見出し画像

【働くことがもっと楽しくなる】 有名デザイナーが手掛けるユニフォーム

2つのユニフォームについての記事を取り上げます。
黄色のラインが印象的なヤマト運輸さんのユニフォームが新しくなった話について。

ヤマトホールディングスは21日、「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」の相澤陽介デザイナーが手掛けた新制服を発表した。デザイン変更は20年ぶりで、9月16日からドライバーと窓口受付スタッフが着用する。

コンセプトは“さらなる働きやすさと環境への配慮”で、東レと帝人フロンティアの2社の協力のもと、“植物由来PET素材”を原料とした環境にやさしい新素材を開発。従来よりも伸縮性を大幅に向上させ、業務に必要な強度と耐久性も備えている。また安全性向上のため、高輝度の反射材をアウターやブルゾン、ベルト、シューズに使用したほか、帽子のつばを通常より短めにすることで車両運転時の視認性も高めた。さらにシューズのインソールも改良し、衝撃吸収性もアップした。防寒着とブルゾンははっ水性を向上させ、前開きのファスナー部分にかぶさる布を二重にすることで防寒性も高めている。

デザイン面ではコーポレートカラーのグリーンとイエローを全面に出した。ポロシャツには、矢の羽をモチーフにした日本の伝統文様“矢絣(やがすり)文様”をヤマトの“Y“で再現したオリジナルパターンを使用し、インクジェットプリントで細かな色のグラデーションを再現している。相澤デザイナーは「3年ほど前にお話しをいただいて、ヤマトグループとはどんな会社なのかを調べることから始めた。どの街でもヤマトグループのスタッフを見かけない日はない。そのため、誰が見てもヤマトとわかるパブリックデザインの意味合いを重視してデザインを考案した。みなさまから愛される制服になればうれしい」と語る。

ヤマトホールディングスの大谷・執行役員 人事戦略・EGS戦略・法務戦略担当は「われわれは昨年創業100周年を迎え、次の100年に向けて新たに経営構造改革プランを立てた。そこで、徹底的にお客さまと向き合うことを宣言した。今回の新制服で働きやすさが向上することで、よりよいサービスの提供につながってほしい」とコメントした。

9月中旬、僕はカフェのベランダ側でMTGをしていたのですが、街を走るヤマトの配達員の方々のニューユニフォームを目にしました。

深緑をベースにしたユニフォームは都市に馴染みながらもファッショナブルで洗練されていて、キーカラーである黄色の使い方も非常に魅力的。相澤さんは自身が手掛けるホワイトマウンテニアリングでも優れた機能に特化したデザインを過去何度も発表しており、きっとこのユニフォームでも配達員さんの意見を鑑みながらポケットの配置や伸縮や強度=耐久性を意識した素材選びがされてきたのだろうと想起しました。

国外でファッションショーを披露するデザイナーさんが、身近なユニフォームデザインを手掛けること。非常に嬉しいニュースです。僕個人のニュースとしては、徒歩1分圏内にヤマトの配達所があって、とても重宝していたのですが、9/30を持って、その配達所が閉鎖されてしまうとのこと。徒歩10分圏内が最寄りの配達所になってしまい、ちょっと辛い思い出が...。

もう1つのニュースはこちら。

見たことのないような 公共トイレが渋谷区に。
日本財団が実施する、誰もが快適に使用できる公共トイレを設置するプロジェクト。
トイレは日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴。渋谷区の17カ所で、順次公共トイレが生まれ変わっていきます。それぞれのトイレには、世界で活躍する16人のクリエイターに参画いただきました。それぞれに個性豊かなトイレをぜひご覧ください。

Creators
安藤忠雄
伊東豊雄
後智仁
片山正通
隈研吾
小林純子
坂倉竹之助
佐藤可士和
佐藤カズー
田村奈穂
NIGO®
マーク・ニューソン
坂 茂
藤本壮介
マイルス・ペニントン
槇文彦

これらトイレについては、もうTwitterでは何度も話題になっているのでご存知の方も多いかもしれません。

最も話題になったのは、坂茂さんが手掛けた透けるトイレ。施錠されると透けなくなるといったトイレはこのプロジェクトでも大きな注目を集めました。

公共のトイレはこれまで難しいイメージをもたれてきた部分があります。清潔感の点や、重厚感がありすぎると暗さ=怖さを感じる部分もあったかもしれません。21世紀になって、デザインがあらゆる部分を解決してくれる。今回のプロジェクトはその一端を担うものなのだと感じました。NIGOさんの手掛けたトイレ診断士のユニフォームも可愛い。

今日はユニフォームの記事をお伝えしました。2つ取り上げますと冒頭で伝えましたが、最後にニューヨークでも人気のらーめん屋さん「一風堂」のユニフォームについての記事を添付します。

PROFILE

イタクラタツキ/板倉龍城
広告、ファッションを中心に活動するスタイリストです。
アートディレクションや企画、キャスティングを考えることもあります。
普段は変化球なセルフコーデをあげるインスタ民です。

Website
instagram
YouTube
twitter
Tumblr

カテゴリーごとにマガジンを作りました。
コレクション、アート、建築、音楽、雑誌、人々やお店紹介、時事について分けましたので、お好みのところから読み始めて頂ければと思います。
リンクはコチラです。

▼初めての方にお薦めする記事▼
【スタイリストのお仕事】 バーチャルモデルの葵プリズムさんをスタイリングしました
【クローゼットは満杯】 「アパレル業界はどう変わるか」U30の視点&それでも服がほしい理由
【ニューノーマル】 高機能マスクとファッションマスク まとめ
【「美術館女子」問題】 ジェンダーのことについて真摯に学ぶ
【2020AWメンズコレクション】トレンドを読み解く
【解散決定】 CY8ERなりの横浜アリーナ@日本武道館 - 推しグループの活動終了について

スクリーンショット 2020-02-04 11.19.56

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

楽しい記事が書けるように、もっとファッションやカルチャーを研究していきます!

とっても嬉しいです!!
6
ス タ イ リ ス ト | 板 倉 龍 城 | Tatsuki Itakura - ファッション or カルチャー記事をキュレーションするnoteを更新。普段は変化球なセルフコーデをあげるインスタ民です。詳しいプロフィールは記事の最後に記載しています。カルチャー全般が好きです。

こちらでもピックアップされています

PEOPLE + SHOP
PEOPLE + SHOP
  • 45本

人物やお店を紹介した記事についてピックアップしました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。