【香港の民主化デモ「雨傘運動」全文公開】プロテストってなに? 世界を変えたさまざまな社会運動
見出し画像

【香港の民主化デモ「雨傘運動」全文公開】プロテストってなに? 世界を変えたさまざまな社会運動

社会運動には、いろいろなかたちがある。
通りを行進したり、バスで席に座ったり、テレビを家から持ち出して外を歩いたり、野菜を育てたり、うるさい音楽を奏でたり……。これらはどれも、人々が不公平な世の中に対して立ち上がる際に使った方法だ。

プロテストってなに? 世界を変えたさまざまな社会運動』(2021年9月発売)の刊行を記念して本文の一部を無料公開します。

「社会運動」を身近に感じることはあまりないのではないでしょうか?本書では、これまで世界各地で繰り広げられたさまざまな抗議活動を、豊富なイラストとやさしい文章とともに、分かりやすく紹介します。

この本が、社会運動について知り、考えるきっかけになればと思い、「はじめに」と、5つの社会運動についての全文を公開予定です。
5つの社会運動については本日から3週にわたり順次公開し、2021年10月31日まで公開予定です。
これをきっかけに、興味をもち、書店やAmazonで書籍を手に取っていただけたら幸いです。

水のようにストリートに流れ込む、香港の民主化デモ「雨傘運動」についてご紹介します。

画像1

水のようにストリートに流れ込む
民主化デモ 香港 2014年

香港は、地図で見ると中国の一部のように見えるが、150年以上イギリスの支配下にあった。1997年に香港がイギリスから返還されたとき、「自分たちはいったいどうなるのだろう」と不安を感じた市民もいた。我々で自治をするわけにはいかないだろうか、と―。

返還後、初めのうちは市民生活にあまり大きな変化は見られなかったが、しだいに法律が厳しくなっていき、人々は表現の自由を奪われていった。事態を憂慮したのはとくに若者だった。彼らは、香港という都市の将来に希望を見出すことができなかったのだ。

そこで、彼らは抗議を試みた。2014年には通りを79日間にわたり占拠し、街を機能不全に陥らせた。だが、状況は変わらない。それどころか新しい法案が持ち上がり、その中身を見てみると、法令に違反した人がいまよりもっと厳しい罰を受けることになると予想された。これはもう一度、行動を起こさなくてはならない。しかも今度はより強力に、新しい戦い方をしなくてはならなかった。

スローガンは「水になれ」。俳優で武道家のブルース・リーの、次のような言葉からとったものだ。―「岩場の割れ目を伝っていく、水のごとくあれ。ぶつかろうとせず、相手に合わせる。そうすれば、避けるも進むも自由自在だ……水は流れることもできるし、物を砕くこともできる。水になれ、友よ」。抗議活動家たちはこの言葉を胸に、時と場合に応じて隊列を変え、通りになだれ込んだかと思えばさっと退き、複数の場所に同時に現われては不規則に進行方向を変えるなど、巧妙にデモを展開していった。

9784861528415.IN08 のコピー

彼らはデモの日時や場所を予告するかわりに、携帯電話を利用して、デモ隊を臨機応変に集合させたり解散させたり―。こうした戦術によって警察を混乱させ、抗議の参加者たちの安全を確保した。まさに水のようにしなやかに行動したのだ。

チームワークこそ、抗議活動家たちの戦いの要だった。彼らは手話のような特別なジェスチャーを考案し、ヘルメットやマーカーペンやちょっとした道具など、自分が必要とするものを仲間に伝えるサインとして使った。こうした物資は、ときには何百人もの列を成す人間の鎖を伝って届けられた。また、デモに参加する人々はみんな傘を差し、正面にかざしながら前進した。警察の攻撃から身を守ったり、カメラで顔を撮影されないようにしたりするための盾にしたのだ。

若者の行動は、ほかの層にも影響を与えた。全国規模のゼネラル・ストライキが起き、35万人もの労働者が変革を要求。また、「銀髪族」と称する高齢者らも孫世代に入り混じり、若者から手のジェスチャーを教わるかわりに、彼らに食べ物を分け与え、抵抗の歴史を語って聞かせるのだった。

香港市民は粘り強く戦い、当初争点になっていた法案は政府によって取り下げられた。だが、抗議はそこで終わらなかった。香港の民主化と独立を求めて、彼らはいまも水のごとく、決して流れを止めずにいる。

9784861528415.IN08 のコピー2

次回は10/6(水)更新。

グレタ・トゥーンベリさんの単独の抗議活動から広まった、「未来のための金曜日」のについてご紹介します。お楽しみに!

過去の投稿はこちら
1.はじめに
2.労働者史上初のストライキ
3.メーデーについて

https://amzn.to/3l5euiJ

プロテストってなに? 世界を変えたさまざまな社会運動
著者: アリス&エミリー・ハワース=ブース
定価: 2,200円(本体2,000円)
帯文: 荻上チキ
翻訳者: 糟野桃代
判型: 235×193mm
総頁: 168頁
製本: 上製
ISBN: 978-4-86152-841-5 C0036

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「当代の芸術の存在感を顕す」をモットーに、現代美術、写真集をはじめ、様々なアートブックを刊行しています。 http://www.seigensha.com/