マガジンのカバー画像

霞がかる東京スカイツリー<全4話>

9
オンラインゲームからはじまるリアル恋愛短編小説です。二人で見る景色はいつも霞がかっていた。アマノジャクだからゲームでもリアルでも天気が悪ければ悪いほど、二人は想い合っていたのに。… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

霞がかる東京スカイツリー #1

わたしたちは 天気でお互いの気持ちを 表現し合っていたね 別れた今でも 雨が降ると ちょっぴり嬉しくなるの やっぱり ”その日” も曇りだった 今にも雨が降りそうで どんよりとした暗い空 予想通り 期待を裏切らない あなたの気持ち 不謹慎かもしれないけど とっても楽しみだったのよ あなたに会うことが *** わたしたちは 塔を制覇するコンテンツで知り合った 次から次へと現れるモンスターを 時間内に倒しきって 階層を進めていくスピードバトル 考えられたジョブ編成と

スキ
49

霞がかる東京スカイツリー #2

消えたのは ネオンやライトアップだけじゃない たくさんの恋や想いが すれ違って 消えていった *** <<  ねぇ 疑似恋愛させてもらってもいい? あなたが現実にどんな人なのか わからなかった でもいつからか 自分でもおさえられないくらいに あなたのことを好きになって つい 困らせるようなことを言ってしまったの そんなわたしの想いを 知ってか知らずか あなたは迷うことなく >>  いいよ って言ってくれた 現実に持ってきてはならない恋だったけれど 疑似では

スキ
49

霞がかる東京スカイツリー #3

やっぱり ”その日” も曇りだった 今にも雨が降りそうで どんよりとした暗い空 予想通り 期待を裏切らない あなたの気持ち 二人が想えば想うほどに 天気は悪くなるのよね 不謹慎かもしれないけど とっても楽しみだったのよ あなたに会うことが *** 「ふふ、やっぱり天気悪かったね」 そんな会話から あなたとのリアルの冒険がはじまる 登る前に外からスカイツリーの写真を二人で撮った 天望デッキより上は霧に包まれて見えなかった 「展望台から景色 見えないかもしれないな

スキ
43

霞がかる東京スカイツリー #4<終>

どしゃ降りで 風も強かった日 傘なんてまともに差せなかったから 二人肩を寄せ合って 走って帰る まるでキミが泣いているようだと 少しはにかんだ笑顔でつぶやくあなた いつかあなたがわたしの心に 傘をさしてくれるかもなんて 期待しなきゃよかった *** 二人の関係はゲームの中のまま 終わりにするつもりで登った東京最大の塔 ”スカイツリー” 仮想世界と同じように 二人で ”完全制覇” できてしまった だから次の日 現実世界でも付き合って欲しいと わたしはあなたに告白

スキ
40

会話のテンポとか あいづちとか 息づかいとか そういうところの 心地良さが あぁやっぱり好きだって 気付きたくなかった >> 「霞がかる東京スカイツリー」追記 https://note.com/sea_lily/m/m62789786e2c5

スキ
44

どしゃ降りで 風も強かった日 傘なんてまともに差せないから 二人肩を寄せ合って 走って帰る まるでキミが泣いてるようだと 少しはにかんだ笑顔で 呟くあなた いつかあなたが私の心に 傘を差してくれるかもなんて 期待しなきゃよかった >> 「霞がかる東京スカイツリー」より

スキ
29

ぎこちなく差し出された手を 握り返した その瞬間 遺伝子レベルで 恋に落ちた >> 「霞がかる東京スカイツリー」より https://note.com/sea_lily/m/m62789786e2c5

スキ
14

スカイツリーから見える夕陽に さよならする予定だった まさかの臨時休業 まだ私に 好きでいて欲しいってこと? >> 「霞がかる東京スカイツリー」追記 https://note.com/sea_lily/m/m62789786e2c5

スキ
8

消えたのは ネオンだけじゃない たくさんの恋や想いが すれ違って消えていった >> 「霞がかる東京スカイツリー」より https://note.com/sea_lily/m/m62789786e2c5

スキ
9