見出し画像

【88rising】 日本市場の発掘に向けて

Rich BrianやHigher Brothers、JojiというアジアのHIPHOPが世界のヒットチャートでも賑わいを見せた2010年代後半。彼らが所属する音楽レーベルが88risingです。

HIPHOPカルチャーに依拠しているレーベルなので、とてもファッション的で、ファッション系キュレーションメディアにも彼らの動向がよくピックアップされています。レーベルオーナーのショーン・ミヤシロさんの対談記事をここで取り上げたいと思います。

和田直希(以下NW):88risingを始めたきっかけについて教えてください

ショーン・ミヤシロ(以下SM):以前はLAで『Vice』で働いていました。クレジットカードの広告の担当をしていたのですが、とても退屈で。それ以前はダンスミュージック関係の仕事をしていたので、より退屈に感じたのかもしれません。ある日いつものように、友人らと一緒にコリアタウンに食事に行きました。一緒にいたのは、一人は才能のあるラッパーで、もう一人は素晴らしいグラフィックデザイナー。そしてもう一人は映画監督という具合に、僕たちはみんな才能に恵まれたクリエイティブ系のグループでした。素晴らしい才能を持ったグループだけど、僕たちにとってのプラットホームがない。そこで僕たちの才能を発揮するホームをインターネット上で作ってみないか、と提案しました。クリエイターの背景やストーリー、コンテンツを載せるウェブサイトを作りたいと伝えました。すごくシンプルで、わかりやすいアイデアが元になっています。

NW:拠点をニューヨークに移したのはなぜですか?

SM:オースティンの大規模なミュージック・フィルム・アートフェスティバル「SXSW」を知っていますか? 僕は毎年訪れるのですが、2011年に行った時、テキサスからニューヨークに行きました。その理由は、ニューヨークの会社での音楽関係の仕事の話があり、ニューヨークに住めるかちょっとチェックするだけのつもりでした。それまでニューヨークを訪れたことがなかったので、本当に少し様子を見てみるくらいの気持ちだったのですが、そのまま8年間ここにいて、今に至ります。当初はニューヨークが好きになれませんでした。タフだし、お金がないとなおさらきつい。でも今は大好きです。ニューヨークは人をタフにするし、成長させてくれる。
NW:日本のマーケットについてどう思いますか?

SM:面白いマーケットだと思っています。日本のクリエイティビティは素晴らしい。ディティールが凝っていて、食事でもインテリアでも多分野において素晴らしい。クラフトマンシップが活きている。それについては誰でも知っている。けれど、日本の音楽についてよく知っている人はいない。韓国のバンドはアメリアでも有名です。ということは、僕たちに何かできるかもしれない。僕たちが世界的に有名になる日本のアーティストを発掘できるかもしれない。そういった意味で、とてもエキサイティングですね。個人的に日本が大好きだし、僕自身、日本人のハーフです。日本人のアーティストがグローバルなスタイルを築いていけたら嬉しいです。いかに日本人のアーティストを世界に打ち出していくかも重要です。アーティストにどんな背景があって、どんなストーリーを伝えたいか、語ることが重要です。これは日本のアーティストに限りません。88risingのアーティスト、みんなに言えることですね。我が社のアーティスト、リッチ・ブライアンはインドネシア人ですが、彼は自身がインドネシア人であることを常にアピールしています。日本人のアーティストに関しては、夢が膨らみますね。

NW:88risingのアーティストに対する、日本のマーケットについては?

SM:もっと頑張りたいと思っているところです。日本に我が社のオフィスがないので若干難しいのですが。各マーケットについて、それぞれフォーカスする必要があると思っています。日本のマーケットに熟知しているところとパートナーシップを結ぶ必要があるかもしれませんが、それまでにもっと頑張らなくてはいけません。アメリカではヒットを出していますが、日本や各アジアの地域でも認知されるようにしていきたい。まだメインストリームの域には達していない。来月に発売されるアルバムでは、日本にとてもフォーカスしています。まだ詳しくは教えられませんが、これは話題になると確信しています。期待していてください。
NW:88risingのアーティストについて教えてください。

SM:インドネシア人ラッパーのRich Brianや、シンガーのJoji、中国で大人気のヒップホップグループ、Higher Brothersがいます。アジア人のアーティストを代表することに真剣に取り組んでいます。アジア各国はお互いに違った関係を持っていますが、ここでは世界に向けてお互いにリスペクトし合っています。アジア人であれば、アーティストの出身地は関係ありません。ここで働くみんなが自分たちの仕事を誇りに思っています。

NW:タレントはどうやって発掘したのですか?

SM:誰かを積極的に探すというよりは、自然にそうなりました。誰かが、この人チェックしてみて、と言ったことがきっかけだったり。でも今後はもっと積極的に探さないと。日本人のアーティストをぜひ打ち出したいけど、日本で知っている人はいないし、僕は日本のアーティストについても詳しくありません。

KID FRESINO - Turn.(who do) ft. jjjは88risingのチャンネルからMVがあげられいました@3年前。ショーンさんは冒頭のインタビュー以前から、日本のHIPHOPを自分のレーベルにどう接続するかをずっと考え続けてきたのだということが伺えます。これからどんな日本のHIPHOPミュージシャンが88risingに所属していくのか、本当に楽しみです!


▼初めての方にお薦めする記事▼
【ファッションマスク紹介】 カワイイ/魅力的なマスクを見つけて防備を楽しもう!
【2020AWメンズコレクション】トレンドを読み解く
【クリエイターズ・インタビュー】 時代をサバイブしている人たちから学ぶ
【ブランド古着紹介】 インスタグラムからモード古着を探す見つける週末

記事が増えたので、カテゴリーごとにマガジンを作りました(全て無料です)
コレクション、アート、建築、音楽、雑誌、人々やお店紹介、時事について分けましたので、お好みのところから読み始めて頂ければと思います。
リンクはコチラです。

イタクラタツキ/板倉龍城
広告、ファッションを中心に活動するスタイリストです。
アートディレクションや企画、キャスティングを考えることもあります。
普段は変化球なセルフコーデをあげるインスタ民です。

Website
instagram
YouTube
twitter

スクリーンショット 2020-02-04 11.19.56

この記事が参加している募集

noteのつづけ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

楽しい記事が書けるように、もっとファッションやカルチャーを研究していきます!

また楽しい記事書けるように頑張ります!!
13
ス タ イ リ ス ト | 板 倉 龍 城 | Tatsuki Itakura - ファッション or カルチャー記事をキュレーションするnoteを更新。普段は変化球なセルフコーデをあげるインスタ民です。詳しいプロフィールは記事の最後に記載しています。カルチャー全般が好きです。

こちらでもピックアップされています

MUSIC
MUSIC
  • 41本

音楽について書いた記事をピックアップしました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。