近畿地方の石造物⑧:高野山奥の院の大名墓所五輪塔群(伊達政宗、崇源院、正清院、前田利長の墓)

名称:高野山奥の院の大名墓所五輪塔群

伝承など:伊達政宗、崇源院(徳川秀忠夫人)、正清院(浅野長晟夫人)、

     前田利長の墓

所在地:和歌山県伊都郡高野町 高野山奥の院


高野山奥の院に建ち並ぶ近世大名家の墓所群は、その大半が五輪塔で構成されているが、大身の大名家の墓石はその大きさから一際目を引かれる。

墓石群の中で最も大型で、「一番石」と通称されているのが、徳川秀忠夫人の崇源院の墓(二枚目)で、これは崇源院の子で三代将軍家光の弟、「駿河大納言」の通称で知られる徳川忠長が造立したものである。

二番目に大型の「二番石」は、広島藩浅野家墓所内にある正清院の五輪塔(三枚目)で、正清院は紀州和歌山から広島に移封された最初の藩主である浅野長晟の夫人で、徳川家康の娘でもある。

三番目に大型の「三番石」は、加賀藩初代藩主前田利長の五輪塔(四枚目)であり、利長は言わずと知れた前田利家の長子で加賀百万石の基礎を築いた人物である。

この他にも、奥の院には多くの大型の五輪塔があるが、仙台藩初代藩主で独眼竜の異名でも知られる伊達政宗の墓(一枚目)も、また一際大きなものである。

この五輪塔は政宗の一周忌にその子の忠宗が造立したもので、仙台にある政宗の霊廟の瑞鳳殿が戦災で焼失してしまったため、現存する唯一の政宗の墓塔である。


#和歌山県 #高野町 #高野山 #高野山奥の院 #伊達政宗 #崇源院 #徳川忠長 #駿河大納言 #正清院 #浅野長晟 #前田利長 #五輪塔 #一番石 #二番石 #三番石 #江戸時代 #石塔 #歴史 #日本史


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
日本国内の石塔・石造物に関する記事と、歴史ドラマ・映画のレヴューを中心に書いています。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。