公式HPリニューアルの心境と舞台裏

長く働いていると、”キャリアの垢”みたいなものがたまってきて目詰まりを起こす。その大掃除としてのサイトリニューアル。「私自身も新しくなりたい」という気持ちの表れです。

長年ずっとやらなきゃやらなきゃ・・と思っていながら放置していたHPを、ようやくリニューアルした。昨秋、某番組で、ボードに貼られていた私の写真を見たMCさんに「和泉さん、この写真ずいぶん若くない?」とイジられたのがきっかけだ。その写真は1年前(番組では咄嗟に2年前といったけど、よく考えたら違ってた)に撮ったもので、実際にはそれほど古くはなかったんだけど、コロナ太りで今の顔がまん丸だからかも・・。

それで、「これはマズイ!」と思ったわけ。何故って、公式HPの写真は数年前のものだったから。で、手っ取り早く写真だけ変えようと思ったら、表紙に使っている写真ありきでデザインしてあるので、他の写真には替えられないとのこと。また、HPにも流行があり、写真だけでなく全体的な時代感もあるから、全面リニューアルしたほうがよいということになった。(↓旧サイト)

古サイト表紙

同時並行で新しく写真を撮ってもらわないといけないのだけど、その前にデブを解消しないといけないし、洋服はどうするんだとか、ヘアメイク→撮影で終日家をあける際の母のケアは?などなど、考えているうちにだんだん面倒になってきた。そして先延ばし・・というのがこれまでのパターン。

でも、今回はなんとか踏みとどまった。今やならいと、きっともうやらなくなる。

いっぺんにやろうとするからいけないんだ。1つひとつのタスクをほどいて、ゆっくり、少しずつ進めていこう。最初から完璧にしなくても、あとから変えていけるようにサイトを構築しておけば、状況をみて改善していけるはず。

そんなこんなで数か月。ようやく今日公開にこぎつけた(↓新サイト、クリックで飛びます)。

新しいサイト表紙

ステキなサイトに仕上げてくださった岡崎龍夫さん(合同会社elegirl )、柔らかな表情に撮ってくれたSammyさん(メイプル有限会社)に感謝です!

今年になって、遅まきながらTwitterとインスタグラムを始め、clubhouseのルームも主宰し、noteも始めた。まだフォロワーも少なくて、自己満足の域を出ないのだけど、それでも私の中では”キャリアの新陳代謝”が始まっているのを感じている。SNSを活用したビジネスをしていこうと思っているわけではないし、お試し段階が終わったら自分に合わないメディアは手放すかもしれないけど、いろいろチャレンジして、少しずつできることが増えていくのは嬉しい。

これまでは恵まれていて、フリーになってからも仕事が途切れたことはなかったけれど、そのせいで「自ら動いて道を拓く」という努力を怠ってきた。将来のためにやっておいたほうがいいとわかっていても、目先の仕事をこなすのに精一杯で、大事なことほど先延ばしにする傾向があった。でも、介護とコロナで与えられた”おうち時間”のおかけで、ようやくひとつ壁を乗り越えられた気がしている。

『生涯、成長』がモットーの私。年齢を重ねても成長を続けるために、”キャリアの垢”をふるい落として、自分自身をリセットすることが必要だ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ、ありがとうございます(^^)
15
ミッションは、ひとりひとりが”自分らしく生きる”ために役立つ情報を発信し、多様な価値観を認め合う組織・社会に近づけること。現在は家計・社会保障・コロナ禍の経済対策・キャリア開発・ダイバーシティ・組織マネジメント等、幅広い分野で情報発信しています。