見出し画像

壁面ペイント×徳之島高校美術部

こんにちは。イラストレーターの竹添です。

徳之島町役場花徳支所北部地区振興対策室の壁面ペイントが2020年の夏の終わりに、完成しました。この企画は支所からの依頼をうけて、徳之島高校美術部とのコラボレーションとなりました。

図案は竹添にて、実制作は美術部の高校生が、コーディネート・監修には美術部顧問の平野良光氏が関わって制作されたものです。

壁面ペイントの流れ

コラボにあたっては8月初旬に美術室で部員とのコミュニケーションの機会として、イラストやデザインについての講義も実施させていただきました。高校時代に絵画作品づくりに没頭するのももちろん素晴らしいの事ですが、「絵を通じて社会とつながる」「商業イラストレーションの世界」についても知ってもらえたらと、自分の体験した範囲で話をさせていただきました。また、どんな図案にするかのヒント探しとして、部員のみなさんに「北部のイメージ」をヒアリングもさせていただきました。

今回の壁画制作自体が、制約の中で依頼仕事を進めるプロセスそのものでしたので、それらを体感してもらえるような手順としました。

画像2

それらを踏まえて、デジタル制作した図案を作成してお渡しし、生徒にペイントを実施していただきました。

ペイント途中の様子

画像7

デジタル制作した図案はこちら。テーマは「DEEP TOKUNOSHIMA」。徳之島北部のイメージとして、ソテツやイタジイなどの植生と、自然遺産に生きる生き物たちを散りばめました。色数を抑えて職場としての日常の場としても違和感が無いようにしつつ、目の前に立った時に来島者がインパクトを感じてもらえるようなデザインとしました。

画像4

そして実際に完成した壁面はこちら!すごい再現度。。。複数人で描いたにもかかわらずニュアンスも統一感ありますし、僕が自分で描いたと見間違うほど。

画像4

こちらの壁画は花徳支所の屋内なので、外からは見ることはできないのですが、支所に御用の際はぜひ見学に訪れてみてください。

僕も大好きな徳之島北部の拠点となる同施設が中心となり、今後も自然保護・観光振興・地域コミュニティが盛り上がっていくことを期待しています。

完成お披露目として、行政関係者や新聞メディアの取材もあり、大きくピックアップしていただいています。

●Yahoo!ニュース(南海日日新聞)

●奄美新聞

●徳之島町役場

美術部のみなさん、ありがとうございました!

画像5

画像6

(他の面にも装飾は施されています)

また、顧問の平野先生は同世代の美術作家でもあり、全く表現手法や立ち位置や歩みも全く異なるものの、徳之島で「絵」を通じて交わることとなった不思議な縁は刺激的なものでした。

地域の美術教育についても熱い思いを持っており、実際ここ数年で徳之島高校美術部を中心とした美術のレベルアップと関心の高まりは素晴らしいものだと思います。

●徳之島美術部の活動



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、島暮らしの体験記やイラストレーションの制作活動に大切に活かさせていただきます。

6
イラストレーター。1981年生まれ。鹿児島県の離島〔徳之島〕を拠点にしています。場所を選ばない働き方を志向し離島でのノマドワークを実験中。趣味は自転車、夕日鑑賞。ウェブサイトリニューアルにあたり、noteをブログ的な使い方を試しています。http://takezoe-d.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。