ワンゲル部を引退するにあたって

公開が遅れて申し訳ありません。
仁多見さんに枠を頂き、Advent Calender(裏)に投稿することになりました。
1日で文章を書きあげたので趣旨が纏まらない感じにはなりましたが、お許し下さい。
そして企画してくださった坂野翔哉先輩、ありがとうございます。

1. はじめに

 はじめまして。東海高校2年の森清 星也です。
 中学1年生の時、ワンダーフォーゲル部に入部し、5年間部活としてオリエンテーリングを続けてきました。
 すると、5年間という競技年数は大学入ってから始めた大学生より長いということになるんですね。(だから大学生に負けたくないです笑)
 中学3年の時には部長を務め、競技をするだけでなく部活をまとめるということもしてきました。
 高校生になってからは日本代表としても活動するようになりました。海外大会の戦績はJWOC2017スプリント108位、AsJYOC2017優勝、JWOC2018ロング85位などです。

 オリエンテーリングは続けていき、来年のJWOCやAsJYOCにも挑む予定ですが、今年で部活は引退することになります。
 節目の年に5年間を振り返っていこうと思います。思い出だけでなく、何をしてきたかも振り返ります。

2.5年間の思い出

【入部】
 小学五年生の時に野外学習の一環でオリエンテーリングもどきをしました。みんなでクイズとかをしながら回るあれです。もうその時の記憶はほとんどありませんが、楽しい! と思ったのでしょう。
 東海に入って、部活紹介を読んでいたところオリエンテーリングの文字が! 紹介文を読んでいるととても面白そうに感じました。といってもワンゲル部一本! というわけでもなく、前々から好きだった大道芸をするジャグリング部とどっちにするか最後まで悩んで、結局ワンゲル部にしました。
 ここが私の人生で一番の分岐点になりそうです(笑)

 小学生教育の一環でオリエンテーリングをする学校は結構多いと思います。もし、そこから若い競技者を引き込めたらいいですね。

【中学一年生】
 四年以上も前となるとあまり覚えていないものですね…
 入りたての頃は近くの千種公園でコンパスの使い方などを先輩に教えてもらいました。この時に基礎を教えこまれたからこそ今の自分があると思っているので、先輩方には感謝しています。
 また、入りたての時に稲森剛先輩による部室前での朝講座があり、何も分からないまま参加しました。(偉大な先輩すぎて話すのが怖かったです笑)

 最初の頃の大会では他の中1にも負けてて悔しかった覚えがあります。
2014/5/11・愛知県民大会@定光寺→ ラップセンター
 入って半年くらいした大会では、地図の右上にいると思ったら左下にいた。なんてこともありました。また、初めて90分を超えた悔しい大会でした。ライバル・国沢琉との初対戦もこの時です。
2014/11/2・中日東海@伊勢治田→ ラップセンター

 今となっては毎週のようにオリエンテーリングをしている身ですが、中学生、特に中学一年生の時は月に1〜3回という感じでした。また、合宿も中一の時はありませんでした。詳しくは知りませんが、大学一年生だともっと山に入るのではないでしょうか。
 やはり中学一年生だと体も弱く、オリエンテーリングは危険なスポーツになります。従って、近場の大会で簡単なクラスから徐々に慣らすしかないのです。(そこら辺は折橋さんのAdvent Calenderに詳しく書いてあるので是非ご覧ください。私の記事より何倍も読み応えがあります。→ 記事)
 しかし、部活という利点を生かし基礎は大学一年生より教え込まれたと感じていますし、それが今に繋がっていると思っています。

【中学二年生】
 中二になると部活に慣れ、後輩もでき、競技レベルもあがってきたという時期でした。特に語るような部活での出来事は(記憶に)ないです。

 中二の5月の大会では初めて当時中三の先輩含めて一位を取りました。当時の私にとってとても嬉しかったはずです。
2015→ ラップセンター
 11月には岐阜県代表で全日本リレーのMJに出ました。走りきれるか不安でしたが、無事記録を残せました。
 この時から岐阜県協会や地域クラブの岐阜OLCと関係を持てたのは本当に良かったです。
2015/11/08・全日本リレー@金勝→ ラップセンター 

【中学三年生】
 色々な意味で、一番濃い部活生活でした。なぜかと言うとワンダーフォーゲル部の中学部長を務めたからです。(東海ワンゲル部では中学部長が中高ともに率いていくという形をとっています)
 知る人ぞ知るワンゲル中学部長の辛さ、ですね。
 部活をやめようと思った時もありましたが、色々ありながらも部長職を務めきれて良かったです。オリエンテーリングで大事な精神力が強くなりました(多分)

 中三になったら大分オリエンが速くなってきました。特に嬉しかったのが、インターハイ2016での個人団体優勝です。
 個人戦では、2015インターハイでは国沢琉選手が失格ながら途中まで圧倒的に速く(ih2015 ラップセンター)、勝てるとは思っていませんでした。
 また、インターハイ報告書で道回りすぎ!と言われたのも懐かしいです。でも、当時の自分が8→9で道回りをとったのは身の丈に合っていたと思います。
(2016/9/10・ih@富士見の森 ラップセンター 報告書 )
 団体戦では、中三1人・中二2人という構成で挑みました。勝てないと思って麻布中学に臨みましたが、作戦(先行逃げ切り)通り勝てました。今までで一番準備をして臨んだ戦いだったと思います。重要なレースに向けて対策することの重要性を知ることができました。→ラップセンター

 この頃からコースを走り終わった後、速い人に話しかけるようになりました。(迷惑に思ってる方がいらっしゃったらすみません)
 当たり前ですが、話しかけることは大事なことだと思います。最初の方は勇気がいることですよね。

【高校一年生】
 ご存知の方も多いと思いますが、去年からはJWOCやAsJYOCに出場しています。
 JWOCなどの海外大会の話はまたの機会に書きたいと思います。

 部活では部長をやりきり、アドバイスをしていく立場になりました。この時期に気が抜けたこともあり迷惑をかけてしまったりもしました。
 元部長は部長をやり終えたからといって何もしない訳ではなく、どこまで口を出していいか今でも悩まされています(笑)

 オリエンテーリングの技術も四年目ということもあり結構安定してきました。
 高校生になり遠征がしやすくなり、出る大会が増えました。(逆に一つ一つの大会に対しての思い入れが少なくなってきてしまいました)

 東大OLK大会では、ギプスを付けたまま走りました。GWのJOA富士合宿で骨折をしてしまい、それからギプスを付けて練習などしていましたが、大会を走るとなると不安でした。
(2017/6/4・東大OLK大会@裾野→ ラップセンター)
 全日本ミドルは京大の岩井さんが居ない中ですが、国沢楽さんの最年少優勝に並ぶことができました。
(2017/10/1・全日本ミドル@霊山→ ラップセンター)
 ここまで良い結果のレースしか紹介してきませんでしたが、2017年はマップアウトという経験をしました! しかもフィンランドで。
 GPSを見ればマップアウトをする"Morikiyo"が見られます。遅すぎて、失格にすらさせてもらえませんでした…
(2017/7/10・JWOCMiddle予選3組@ケチュケメート → GPS)

【高校二年生】
 今年は飛躍の年だったと自負しています。もちろん競技面もですが、生活面(?)でも成長できたと思います。
 海外遠征は、ハンガリーでのJWOCに参加してきました。明後日からは香港に行ってAsOCに出場します。(応援よろしくお願いします)

 部活ではやり残した事・やりたい事を(地図作成、マニュアル作成、CC7出場、合宿・練習会開催など)やろうとしましたが、何もできませんでした。引退してから頑張ります。

 色々嬉しい結果の大会が多かった今年ですが、全日本ロングで失格をしてしまいました。誕生日に最年少優勝記録更新を目指していただけに本当に悔しかったです。
(2018/6/17・全日本ロング@椛の湖→ ラップセンター)
11/4の全日本リレーでは岐阜MEで6位入賞することができました。【中学二年生】で述べた岐阜との繋がりがこういう結果になり、とても嬉しかったです。今後も岐阜や愛知の地元(住まいは岐阜、学校は愛知)で活躍していきたいと思います。
その一方で、8月のインターハイ団体戦では二年前に勝った麻布に負けてしまいました。インターハイは、部員一丸となって臨む集大成の大会です。よって、色々な大会に出てる中でも最も仲間と準備をしていきます。
負けたから悔しいだけでなく、何がいけなかったのかを今後に生かさなければと思っています。

高校二年生になってからはレジャーセンターの近藤先輩にコーチについて頂いてます。
それまでは適当に走ってましたが、それからはコーチの助言のもと、目標やトレーニング計画を立ててやるようになりました。中三から伸び悩んでいた3000mも、10:18→9:47と今年になって30秒以上更新し、トレーニングの成果を実感しています。
また、アナリシスもやったりやらなかったりでしたが、刷新された見やすい形式でやるようになり自分の弱いところがわかるようになりました。

3.その他の活動

【地図読み 】

地図読みは何をしてるの? と聞かれたことがありますが、恥ずかしながら普段からやっていることは今のところありません。重要な大会は、部で対策するとともに自分でも読みました。お気に入りは尾根と沢を色を分けて書く地図読みです。

【地図作成】
ニューマップの大会であるとワンゲル部のOCADや、OpenOrienteeringMapperを使い対策マップを部で作ります。
最近だと祖父江砂丘やAsOCスプリントなどです。この地図のおかげで全日本スプリントでよい順位をとれたので、感謝しています。

5.最後に

中高五年を振り返ると色んなことがありましたが、本当に色々な人に支えられてここまで来ることが出来たと感謝しています。

特にワンゲル部の仲間や顧問の大野先生、JWOCで引率してくれた石澤さん…あげたらきりが無いのでやめますが、ありがとうございます。これからも、部活は引退しますが、オリエンテーリングを続けていきます。地道な努力を重ね、謙虚に頑張っていこうと思います。皆様、よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
コメント (1)
森清先輩、杉浦です。5年間お疲れ様です。森清先輩も引退される頃になったのだと思うと(辞めた身ながら)ワンゲル部にいた日々が懐かしく感じます。今までたくさんご迷惑もおかけしたと思いますが、本当にありがとうございました。香港のAsOC、頑張ってください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。