いつもそのことだけを考えている人。(2016.07.21 Thu)
20160722_note表紙

いつもそのことだけを考えている人。(2016.07.21 Thu)

専従者がいないと世界は変わらない。

いつでもどこでも、そのことだけを考えている人がいなければ。


//---

都市農村交流やESD(持続可能な開発のためのための教育)の分野の老舗、<NPO ECOM>が開催するワークショップに参加しました。

古民家や空き店舗再生など地域活動に携わる人たちと、「ワークショップについて考えるワークショップ」を行う。
主催者も参加者もそれぞれにメリットがあって、誰もが当事者としてそのことを熱心に考え、これからの暮らし方がちょっとだけ変わるようなワークショップ。

そんなものをじぶんも企画したいなと思えた、たのしくも学びの多い時間でした。


//---


アフターミーティングと称した飲み会の席で、冒頭の話になりました。

なにか課題があったら、いや課題なんかじゃなくてもいい。

仲間内とやってる定期的な飲み会でもいいし。
家族と行く毎年恒例のキャンプでも。
文化祭で行うクラスの出し物でも同じ。
バイト先の新メニューについてでもいい。

なにかについて、ひとりでも専従している人がいなければよくならない。

みんなが片手間ではだめなのだ。


これは、NPOにおける常勤(有給)スタッフとかどうとかの話にとどまりません。

専従者というのは、いつでもどこでも、そのことだけを考え続けている人のことです。

思考が途切れないくらいずっとそのことだけ考えることで、しんどい問題も解決の糸口が見つかったりもする。
専従者がいるからこそ、周りのサポートもうまく機能することもある。


じぶんはなにかの専従者になれているだろうか。

どこかで妥協して、片手間になってしまっていないだろうか。


逆に言えば、だれかひとりの情熱と行動で世界が変わることもあるんですよね〜〜。

//---

いよいよ夏も本格的にはじまって、ぼくの住むまちでも大きなお祭りが開催されます。

400年以上続くこの祭礼、きっといつの時代も、だれかがお祭りのことだけを必死に熱心に考えて続けてきたのだろう。

江戸崎祇園祭には、いまも数多くの専従者がいるようなかんじですね。


いつもありがとうございます。

3日間、よろしくお願いします。

最高の夏がはじまるぞー!


※この文章が気に入ったら、投げ銭感覚で100円くださいませ。

・稲敷市地域おこし協力隊として働いています。

https://www.facebook.com/inashiki.chiikiokoshi/

・茨城県稲敷市は「限りなく都会に近いローカル」です。

http://inashiki-aeru.me/

この続きをみるには

この続き: 0文字

いつもそのことだけを考えている人。(2016.07.21 Thu)

髙島聖也(しましま)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
新しくコトをおこす人を応援しています。スタートアップ支援の小僧←地方移住x複業の人←ソーシャルビジネス←学部4年間で1000冊読書 / Startup Hub Tokyo 丸の内 コミュニティマネージャー / 読書 / 元地域おこし協力隊 / 立教文 / 准認定ファンドレイザー