見出し画像

地域の環境活動への参加も半年が経過する。

地域の環境活動への参加も半年が経過する。

未だに専門的な言葉はよくわからないが、地域活動の仕組み、活動している方々、どんなことをされているのかはつかめてきた。

少しずつであるが、主体的な動きを始める。
まず、センターの掃除や展示の内容、あり方を基本とし、地域とパス交換をしていく。

そして、少しずつ健康、福祉、環境の調和につながる地域活動ができればとイメージしている。

しかし、環境活動の潮流は世界的に急激に変わりつつある。変化を感じ取りながら地域と向き合うことが大切である。

月初めの展示替えをしながら、市内企業・グループの活動を勉強する。

それぞれにSDGsの17のピクトを並べてみることは、活動のキーワード整理につながる。
そして、どのように地域の暮らしへ落とし込み、続けているのかがポイントとなる。

地球規模、世界、日本、地域

日本はまだまだであるが、どうやら、オセロの黒が白へ変わる時のように、世の中の変わる瞬間が近づいている感じがする。

国として、お題目では済まされなくなってきた。

#環境 #環境活動 #地域 #川崎市 #地球温暖化予防活動推進センター

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。