見出し画像

【映像作家】YUEN HSIEH WORLD

若い世代の気になるアーティストを追っていくとグラフィックデザインならば、先日紹介したGUCCIMAZEさん。映像作家ならば、GUCCIMAZEと親和性も高いYUEN HSIEHさんに出会うことになります。

Yuen Hsieh(ユエン・シェイ)はロンドンと上海を拠点にする映像監督である。ケニア、アイスランド、チェコ共和国、東京など、様々な都市で撮影を敢行し、ロンドン、ベルリン、モナコ、北京、台北でアート作品の展示を行ってきた。世界中を飛び回る彼はこれまでにNike、adidas、Chanelなどのブランドとのコラボレーションや、88risingのアーティストのミュージックビデオの制作なども行ってきている。

---

LOVELESS」(LWR0214)
本作は次世代のウイルス。日本政府は人類の愛のクレジットを追跡するために全知システムを使用して「人間最適化計画」を推進。ROLANDは愛という能力を失った人々に愛を売る​​アイドルであり、「愛の救世主」である。

DAZED CHINAから届けられた作品。グラフィックはGUCCIMAZE。映像の主題はROLANDのホストクラブ。ユエン・シェイの世界観を知らない人から見ても、いびつなサイケデリック作品とローランドの親和性(=ホストクラブの妖艶さ)は高いと感じることができます。

ビデオコンセプト
新世紀の初め、4 番目の新東京都市は徐々に衰退を始め、失業者の数は前例のないピークに達し、ティーンエイジャーはこれまで以上に犯罪を犯していた。新東京は未来のために優秀な子供たちを保存する必要があり、18 歳未満の子供たちの知性、健康、身体的および精神的な資質を監視し評価するようになった。「いい子」は生き残り、社会に認められない「悪い子」は18 歳の誕生日に新東京政府によって「排除」される、これが「新世紀国家振興法(自然選択法)」だ。しかし、裕福な家庭の子どもたちは努力せずとも社会で排除されないことを多くの都民が知っている。その一方で、貧困の中で生まれた子供たちは、競争するために相当な努力を必要とした。そして不正な競争のもと、別の新しい組織が生まれました。SHIYA ROBOTIC 社により開始された自由戦闘機連合(FFU)は暗殺を受け入れ、彼らが正義と人生の価値であると考えることを実行した。
今回、新たに創刊されたDAZED Chinaの映像部門をYUEN HSIEHが取り仕切ることになり、創刊に合わせて映像作品『RADIASIAN』を発表。現在アジアから生まれ、発信されるユースカルチャーやクリエイティブのパワーを本作で表現しており、アジアの才能を複数フィーチャーしている。

DAZED DIGITALのインタビューにもあるように、台湾育ちでロンドンで多くのことを学んだユエン・シェイは現在上海を拠点に活動しています。DAZED Chinaの映像部門を取り仕切ることになってからの初めての作品RADIASIANについて、ユエン・シェイは自身の思い出と共に語りました。

Dazed: You recently made a film for the launch of Dazed China titled ‘RADIASIAN’. Tell us about it.

Yuen Hsieh: When I first arrived in London [to study at Central Saint Martins] in 2006, I didn't even know Facebook existed. In 2019, everyone parades their lives through multiple screens and social accounts. We receive non-ionising radiation from low-energy electromagnetic waves all day, every day. We use our phones to snap selfies, we surf, we dance, we love, we destroy and we reconstruct. Young pioneers in every field are expressing their energy and uploading their creativity to the world through the internet. I wanted to find a word to describe this generation, and since I wanted to talk about youth in Asia, the word RADIASIAN was born.

アジア中の魅力的な若者とコラボレーションしながら、魅力的な作品を作り続けるYuen Hsiehさん。彼の作る映像作品をこれからも追い続けることができるのがとても嬉しいです。

---

スクリーンショット 2020-02-04 11.19.56

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

楽しい記事が書けるように、もっとファッションやカルチャーを研究していきます!

とっても嬉しいです!!
2
板倉龍城/Tatsuki Itakura - ファッションにまつわる記事をキュレーションするnoteを毎日更新。www.instagram.com/tatsuki_itakura/ 普段は変化球な地鶏をあげるインスタ民。www.tatsukiitakuragebana.com