)

■前半は健闘、後半は抵抗で無敗のブライトンをストップ

 前節はアーセナルに敗れたものの、昇格組の中では最も健闘しているフラム。今節の相手は昨年よりもまた一段手ごわさを増した感のあるポッターのブライトンである。

 地力の差でいえばブライトン有利の一戦だが、序盤はその下馬評を覆す意外な展開に。高い位置からプレスにくるブライトンだが、これに対してはフラムは冷静に対処。正直、ハイプレスの耐性は怪しいチームという認識だったが中盤のパリ―ニャを中心にこのブライトンのハイプレスをかわして見せる。

 プレスをかいくぐった先はハイラインを壊すスピード勝負に打って出るフラム。このやり方でブライトンをだいぶ苦しめるというフラムペースの展開になった。

 ブライトンの保持でもフラムは非常に健闘。ハイプレスを仕掛けてきたがこれがなかなかにうまい。効いていたのは同サイドに追い込むような動きでブライトンの使えるスペースを抑制すること。中でもトップ下のペレイラの献身的な左右のスライドがこのハイプレスを下支えしていた。

 困ったブライトンは4バックへの変形を選択。これにより、だいぶズレを作ることが出来たブライトン。ようやく落ち着いたボール保持のタームに入っていく。大外からのオーバーラップで陣地回復を成功させる頻度は徐々に増えていくようになった。

 前半はスコアレスで折り返した両チーム。後半の立ちあがりもブライトンが同サイドからの前進のコツを掴み優位を取ったかに見えた。しかし、セットプレーの流れから試合が動かして先手を取ったのはフラム。エースのミトロビッチがネットを揺らして先行する。ケバノのワンタッチクロスが冴えわたった一撃だった。さらに数分後には同じくセットプレーからダンクのオウンゴールを誘発。一気に2点のリードを得る。

 これで戦いやすくなったかと思いきやヘマをするのがフラムである。ボビー・リードの軽率なPK献上でブライトンに自らチャンスを与えてしまう。

 PKを決めて1点差に詰め寄ったブライトンは勢いに乗るために3枚替えを敢行。左は三笘とマーチ、右はランプティで一気に攻勢に出る。さすがにこうなるとフラムは防戦一方。特にブライトンの左サイドのコンビにはだいぶ手を焼かされた。そんな躍動する三笘にサイドの守備でミトロビッチが襲い掛かるなど極めて珍しいシーンも。言い換えれば、それだけフラム側がブライトンのサイド攻撃を警戒しているということでもある。

 必死の抵抗が実ったフラムは何とか逃げ切りに成功し、今季2勝目をゲット。ブライトンに土を付ける大健闘で爪痕を残して見せた。

試合結果
2022.8.30
プレミアリーグ 第5節
フラム 2-1 ブライトン
クレイヴン・コテージ
【得点者】
FUL:48' ミトロビッチ, 55' ダンク(OG)
BRI:60'(PK) マック=アリスター
主審:トーマス・ブラモール

第6節 トッテナム戦(A)

■あまりにも早い最後の切り札

 共に白を基調とする2チームによるロンドンダービー。好調な上位対決だったが、序盤から怪しい雰囲気だったのはフラムだ。

 彼らが今季ここまで食らいついてきた大きな原動力はミドルゾーンでのプレッシングである。この試合ではこれがほとんど機能しなかった。3バック相手の相性などもあるのかもしれないが、それ以前に全く動けていなかったように見える。前線の動きが重く、このあたりは今季初めてミッドウィークにリーグ戦があった影響もあるのかもしれない。

 開始早々にローラインに押し込まれることが増えたフラムは早々に5-4-1に切り替え。基本はミドルブロックで粘って、最後にローブロックで体を投げ出しまくる!が彼らの形なので、トッテナムが撤退守備攻略を得意としていないことを差し引いてもこのシフトは早すぎるといっていいだろう。最後の切り札を前半に使ってしまっている感。案の定、あと一歩でゴールのシーンをレノが救う場面が目立つようになる。

 さらに状況を悪くしたのがロビンソンの負傷交代。代わりに入ったムバブはアーセナル戦と同じく全く試合に入れず。彼が起点のロストからトッテナムはホイビュアの先制ゴールを産みだすことに成功する。

 攻めに出たいフラムはおなじみのパリーニャをアンカーにする形から敵陣に攻め込むが、割り切った5-4-1ブロックを敷くトッテナムに対してなかなか攻め手が見つからない。

    むしろ、ボールをひっかけてしまい、トッテナムの得意なパターンのカウンターを誘発してしまうことも。ソンが不調でなければトッテナムは前半のうちにさらにリードを広げていてもおかしくはなかった。

 追い込まれたフラムは後半に腹をくくったハイプレスを敢行。これで何とか自分たちもチャンスを作れるようにはなった。

 しかし、試合のテンポを上げるということはトッテナムにその数倍のチャンスを作る機会を与えるということでもある。ロングカウンターから得点に飢えているリシャルリソンを中心にフラムゴールに襲い掛かる。

 すると追加点はあっけなく。フラムのエリア内の攻撃でハンドっぽいプレーが発生。「あれ?ハンド?」っていう感じでフラムの選手がボールウォッチャーになる中、ケインが追加点をかっさらっていく。なんだそれ。

 フラムはミトロビッチのスーパーゴールで追撃するが、これ以上はなかなか反撃のきっかけをつかめず。終盤の主役は試合を決める追加点を決めたと思いシャツを脱いだリシャルリソン。オフサイドでゴールを取り消され、警告だけをしっかり受けた。

 ロンドンダービーはトッテナムの完勝。状態が悪かったフラムはミッドウィークのある週の戦い方に課題を残す格好となった。

試合結果
2022.9.3
プレミアリーグ 第6節
トッテナム 2-1 フラム
トッテナム・ホットスパー・スタジアム
【得点者】
TOT:40' ホイビュア, 75' ケイン
FUL:83' ミトロビッチ
主審:スチュアート・アットウェル

第8節 ノッティンガム・フォレスト戦(A)

■逆転の6分間を演出した黒子は…?

 昇格組同士の一戦。ここまでは堅実な戦いを繰り広げているフラムと20人以上の大量補強を行い巻き返しを図るノッティンガム・フォレストの一戦だ。

 立ち上がりにポゼッションで試合を進めたのはフォレスト。バックラインで3バックが数的優位を作り、ボールを持つことができる。

縦にパスを入れるところで待ち構えるフラムは受け手をケアすることで前進を阻害。そのためフォレストは安定した保持ができてはいたが前に進むのには苦戦。トランジッションから右サイドのウィリアムスとジョンソンの抜け出しといういつものパターンでチャンスを狙う。

 非保持においても悪くない立ち上がりを見せたフォレスト。2トップとトップ下の3人で2CBとパリーニャをマークする形。レノにはあえて持たせる形でボールの前進を許さない。

 敵陣に押し込む時間が長くなったフォレストはセットプレーから先制。もたれている状況をどうにかせねば!と前に出てきたフラムをひっくり返した裏抜けからCKを奪ったという得点以前の流れが結構面白かった。ファーで合わせたアウォニイが先制点を奪い取る。

 フラムはこれに対して右サイドからの前進を狙う。テイテイが絞ったりなど、ビルドアップにおいてこれまでにはない工夫を見せていたのが面白かった。その恩恵を受けたのは同サイドのウィリアン。余裕を持ってボールを受けることができたウィリアンからタメを作り、同サイドからトライアングルで飛び出す形からエリアに迫っていく。

 左サイドは逆に縦パスを受けたボビー・リードに余裕がなく、攻め切ることができない。右はいいけど、左はイマイチという状況で決め手を欠いたフラム。CBが積極的に高い位置に顔を出し、サイドチェンジに関与していたため、押し込むことはバッチリだった。

 後半も試合の展開は変わらず。押し込むフラムが同点弾を決めたのは先制点と同じくセットプレーだった。ウィリアンからのセットプレーをアダラバイオが決めて追いついてみせる。

 このゴールをきっかけにフラムは一気に攻め立てる。もちろん、きっかけは右サイドから。ウィリアンから深さを作りマイナスの折り返しを受けたパリーニャが逆転ゴールを仕留めたのは同点ゴールの3分後のことだった。

 そして、逆転ゴールのさらに3分後。今度は左サイドのボビー・リードの抜け出しから走り込んだハリソン・リードが3点目をゲット。この場面でもニアに引っ張るウィリアンのランが見事。この日の彼は立派な助演男優だった。

 追いすがりたいフォレストは途中交代のリンガードが攻撃を加速させてオブライエンが追撃弾を決めるが、反撃はここまで。デニスは途中交代からなかなかインパクトを残せていないのは気になるところ。この試合でもボールロストの温床になっていた。

 徹底的に右サイドを壊していたフラムは6分で3得点で一気に逆転。今季ここまでの勢いを反映した展開で逆転勝利を手にした。

試合結果
2022.9.16
プレミアリーグ 第8節
ノッティンガム・フォレスト 2-3 フラム
ザ・シティ・グラウンド
【得点者】
NFO:11' アウォニィ, 77' オブライエン
FUL:54' アダラバイオ, 57' パリーニャ, 60' H.リード
主審:ジャレット・ジレット

第9節 ニューカッスル戦(H)

■ミドルプレス回避から一気に主導権を握る

 今季ここまでは負けないけども勝ちきれない試合が続いているニューカッスル。派手ではないが堅実な補強をしているだけあって、もう少し上の順位を狙いたいところである。上位にいるフラムは食っておきたい相手であるはずだ。

 ボールを持ちながら試合を進めたのはニューカッスル。今季のフラムの持ち味はミドルゾーンにおけるプレッシングで中盤より前に壁を作っていく形である。ニューカッスルのボール保持はフラムが網を張っている中盤中央を避けるように動かす。横に大きな展開を作りながら大外にボールをつけて奥に進んでいく。外だけでなく、インサイドも使いながらフラムに内側を意識させていたのはよかった。

 フラムはこれに対して落ち着く対抗策を見つけることができないままチャロバーが一発退場。数的不利に陥ってしまう。4-4-1にシフトしたフラムはギマランイスを捕まえられなくなり、ニューカッスルがよりスムーズに左右に展開することができるように。

 先制したのは順当にニューカッスル。左からの大きい展開を受けた右サイドからトリッピアーがクロスを上げる。ファーのウィロックが折り返して、ウィルソンが押し込んで先手を奪う。

 サイドを変えて、SHとSBの縦関係でひたすら殴り続ける。シンプルではあるが確実な方法でニューカッスルはフラムを苦しめている。2点目も右サイドの抜け出しから。裏に走ったアルミロンが技ありのスーパーゴールを決めてリードをさらに広げる。

 苦しくなったフラム。さらにはこのゴールの直後にミトロビッチが負傷交代。シュートを打つどころか、10人になって自陣からの脱出ができなかったフラムには弱り目に祟り目である。さらにワンサイドの様相を呈するようになったニューカッスルはセットプレーからロングスタッフが決めて追加点をゲット。試合をほとんど決めてみせる。

 前半最後の交代でフラムは5-3-1にシフト。10人で3点差という状況ということでマルコ・シウバは軟着陸を図っている感じもする。撤退守備を図るフラムに対して、ニューカッスルは5バックの裏を狙うフリーランで追い打ちをかける。ウィロックのフリーランからアルミロンが決めて、完全にとどめを刺す。

 以降も、シュートも打てず押し返すこともできない時間帯が続くフラム。終了間際にボビー・リードのゴールで1点を返すことができたのは、むしろよくやったほうだと言えるだろう。

 序盤からフラムを押し込み、ニューカッスルは90分間支配することに成功。開幕戦以来の勝利で今季2勝目をゲット。開幕戦の相手はフォレストだったので、2勝はいずれも昇格組相手の勝利となった。

試合結果
2022.10.1
プレミアリーグ 第9節
フラム 1−4 ニューカッスル
クレイヴン・コテージ
【得点者】
FUL:88' B.リード
NEW:11' ウィルソン, 33' 57' アルミロン, 43' ロングスタッフ
主審:ダレン・イングランド

第10節 ウェストハム戦(A)

■二者択一だった主人公

 前節はエバートンに力負けし、なかなか不振を脱出できないウェストハム。今節の相手は開幕からの快進撃が少しトーンダウンしつつあるフラムである。

 試合の立ち上がりは今季ここまでの両チームの勢いを反映しているかのようだった。序盤こそウェストハムはボビー・リードがSBを務めるフラムの右サイドを狙ってはいたものの、徐々にフラムが反撃に出るように。密集に突っ込むウェストハムをロングカウンターで跳ね返してチャンスメイクする。

 その先鋒となったのがアンドレアス・ペレイラ。この日はカウンター時の運び屋となっていたケバノからボールを引き取ると、角度のないところから一気に撃ち抜いて見せた。

 このスーパーゴール以外にもフラムのロングカウンターは冴えていた。ウェストハムの攻め終わりをポジトラで突くと、一気に敵陣深くまで侵攻。チャンスを作り出していた。

 フラムはビルドアップでもウェストハム相手に攻め手を十分に見つけることができる。バックラインからの持ち運びやSBのオーバーラップなど、消極的でプレスをしてこないウェストハムの前線を押し込み続けることができていた。

 ウェストハムはライン間で前を向くパケタや左に流れるライスからチャンスを作ってはいたが、劣勢の状況は否めない。チャンスにおいてもスカマッカがヘディングシュートを決めることができず、ウェストハムは停滞感が漂う。

 その流れを変えたのが1つのPK判定だ。ドーソンを掴み、主審から注意を受けて明らかに目をつけられていたペレイラがそのままドーソンを引き倒しPK判定。そりゃそうだろ。これをボーウェンが決めて同点に追いつく。

 いいムードでボールを保持できていたフラムだが、このプレーで一気に試合は意気消沈。ウェストハムに対して急に有効打を打てなくなってしまった。

 後半もペレイラショックのチグハグ感から脱出できないフラム。徐々にライン間で存在感を発揮するパケタを中心にウェストハムが攻め込む機会を増やしていく。しかし、スカマッカがなかなか試合を決める決定機を沈めることができない。

 こうなると、ペレイラとスカマッカのどちらかが試合を決めるのがプレミアリーグが描きそうな台本である。二者択一の主人公候補から選ばれたのはスカマッカ。ゴールを決めた瞬間の本人の喜びのなさとその後のOFRを込みで「絶対ハンド」と見ている全員が確信したのだが判定はゴール。正直者には女神が微笑むということなのだろうか。これでウェストハムがリードを奪う。

 攻め込みたくて前がかりになるフラムに対してモイーズが送り込んだのはアントニオ。左サイドから裏を取る形で無限に陣地回復を続けるアントニオにフラムは非常に手を焼いていた。

 後半追加タイムには抜け出したアントニオがダメ押しゴールで試合は完全決着。いい試合の入りを台無しにしたPK献上で流れを失ったフラムは痛い連敗を喫することになった。

試合結果
2022.10.9
プレミアリーグ 第10節
ウェストハム 3-1 フラム
ロンドン・スタジアム
【得点者】
WHU:29'(PK) ボーウェン, 62' スカマッカ, 90+1' アントニオ
FUL:5' ペレイラ
主審:クリス・カバナフ

第11節 ボーンマス戦(H)

■停滞ゆえの撤退で手堅く1ポイント

 昇格組同士の試合となった一戦は序盤からいきなり試合が動く。決めたのはボーンマス。2トップのソランケとビリングが左サイドからのレーン交換を繰り返しながらエリア内に侵入。一気にゴールまで陥れることに成功する。

 先制ゴールの場面で見られたボーンマスのトップの可動域の広さは試合全体を通して効いていたといっていいだろう。特にソランケの動き出しに周りが合わせるように動く形は徐々にボーンマスの形として試合の中でも存在感を発揮できるようになったように思う。

 しかし、フラムも保持に回れば好調。バックラインからのキャリーなどの前進するためのビルドアップの意識はこちらのチームの方が上、リームが運んで、SHの裏のロビンソンにボールを渡したりなどして、1つずつ慎重に前進していたのが印象的だった。

 ボーンマスはフラムの前進のキーマンであるパリ―ニャをうまく受け渡すことが出来ていない感じだったので、押し下げられる機会もしばしばである。たまにやりすぎて中央に刺しこんだパスがロストにつながってしまったことでカウンターを食らうこともあったフラムだが、ボールを持ちながら押し込むトライが出来ていたのは悪くなかったように思う。

 保持から敵陣に入り込む機会を作ったフラムは同点となるゴールをゲット。セットプレーからディオプのゴールで前半の内に同点に追いつく。

 しかしながら、ボーンマスは前半の内に追加点をゲット。サイドに流れたソランケが作ったスペースに入り込んできたレルマが勝ち越しゴールを奪って再びリードする。

 ハーフタイムにより前目でプレーができるケアニーとあらゆる位置でボールに関与できるウィリアンを投入することで反撃に出たフラム。ボールをもって再び押し込みながらチャンスをうかがう。特にウィリアンは非常に実効性が高い交代だったといえるだろう。

 すると好機はひょんなところから。競り合いからミトロビッチを引き倒したレルマがPKを献上し、フラムに同点のチャンスが巡ってくる。これをミトロビッチ自ら決めて同点。復帰弾で試合を振り出しに戻す。

 同点後は早い展開になったこの試合。ゴール前のシーンが増えてくるように。どちらかといえば、前線の動き出しなどの連携で優位を取っていたのはボーンマスの方。だが、交代選手を入れる勇気をなかなか持つが出来ず、徐々に能率が下がっていってしまう形になる。

 結局、前線を躊躇なく入れ替えたフラムに対して、最後は5バックにシフトしたボーンマス。試合をクローズして現実的な路線に向かっていったボーンマスの方針を捻じ曲げるパワーはフラムにはなし。互いに勝ち点1を分け合うドローで終わった。

試合結果
2022.10.15
プレミアリーグ 第11節
フラム 2-2 ボーンマス
クレイヴン・コテージ
【得点者】
FUL:22‘ ディオプ, 52’(PK) ミトロビッチ
BOU:2‘ ソランケ, 29’ レルマ
主審:グラハム・スコット

第12節 アストンビラ戦(H)

■ジェラードに引導を渡すミトロビッチ

 ともに3試合勝ちなしで迎える両者の対戦。結果もさることながら、内容も停滞感がありどちらのチームにとってもブレイクスルーが欲しい中での一戦になる。

 立ち上がりからボールを持つのは一方的にフラムの方だった。アストンビラの守備は前節から昨年使用の3センターがど根性スライドを敢行し続けるスタイルにカムバック。3トップは守備での貢献は最低限の前残りを見せる姿勢になった。

 フラムのポゼッションはそうしたビラの守備の特徴をしっかり掴んでいたように思える。バックラインは横幅を使いながら広くボールを回す。時折、2列目からウィリアンが降りてきて逆サイドに大きな展開を行う。インサイドが開けばパリーニャにボールを入れて、縦方向に攻撃を加速させるという使い分けができていたのも、この日のフラムの保持が良かったポイントだろう。

 フラムがとりあえず横幅を使うだけでビラの3センターはいちいち横への移動を余儀なくされる。一般的にピッチの横幅を3枚で対応するのは基本的に難しいこと。この日のように自由にサイドを変えられてしまっては実質不可能と言っていいだろう。

 こうしてビラの中盤を突破することに成功したフラム。サイドから攻め込みクロスを上げることでチャンスを作っていく。この日はセットプレーも手応えあり。ビラのDF陣に競り勝ち、あわやという場面を作り出していく。

 中盤をポゼッションで突破されると苦しくなるのはフラムも一緒なのだが、ビラはボール回しでフラムの中盤と駆け引きすることは諦めてしまっていたように思える。長いボールをワトキンスやイングスめがけて放り込み、一気に陣地回復を行っていく形を狙っていく。しかし、全体の押し上げが効かないため、セカンドボールを拾えずすぐにフラムにボールを回収される。

 そうなると両チームの前進の機会に差が出るのは必然だ。より多く敵陣に攻め込むことができたフラムはサイドからの押し込み+セットプレーというこの試合の頻出パターンで先制。ハリソン・リードのミドルは非常に見事であった。

 後半、反撃に出たいビラは割り切って強度をアップ。放り込みに後方から走る選手を増やすことで半ば強引にペースを引き戻そうとする。リズムとしては五分五分といえるところまで押しもどせた感があったのだが、それを台無しにしたのがドウグラス・ルイス。ミトロビッチの挑発に乗ってしまい、頭突きの反撃で一発退場。ミトロビッチ、相変わらずスレスレのプレーで罠に嵌めるのがうまい。

 数的優位を享受したフラムはここから一方的なポゼッションでアストンビラを押し込む。決定的な追加点を奪ったのはまたしてもミトロビッチ。キャッシュのハンドをエリア内で誘い、自ら得たPKを沈めてこの試合の勝利を決定的なものにする。

 フラムは仕上げの3点目も獲得。ミングスのオウンゴールというのはいろんな意味で切ない。ルイスの退場で流れを取り戻すチャレンジをフイにしたビラ。ジェラードにとってはアストンビラの監督としての最後の試合になってしまった。

試合結果
2022.10.20
プレミアリーグ 第12節
フラム 3-0 アストンビラ
クレイヴン・コテージ
【得点者】
FUL:36' ハリソン・リード, 68'(PK) ミトロビッチ, 84' ミングス(OG)
主審:マイケル・オリバー

第13節 リーズ戦(A)

■セットプレーで流れを引き戻したフラムがトップハーフをキープ

 互いに4-2-3-1。前線からきつめのハイプレスを仕掛けてくるという点で立ち上がりは落ち着かない展開になった。だが、試合は数分もすれば保持側が相手にハイプレスを諦めさせる形に収束していく。

 先に相手のハイプレスを解除することができたのはリーズの方。中盤のヘルプに出てくるフラムのSHの裏を効果的に使うことで、ズレを生かしながら前進することが出来ていた。フラム攻略の第一歩は「とりあえずミドルゾーンでのプレスを押し下げること」なので、リーズは10分もかからずにそこまでたどり着くことが出来たといっていいだろう。

 一方のフラムも15分ほどすれば落ち着いたポゼッションが可能に。こちらはパリーニャがフリーになれるかがプレス脱出のキーポイントになる。プレッシングがきつかったリーズに対しては後方からの繋ぎだけではなかなかパリーニャに自由を与えるのは難しい。

 ここで登場するのがフラムの前線。リーズのバックラインを背負っての落としをパリーニャまでつなぐことでポストからパリーニャへの導線を確保する。際立っていたのはウィリアン。彼が降りることでミトロビッチの組み立てのタスクを軽減できるし、左右に動きながらのボールの引き出しもお手の物。黒子として十分な働きをしているといっていいだろう。

 もう1人、フラムの中で目立っていたのはハリソン・リード。右のCHが基本ポジションの彼だが、右のハーフスペースに抜け出す動きが際立っていた。この動き自体は普段から多く見られているのだが、この日は余計に目立っていたように見える。インサイドに入り込むウィルソンとの関係性がよかったのかもしれない。

 一進一退の攻防の中で先制したのはリーズ。ロビンソンをきれいにはがしたハリソンが一気にゴール前まで迫ると最後はロドリゴがゲット。リーズが先手を奪う。

 しかし、フラムはすぐに反撃。セットプレーからニアのミトロビッチという形であっさりと同点に追いつく。

 互いにエースが決めると試合は再び打ち合いの展開に。リーズがFKのチャンスを得ると、そのFKを跳ね返したフラムがペレイラの独走からチャンスを迎えるなど目まぐるしい展開となった。

 後半も互いに組み合う展開になった両チームだが、やや優勢に進めたのはリーズか。プレッシングを打ち破るシーンとひっかけるシーンを作りながらフラム相手にゴールに迫っていく。

 流れに逆らうというほどではないのだけど、この試合のフラムはリーズにペースが流れそうだった時にセットプレーから得点を挙げることが出来ていた。後半に決めたのはボビー・リード。前半に続きセットプレーを決めたフラムが一歩前に出る。

 フラムはさらにリードを広げる。後半も右の裏抜けを積極的に行っていたハリソン・リードがチャンスメイク。ウィリアンにラストパスを送り、試合を決める3点目を奪った。

 ダフィーを入れて5バックに移行した後に、リーズに追撃弾を入れられたのは課題ではあるが、フラムは何とか逃げ切り勝利。トップハーフを堅持することに成功する。逆にリーズは降格圏に足を踏み入れる手痛い逆転負けとなってしまった。

試合結果
2022.10.23
プレミアリーグ 第13節
リーズ 2-3 フラム
エランド・ロード
【得点者】
LEE:20' ロドリゴ, 90+1' サマーフィル
FUL:26' ミトロビッチ, 74' B.リード, 84' ウィリアン
主審:アンソニー・テイラー

第14節 エバートン戦(H)

■チャンスはあるが決定機未満

 立ち上がりからどちらのチームもボールを大事にしていた。特に横幅を使いながらのビルドアップを重視していたのはフラム。前節のエバートンはイウォビとキャルバート=ルーウィンは同サイドに制限するプレスをすることで、ショートカウンターから得点を挙げていたので、まずは慎重にその形でのロストを回避することを意識していた。

 フラムの前進のルートは左サイドの2列目。ウィリアンとケバノがサイドを変えながら顔を出してやや降りたところに顔を出すことが多かった。ここからエリア内に迫っていく形。精度も含め悪くはないのだが、なかなかゴールを奪いにいく決め手のある崩しをすることができない。

 より苦しかったのはエバートンの方。中盤のプレスを外すことができず、前線のキャルバート=ルーウィンに放り込むことを強いられている印象。なかなか前に出ていくことができない。ゲイェのロストで波に乗れないのもここ数試合のおなじみの光景となっている。

 それでも時間が経つにつれてエバートンは徐々に巻き返していく。ミドルプレスでフラムを脅かしたり、長いボールに合わせて上がっていくマイコレンコからクロスを上げたりなど、敵陣でのプレータイムがだんだんと増えていくように。

 フラムも悪い崩しではなかったものの、序盤ほどの優勢を維持できず。それでも、ミトロビッチのファウルが退場にならなかったりとなんとか運は残っている様子。押し込まれての迎撃にもなんとか耐え抜き、前半をスコアレスで折り返すことに成功する。

 後半は立ち上がりこそ勢いよく入った両チームだったが、エバートンが保持で相手を落ち着けるとそこからは再び渋い展開に。前半の終盤は相手に主導権を渡した格好になったフラムが後半は巻き返したのは前半とは異なるポイント。左サイドのウィリアンに前半以上に集中してボールを渡していく。ここからファーを中心にクロスを上げていくが、これがなかなかチャンスにつながらない。

 エバートンも後半の序盤はマイコレンコの早い出足からクロスを狙っていくが、こちらも相手ゴールを脅かすほどの決定的なものにはなっていない。イウォビ、ウィリアン、マイコレンコ、ロビンソンなど個人で見れば報われて欲しい選手はいたが、好機以上の決定機を作るチャンスが限定的だったことを踏まえればスコアレスドローは妥当。どちらもブレイクスルーを見つけることに苦心した90分と言えるだろう。

試合結果
2022.10.29
プレミアリーグ 第14節
フラム 0-0 エバートン
クレイヴン・コテージ
主審:ジョン・ブルックス

第15節 マンチェスター・シティ戦(A)

■数的不利のクライマックスはやはりあの男

 首位のアーセナルを追いかけるマンチェスター・シティ。今節はビックロンドンダービーであるため、シティとしては首位を暫定的に奪還した状態でアーセナルにプレッシャーをかけていきたいところ。

 勝利を目指すシティはエティハドでフラム相手にいつもの光景を広げる。ボールを持ちながらの前進。アンカーを受け渡し形でケアするフラムに対して、余ったCBからシティはボールを運ぶ。2列目を引き出すとサイドに展開し、そこから三角形を作りながら敵陣に迫っていく形は彼らの定番。立ち上がりからこの形でフラムのゴールを脅かしたシティだった。

 フラムはエティハドの圧力に屈してしまっている感があった。プレスに出ていけないのは仕方がないが、ボールを捨てるように前線に雑に投げ込んでしまっては厳しい。今季のシティをなんとかするための第一歩はプレスを回避して保持で時間を作れるか?なのだけど、この点フラムの立ち上がりはほぼ落第だったと言っていいだろう。

 案の定というべきか試合はシティが先制。中央でのパス交換からギュンドアンがフリーになるとアルバレスへの裏抜けから一気にゴールに。コースはやや甘かったが、威力でレノを撃ち抜いて見せた感があった。

 このまま順当にシティがフラムを寝かせて勝利かと思いきや、フラムはワンチャンスから抵抗を見せる。ヴィニシウスのキープからウィルソンが抜け出すとこれがカンセロのファウルを誘発。PK&退場で同点ゴールと数的優位を同時に手にすることに。

 こうなると流石にフラムはボールを持つ時間を作ることができる。多少自由に相手にボールを動かすことは許容しても、パリーニャには時間を与えないシティはフラムの勘所を押さえている。

 一方で、10人のシティは保持においてはボールを問題なく持てる展開。フラムが勇気を持ってプレスに乗り出しても、アケの動き直しからチャンスを作るところを見せられてしまうと、11人いた時のシティにプレスをかけられないのも頷けてしまう。

 後半、シティは保持時にギュンドアンとロドリを一列上げることでビルドアップの枚数調整。より前がかりな展開を狙い、得点の可能性を高めていく。フラムは右サイドのユニットからチャンスメイク。高い位置で受けるテイテイと内に絞るウィルソン、そして外からウィルソンを追い越すハリソン・リードの関係性でシティの右サイドをつっつく。

 シティにハーランドが登場したタイミングでフラムの攻撃に勢いが出てくる格好。ここから徐々に試合はクライマックスに向かっていくことに。勝ち気が強くなったフラムをネガトラでひっくり返したシティがハーランドのヘディングでネットを揺らす。だが、これがオフサイドになる。フラムは間一髪と言える場面だった。

 フラムはウィルソンの交代とともに右サイドの機能性が低下。前線からヴィニシウスが退いたこともあり、攻撃に打って出ることができなくなっていく。シティの攻撃も停滞感が出る中で、ドローで終わる?とも思われた試合だったが、後半追加タイムにデ・ブライネのファウル奪取でシティにPKが与えられる。ロビンソンのアプローチはやや軽率すぎたと言えるだろう。

 PKはレノにややコースは読まれていたものの威力で押し切ったハーランド。結局はやはりこの男なのである。10人で苦しむ時間が長かったシティだが、本拠地での連勝は継続。数的不利を跳ね返しての勝ち点3を手にした。

試合結果
2022.11.5
プレミアリーグ 第15節
マンチェスター・シティ 2-1 フラム
エティハド・スタジアム
【得点者】
Man City:16' アルバレス, 90+5'(PK) ハーランド
FUL:28'(PK) ペレイラ
主審:ダレン・イングランド

第16節 マンチェスター・ユナイテッド戦(H)

■18歳の新星が生み出した劇的な結末

 W杯直前のリーグ戦は今節が最後。プレミアの最後を飾るのは昇格組のフラムがホームにマンチェスター・ユナイテッドを迎える一戦である。

 両チームとも非常に意欲的な立ち上がりだったと言えるだろう。ユナイテッドはキック&ラッシュ寄り。中盤でのボール回しよりも、とっとと長いボールを前線に当てる形で、フラムのストロングである中盤のフィルターを超えてしまおうという算段なのだろう。ショートパスにこだわって、ミスに繋がったシーンもあったので、ユナイテッドがこのプランを基本線にしたのはそれなりに意義がある。

 一方のフラムは前進のルートがかなり明確。降りてくるウィリアンの大外を回るようにオーバーラップするロビンソンを生かして左サイドから裏を狙っていく。好調なのはウィリアン。ヴィニシウスへのロングボールの落としから、素早く拾える位置に移動。前を迎えるポジションを取ったことで攻撃を加速させることができる。

 出場停止のハリソン・リードに代わって中盤に起用されたのはケアニー。ボールを運ぶ意欲が高く、積極的にボールを持ってからのキャリーで存在感を示そうとしていた。

 しかし、そのケアニーの意気込みが裏目に出てしまったのが、ユナイテッドの先制点の場面。エリクセンがドリブルを咎めると、左サイドに展開。ブルーノのシュート気味のラストパスを押し込んだのはボール奪取の起点になったエリクセンだった。

 ビハインドになったフラム。だが、ヴィニシウスへのロングボールの落としを拾っての左右の展開はかなり形としては効いていた。序盤はやや停滞気味だった右サイドも前半の中盤からは積極的に使えるように。スコア上はビハインドだけど、フラムもやれることは割とできている感があるはずだ。

 後半も試合はアップテンポな状態に。リームのフィードからヴィニシウスが決定機を迎えるなど、敵陣の深い位置まで侵入してチャンスを作り続ける。デ・ヘアが立ちはだからなければ、フラムは後半開始早々に追いついてもおかしくはなかった。

 一方のユナイテッドも相手のプレスを一枚一枚剥がしながら前進していくスタンスから着実に敵陣に迫っていく。後半開始から両チームともゴール前のシーンが多く、どちらのチームに次の得点が入ってもおかしくなかった。

 そうした展開の中で点を決めたのはフラムだった。左サイドでボールを持ったウィリアンは同サイドの高い位置まで走り込んだケアニーへのパスを選択。速い折り返しに合わせたのはジェームズ。古巣相手に大仕事を果たしたウェールズ代表の一撃で試合は振り出しに戻る。

 以降も一進一退の攻防が繰り広げられるが、中盤での出足はややフラムが優勢だったか。後半追加タイムは短かったこともあり、このままドローで終わるかと思われた矢先に大仕事をしたのはユナイテッドの18歳。エリクセンとのワンツーで抜け出したガルナチョが決めたプレミア初ゴールは勝ち点3をもたらす大きな得点となった。

 新星のプレミア初ゴールで劇的な勝利を飾ったユナイテッド。決め切れない引き分けをラストワンプレーでドラマティックな夜に変えてみせたガルナチョが殊勲であることに疑いの余地はない。

試合結果
2022.11.13
プレミアリーグ 第16節
フラム 1-2 マンチェスター・ユナイテッド
クレイブン・コテージ
【得点者】
FUL:61' ジェームズ
Man Utd:14' エリクセン, 90+3' ガルナチョ
主審:ポール・ティアニー

第17節 クリスタル・パレス戦(A)


第18節 サウサンプトン戦(H)


第19節 レスター戦(A)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!