見出し画像

3月の「100歳医師ドキュメンタリー」製作は駿河先生ご本人とのzoomを重ねた


2022年3月完成を目指して、駿河敬次郎先生(順天堂大学医学部名誉教授)のドキュメンタリーを作っています。

緊急事態宣言によって、3月も駿河先生とオフラインで会うことは叶いませんでした。しかし、今できることを淡々と進めていきます。以下が製作日記です。


まず、駿河先生とzoomで頻繁に話せるようになって幸せです。

100歳なのに「次はzoomのホストの仕方教えて下さい」と聞いてきます 笑。

ちょうど、キリスト教はイエス・キリストの復活を前にした受難節なので、キリストが無にされることが、礼拝のテーマだったりします。

私が生死をさまよう大病から今回復できているのも駿河先生のお陰です。

駿河先生のようなニコニコしたおじいちゃんになりたいです😁

駿河先生の「サムライ魂」を少しでも自分の血肉とできたらなと思います。

喜び、感謝して生きていきたいと駿河先生と話す度に思います。

駿河先生のドキュメンタリーについて、アドバイスをくださった方々、本当にありがとうございます。


物語のプロットを作るって、本当に難しい。世の中の監督、漫画家、編集者を心から尊敬します。


お陰様で、季節が春に向かい、病気も一歩一歩回復しており、感謝申し上げます。









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
5
1978年生まれ、新潟県出身。アート×聖書。精神疾患で生死をさまよった経験から 100歳現役医師 映像製作中。子供4人、千代田区に生息。東京大学法学部卒業。めろんが好き、にんじん苦手。文語訳聖書/武士道/他力本願/教養としての聖書。