SocialConnection4HumanRights

Bridge All for Responsible Business | 「ビジネスと人権」をテーマにしたナレッジプラットフォームSocial Connection for Human RightsのCo-founder3人による関連情報や視点の共有noteです

SocialConnection4HumanRights

Bridge All for Responsible Business | 「ビジネスと人権」をテーマにしたナレッジプラットフォームSocial Connection for Human RightsのCo-founder3人による関連情報や視点の共有noteです

    マガジン

    イベント・セミナー情報

    ビジネスと人権に関わるイベントやセミナー情報を発信しています。

    すべて見る

    【2022年 2月3日(木)8:15-8:45】第12回ス茶会(SCHR会)を開催します。今回のテーマは「ビジネスと人権の視点で考える心理的安全性とウェルビーイング」

    #SCHR会 #ス茶会 #ビジネスと人権 #オンライン #朝活 お茶会のような“SCHR会(ス茶会)”と題して、朝活カフェを開催しています。今回が第12回目です! ■日時:2022年2月3日(木)午前8:15−8:45(日本時間) ■テーマ:「ビジネスと人権の視点で考える心理的安全性とウェルビーイング」 ■スピーカー:SCHR共同創設者 佐藤暁子、鈴木真代、土井陽子(それぞれが法曹界・民間・NGOセクターで本領域にて経験を持ちます。詳細プロフィールは、こちら) ■場所:

    スキ
    1

    1月27日(木)17:30-19:30開催!BHRC新年ウェビナー 「国連ビジネスと人権に関する指導原則 10年を振り返り、2022年を展望する」

    #イベント #ビジネスと人権 #デューディリジェンス #指導原則 2021年は、2011年に国連「ビジネスと人権に関する指導原則(指導原則)」が発表されてから10周年を迎える節目の年でした。日本国内においても、2020年に発表された行動計画(NAP)を含め、東京2020五輪での指導原則に則った調達コードの策定や、技能実習生問題、新疆ウイグル自治区での強制労働の問題、そして海外での法制化の動きを受けて、「ビジネスと人権」への注目が飛躍的に高まった年と言えます。 そこで本ウェ

    スキ
    4

    第10回ス茶会(SCHR会)を開催しました。今回のテーマは「気候変動と人権、COP26を振り返る」

    #SCHR会 #ス茶会 #ビジネスと人権 #オンライン #朝活 #開催報告 #気候変動 #人権 #COP26 ■日時:2021年11月25日(木)午前8:15−8:45(日本時間) ■テーマ:「気候変動と人権、COP26を振り返る」 ■スピーカー:SCHR共同創設者 佐藤暁子、鈴木真代、土井陽子 「ス茶会」とは、お茶会のような場で気軽な雰囲気で「ビジネスと人権」についてわかりやすく語っていこう!という主旨ではじめた活動で、いわば、オンライン朝活カフェです。 今回も早

    【2021年 12月23日(木)8:15-8:45】第11回ス茶会(SCHR会)を開催します。今回のテーマは「2021年の ビジネスと人権分野の動向を総括!」

    #SCHR会 #ス茶会 #ビジネスと人権 #オンライン #朝活 お茶会のような“SCHR会(ス茶会)”と題して、朝活カフェを開催しています。今回が第11回目です! ■日時:2021年12月23日(木)午前8:15−8:45(日本時間) ■テーマ:「2021年の ビジネスと人権分野の動向を総括!」 ■スピーカー:SCHR共同創設者 佐藤暁子、鈴木真代、土井陽子(それぞれが法曹界・民間・NGOセクターで本領域にて経験を持ちます) ■場所:オンライン ・Zoomリンク: htt

    スキ
    1

    活動紹介

    私たちの活動を紹介します。

    すべて見る

    第10回ス茶会(SCHR会)を開催しました。今回のテーマは「気候変動と人権、COP26を振り返る」

    #SCHR会 #ス茶会 #ビジネスと人権 #オンライン #朝活 #開催報告 #気候変動 #人権 #COP26 ■日時:2021年11月25日(木)午前8:15−8:45(日本時間) ■テーマ:「気候変動と人権、COP26を振り返る」 ■スピーカー:SCHR共同創設者 佐藤暁子、鈴木真代、土井陽子 「ス茶会」とは、お茶会のような場で気軽な雰囲気で「ビジネスと人権」についてわかりやすく語っていこう!という主旨ではじめた活動で、いわば、オンライン朝活カフェです。 今回も早

    【2021年 12月23日(木)8:15-8:45】第11回ス茶会(SCHR会)を開催します。今回のテーマは「2021年の ビジネスと人権分野の動向を総括!」

    #SCHR会 #ス茶会 #ビジネスと人権 #オンライン #朝活 お茶会のような“SCHR会(ス茶会)”と題して、朝活カフェを開催しています。今回が第11回目です! ■日時:2021年12月23日(木)午前8:15−8:45(日本時間) ■テーマ:「2021年の ビジネスと人権分野の動向を総括!」 ■スピーカー:SCHR共同創設者 佐藤暁子、鈴木真代、土井陽子(それぞれが法曹界・民間・NGOセクターで本領域にて経験を持ちます) ■場所:オンライン ・Zoomリンク: htt

    スキ
    1

    【2021年 11月25日(木)8:15-8:45】第10回ス茶会(SCHR会)を開催します。今回のテーマは「気候変動と人権、COP26を振り返る」

    #SCHR会 #ス茶会 #ビジネスと人権 #オンライン #朝活 #気候変動 #COP #COP26 お茶会のような“SCHR会(ス茶会)”と題して、朝活カフェを開催しています。今回が第10回目です! ■日時:2021年11月25日(木)午前8:15−8:45(日本時間) ■テーマ:「気候変動と人権、COP26を振り返る」 ■スピーカー:SCHR共同創設者 佐藤暁子、鈴木真代、土井陽子(それぞれが法曹界・民間・NGOセクターで本領域にて経験を持ちます) ■場所:オンライン

    スキ
    1

    第9回ス茶会(SCHR会)を開催しました。今回のテーマは「ビジネスと人権に関する指導原則10周年、SCHR1周年を迎えて」

    #SCHR会 #ス茶会 #ビジネスと人権 #オンライン #朝活  #開催報告 ■日時:2021年7月29日(木)午前8:15−8:45(日本時間) ■テーマ:「ビジネスと人権に関する指導原則10周年、SCHR1周年を迎えて」 ■スピーカー:SCHR共同創設者 佐藤暁子、鈴木真代、土井陽子 「ス茶会」とは、お茶会のような場で気軽な雰囲気で「ビジネスと人権」についてわかりやすく語っていこう!という主旨ではじめた活動で、いわば、オンライン朝活カフェです。 今回も早朝にもかかわ

    スキ
    10

    私たちのプロフィール

    すべて見る

    第9回ス茶会(SCHR会)を開催しました。今回のテーマは「ビジネスと人権に関する指導原則10周年、SCHR1周年を迎えて」

    #SCHR会 #ス茶会 #ビジネスと人権 #オンライン #朝活  #開催報告 ■日時:2021年7月29日(木)午前8:15−8:45(日本時間) ■テーマ:「ビジネスと人権に関する指導原則10周年、SCHR1周年を迎えて」 ■スピーカー:SCHR共同創設者 佐藤暁子、鈴木真代、土井陽子 「ス茶会」とは、お茶会のような場で気軽な雰囲気で「ビジネスと人権」についてわかりやすく語っていこう!という主旨ではじめた活動で、いわば、オンライン朝活カフェです。 今回も早朝にもかかわ

    スキ
    10

    私たちのプロフィール

    Social Connection for Human Rightsのnoteは、3人の共同創設者が書いています。それぞれのプロフィールを紹介します。 佐藤暁子(Akiko Sato)弁護士。カンボジアにて日本法講師として勤務後、札幌の法律事務所において. 幅広く一般民事・刑事事件を扱う。 2016年オランダ・ハーグのInternational Institute of Social Studiesにて開発学(人権専攻)の修士課程修了後、2017年

    スキ
    30

    カルチャー

    映画や音楽など様々なカルチャーを通じて、ビジネスと人権を考える題材を発信しています。

    すべて見る

    第8回ス茶会(SCHR会)を開催しました。今回のテーマは「パブリックスペースから考えるコモンズ〜映画『パブリック 図書館の奇跡』をお題に〜」

    #朝活カフェ #開催報告 #ビジネスと人権 ■日時:2021年7月1日(木)午前8:15−8:45(日本時間) ■テーマ:「パブリックスペースから考えるコモンズ〜映画『パブリック 図書館の奇跡』をお題に〜」 ■スピーカー:SCHR共同創設者 佐藤暁子、鈴木真代、土井陽子 ■参照:note記事 「公共」は誰のもの?~映画『パブリック 図書館の奇跡』から考える https://note.com/schr/n/nf30b144feb68 「ス茶会」とは、お茶会のような場で気軽な

    デジタルと人権①〜通信大手モビスター社のサイバーいじめ防止キャンペーン〜

    [デジタルと人権/サイバーいじめ/企業の好事例] コロナ禍で対面よりもオンラインでのコミュニケーションがますます増加する中、子どもたちがサイバーいじめ被害に遭うリスクが高まっています。本記事では、スペインの通信会社モビスター社が、2017年から実施しているデジタルにまつわる人権問題を防止するために行っているキャンペーンを紹介します。 サイバーいじめに対する通信会社としての社会的責任モビスター社は、中南米やスペインなど17カ国で幅広く通信事業を展開するグローバルな企業です。

    スキ
    5

    「公共」は誰のもの?~映画『パブリック 図書館の奇跡』から考える

    [カルチャー]#映画 #パブリック図書館の奇跡 #ThePublic #公共 #図書館 #民主主義 #人権 #組織と個人 皆さんは地域の図書館をどれくらい利用していますか。どのような人たちが図書館を利用しているのかご存じですか。図書の貸し出し以外に図書館が提供しているサービスを知っていますか。公共施設としての図書館の役割を考えたことがありますか。 わたしにとって図書館はもっとも身近な公共施設で、週に何度も足を運びます。緊急事態宣言で閉館していた図書館が再開されて気づいたの

    スキ
    3

    最新ニュース

    ビジネスと人権に関する最新のニュースの解説です。

    すべて見る

    デジタルと人権②〜デジタル・ジェンダー・バイオレンスに対して企業ができること〜

     #デジタルと人権  #ジェンダー平等 #性暴力  #女性の権利 #ビジネスと人権 COVID-19の流行により、デジタル空間での交流が盛んになる中、女児や女性がデジタル・ジェンダー・バイオレンスに晒されるリスクが高まっています。このような新しいテクノロジーの発展とともに発生する人権侵害に関して、企業がどのように取り組むべきなのか考えてみたいと思います。 デジタル・ジェンダー・バイオレンスとは?情報通信技術(ICT)を介して、オンライン環境で行われるジェンダー暴力のことを

    スキ
    5

    SDGsと先住民族の権利④〜先進国カナダ政府に対する飲料水をめぐる訴訟〜

    [最新ニュース]#先住民族 #カナダ #訴訟 #SDGs #水へのアクセス カナダには、約630の先住民族コミュニティが存在します。そのうち、数十年以上もの間、清潔な水へアクセスできない先住民族が存在します。そこで、先住民族のリーダーたちは連邦政府に対し、政府が水処理インフラ建設を怠り、清潔な水の提供を怠ったことが原因で低水準の生活を強いられたとして、21億カナダドルの損害賠償を求める集団訴訟を起こしました。 先住民族の水へのアクセスという問題に焦点を当て、本記事を解説し

    スキ
    11

    ミャンマーにおける現状での人権リスクと企業に求められる行動とは?〜紛争地域におけるビジネスと人権①〜

    #紛争地域 #人権DD #ステークホルダーエンゲージメント #ミャンマー クーデター概要2月1日にミャンマー国軍(※)が、昨年11月に実施された総選挙に不正があると主張した起こしたクーデターから間もなく3ヶ月が経とうとしています。 (出典:認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ) この間のミャンマー国軍によるCDM(市民不服従運動)を実施する一般市民に対する以上の殺傷行為の数々については皆さんも報道でご存知の通りです。現地の人権団体によれば4月11日の時点での死者数は70

    スキ
    5

    持続可能な開発のための世界経済人会議(wbcsd)、世界をリードする会員企業のCEOに「ビジネスと人権」へのコミットメントを求めるように

    [最新ニュース]#wbcsd #CEO #人権 #サステナビリティ World Business Council for Sustainable Development(wbcsd; 持続可能な開発のための世界経済人会議)は、持続可能な開発を目指す企業約200社のCEO連合体で、世界70ヵ国に地域拠点があります。日本では経団連がパートナーとして機能しており、2020年10月には会員規約を改定し、会員企業に「ビジネスと人権」に対するコミットメントを求めるするようになりました。

    スキ
    3