見出し画像

サービス業としてのデザイン

はじめまして!

デザイナーのTakeshiです。インハウスやフリーランス、コンサルティング会社などで働き、現在はIT企業でUXデザイナーをしています。
デザイナー歴は約20年です。失敗だらけの社会人生活でしたが、その失敗から「体験」という概念がいかに大切なのかに気づく機会を得ることができました。そして、ありがたいことにデザイナードリブンでサービスをグロースさせる実績を持つことができました。

これからnoteに執筆していく記事は、自分自身のスキルセットや考え方を客観的に再度理解することが目的です。しかしながら、記事を通じて世の中の誰か一人にでも何らかの課題を解決できれば幸いだと思っています。

3つのデザインマインド

私はデザインをするにあたり、最も大切にしていることが3つあります。

1. 工夫すること
2. 気遣いがされていること
3. 使ってくれるユーザーへ感謝の気持ちを持つこと

デザインのテクニックや知識も大事と思われる方も多いかもしれませんが、それらはあくまで手段でしかないのです。どのような体験を提供したいかが大事で、そういう点ではデザイナーはサービス業だと思っています。

サービス業としてのデザイン

デザイナーはユーザーの代弁者であれ。UXで圧倒的に世の中を変えたいと本当に思っているのであれば、常にこの意識を持つことです。ユーザーの目に直接触れるものであり、そのユーザーの行動や生活をより良くできているか、考え抜くことです。
しかしながら、難しいのはビジネスや工数との駆け引きです。どこまでUXを犠牲にするかはいつも悩ましい課題です。これについては今後の記事で触れていきたいと思います。

立ち位置を決める

デザイナーには、とても粗く分けて2種類の分類されると思います。

A:個人名で仕事を取る職人的、個性的なデザイン
B:無名ではあるが、多くの人に愛されるデザイン

UXに従事する際に、自分自身がどちらの立ち位置で世の中にUXを提供していくのかを意識することが、物事の判断や成果物に大きく影響してきます。どちらのデザインも社会にとても大事な役割を果たしますが、私の記事では主にBについて書いていこうと思います。

なぜUXなのか

UXという言葉だけが多くの場所で使われている割には、世の中の体験にはまだまだたくさんの課題がある思いませんか?

日々進化していくテクノロジーには、必ずUXも平行して考えないと、人間の生活にしっかりフィットした体験は実現しないでしょう。それは人間に寄り添った振る舞いをしなければなりませんし、誰もが簡単に理解できる体験でなくてはなりません。
そして効率化という側面もあります。ある行動をする時に、1タップ減らすことができたなら。それはその人の人生を1秒効率化させることができたと言えます。毎日行う行動だとしたら、一年で約6時間分の有効活用できる時間が増えることになります。このように、小さな改善が多くの人の人生をより豊かにするのです。

さいごに

きれいごとや言葉だけで人を感動させることは簡単です。結果が伴っていることが最も大事なのです。特にUXやUIについてはその成果を可視化するのは、なかなか困難なことが多いです。そういった意味でもUXの重要性についての認識を広めたいという想いもあります。記事を読んで満足してはダメです。ぜひ実践して世界をより良い体験に変えていきましょう。

これからいろいろな記事を不定期に執筆いたします。お楽しみに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
とあるデザイナーです。

こちらでもピックアップされています

UX
UX
  • 9本

UXやUIの考え方について様々な視点で紹介します。多くの方に読んでいただきたいため、できるだけ専門用語を使わないよう心がけています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。