見出し画像

抵抗

起きること(結果)は全て適切であり、不満や不安を抱くべきこと(抵抗すべきこと、闘うべきもの)は何もない。

不満、不安を抱くべき(抵抗すべき、闘うべき)であるといった自我の思考体系全般に関してもまた、それに対して抵抗したり闘ったりするべきではない。

ただそれは、そういった怖れに根ざした自我の考えを、そのまま自分の考えとして採用すべき(その考えと自分とを同一視すべき)ということではない。


それはあるがままを受け入れる、ということにはならない。
私はあるがままとは何なのかが分かっていないから。
あるがままを受け入れることは、真理(実在)を受け入れる、ということなのだから。

自分の誤った考えをそのまま受け入れてしまうことは、決して「自分をあるがままに受け入れる」ことではないし、「現実を受け入れる」ことでもない。

あなたや私が苦しむべき理由も、苦しむべき現実も存在しない。

だから私たちは、変えられないもの(結果)を受け入れるべきであるのと同時に、変えられるもの(原因)は変えていかなければならない。


それでも、そういった自我とその思考体系(誤り)に抵抗して闘ったりしてしまうこともまた苦しみを生んでしまう。
闘えば自我は(喜んで)応戦してくるだろうし、闘いが延々と続いてしまうだけだ。


自我の意見に抵抗もせず、決して言いなりにもならず(ここが微妙なところ…)、真理の光と共に誤りを見つめて無を無に帰していく、ということはまた、自我を浄化して光に帰していく、という道のりでもあるのだろうか。

自我もまた愛を与えるべき存在…

うん……

そしてこの真理を学ぶ道というのは、「自分自身を愛する」ことを学ぶ道のりということでもあるのかもしれない。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んで下さりどうもありがとうございます。サポート頂けましたらとても嬉しいです。

やったー!
2
ここを心の内にあるものごとを表現できる場所にできたらいいなと思っています。心のこと、自由の道のりを綴りたい。自分の内にあるものを(たとえ間違っていても)なるだけ繕わず真っ直ぐに表したい。そして解放の足跡を告白してゆけたらいいな…