キャロット 2022 アディクティド

たいとるホルモン

キャロット2022

最優先61アディクティド申込。

迷った馬44ウインジュビリー。

昨年、シュピッツェ20で入会。

当時は、良くない馬を選び票を読む作業。

今年は良い馬を選ぶ作業、当然、この時間が楽しい。選ぶ醍醐味。安くない費用、半分はこの時間を買っているのかも。

東サラ2022は、サウンドオブフリーダム申込。

その後、出資しようかと気になっていたのが、シックスイス。

キズナ産駒の割りに、歩様が悪くない。

募集動画が悪すぎたけど、更新動画で大きく良化した。

血統はHalo4×6で悪くない。

母系はウリウリ。

兄はPOG誌で高評価。

心待ちにしていたデビュー戦、出資意欲を消し去るような負け方。

その経緯から、キズナ産駒は興味が有った。

今年、もう一つの興味は新種牡馬。
ニューイヤーズデイとブリックスアンドモルタル。

どちらも、Halo~Hail to reasonや、ノーザンダンサーがクロスになりやすく、日本繁殖牝馬向き。

現役レースを見る限りでは、ブリックスアンドモルタルの方が好みだけど、血統はニューイヤーズデイの方。

募集動画では71グリューヴァインが目についた。

動き、馬体、血統、測尺、すべて良い。

ただし母系に大物感が乏しく、芝向きの方が好きなので、最終的には最優先候補から外れた。

中間の人気を見ると、やはり動画が良く見える馬が人気のよう。

その意味では、27プルメリアスターも当然候補に考えた。母優先で人気では当選は望み辛く、候補から外れた。

一番良く見えたのは、39アンフィトリテII。

マイルG1が見える。

クラシック路線なら、57サトノオニキス。
このあたりは、✕無しだと厳しいのかなと。

そして、最後まで最優先迷ったのが、44ウインジュビリー。

血統からは、パワー強調。

それなのに動画は芝向きにも見える。

とは言え、き甲が抜け気味にも見える体型からは、適当な言葉が見当たらないけど一種の古さを感じて、迂闊には飛び付けない。

それでも良く見えるのは、
黒鹿毛に騙されているのかな?という気にもなったり。

ダイヤモンドビコー、良い。

迷った。

けれども、最終的にはアディクティドを選んだ。

敬遠したい要素は多く。

手術歴、測尺、曲飛、…。

おそらく確率は低いんだろう。

それでも、超大物の可能性まであると感じた。

まず、動画は良く見えた。

曲飛だから踏込みが深いと勘違いしているのかもしれないけど、前肢の出は間違いなく良い。

バネは良くわからないけど、有るように感じた。

マイルで大外追い込んでくるイメージ。

キズナ産駒は、募集動画で良く見える馬が少ないという体感。

にもかかわらず、柔らかい。

だから、良い馬なんだろう、と。

そして、血統。

キズナは、自身の母系。

ナリタブライアンやファレノプシス。

母系を刺激する、Acropolis5×6。

これがキモになるのではと想像した。

Haloクロスが有れば完璧だったけど、Hail to reason5×6×7とノーザンダンサー。
ハイペリオンも多く、単なるマイラーに終わらない、ファレノプシスのイメージを重ねてみた。
むしろ、欧州的な重さもある。

体型も幼く見えるので、4月生まれの成長力にも期待。

走らないリスクがこの時点で情報として既に有る馬に、10万円という金額は、自分にとっては高額。

✕を取りに行き、一般で運を天に任せるプランも一瞬よぎった。

それでも、走る可能性に賭けたいと思った。

他に候補に考えた馬は

20チアズメッセージ
(歩様○も、最優先迄は無く。)
29ヒカルアモーレ
(良く纏まっているも、血統捉え所無く。)
33スプリングゲイル
(馬体、血統、一発有。歩様は普通。)
63ビートリックスキッド
(纏まっている。)
65アドマイヤローザ
(ザ・モーリス)
79ヒストリックスター
(王的な雰囲気)
89ヴィアンローズ
(上品)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!