株式会社Schoo(スクー)【公式】

株式会社Schooは「世の中から卒業をなくす」をミッションに、インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を進めています。主な事業は社会人向けオンライン学習サービス、法人向けオンライン研修、大学のDX支援、地方創生。→http://corp.schoo.jp/

株式会社Schoo(スクー)【公式】

株式会社Schooは「世の中から卒業をなくす」をミッションに、インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を進めています。主な事業は社会人向けオンライン学習サービス、法人向けオンライン研修、大学のDX支援、地方創生。→http://corp.schoo.jp/

マガジン

  • 「人生100年時代」の学び

    Schooが取り組む最重要社会課題は「社会人の学び直し」(含む、リスキリング、リカレント教育)です。VUCAの時代、単線型の人生設計は難しくなっています。だからこそ、学び直しや学び続けることが、個人にとっても社会にとっても必要になると考えています。

  • 個性の「るつぼ」!Schooメンバー紹介

    社会課題や学び課題の当事者意識が高いSchooのメンバー。様々なバックグラウンド・考え方を持ち、それぞれの「人生の大義」を掲げる彼らがなぜSchooに集ったのか、その背景を語ります。

  • Schooが描く社会変革の道筋

    Schooは「学習・教育機会の格差」に対し、遠隔教育システムを活用して地方の課題に取り組み、地方創生を推進しています。http://corp.schoo.jp/2021/11/02_press/

  • 組織に「学び合い」の文化を根付かせるコツ

    「社員が全然学ばなくて…」という悩みは多くの企業に共通しています。一人ひとりが会社貢献と自身の未来のために、自発的に学ぶ文化を作るTipsを紹介します。法人向けオンライン研修プラン『Schoo for Business』の活用事例も公開しています。

  • 大学から始まる「学び」の変革

    Schooは高等教育機関(大学・専門学校・社会人教育事業者)向けのDX支援を行っています。https://schoo.jp/dx

    • 「人生100年時代」の学び

      Schooが取り組む最重要社会課題は「社会人の学び直し」(含む、リスキリング、リカレント教育)です。VUCAの時代、単線型の人生設計は難しくなっています。だからこそ、学び直しや学び続けることが、個人にとっても社会にとっても必要になると考えています。

    • 個性の「るつぼ」!Schooメンバー紹介

      社会課題や学び課題の当事者意識が高いSchooのメンバー。様々なバックグラウンド・考え方を持ち、それぞれの「人生の大義」を掲げる彼らがなぜSchooに集ったのか、その背景を語ります。

    • Schooが描く社会変革の道筋

      Schooは「学習・教育機会の格差」に対し、遠隔教育システムを活用して地方の課題に取り組み、地方創生を推進しています。http://corp.schoo.jp/2021/11/02_press/

    • 組織に「学び合い」の文化を根付かせるコツ

      「社員が全然学ばなくて…」という悩みは多くの企業に共通しています。一人ひとりが会社貢献と自身の未来のために、自発的に学ぶ文化を作るTipsを紹介します。法人向けオンライン研修プラン『Schoo for Business』の活用事例も公開しています。

    • 大学から始まる「学び」の変革

      Schooは高等教育機関(大学・専門学校・社会人教育事業者)向けのDX支援を行っています。https://schoo.jp/dx

    • すべてのマガジンを表示

最近の記事

固定された記事

2022年、社会人の学びに本気の波がやってきた。オンライン学習でSchooが起こす社会変革を話そう

「世の中から卒業をなくす」ことをミッションに掲げ、オンライン学習の可能性と、そして必要性を追求してきた「Schoo(スクー)」の創業から10年(設立:2011年10月3日)。「社会人の学び」にとうとう本格的な変化の大波が到来しています。 Schooが「大人たちがずっと学び続けられる生放送コミュニティ」を提供してきたその根底には、日本の学びのあり方、ひいては社会のあり方を変えなければ、停滞する日本社会の未来を変えることはできない、という強い危機感があります。 では、そのため

スキ
91
    • パラレルキャリア実現の鍵は「越境学習」。いつものコミュニティの外に一歩踏み出す勇気を。【Schoo本園先生インタビュー】

      「Schoo」でグラレコ基礎やグラレコによるキャリアコーチングの授業を担当されている本園大介先生。 講師としての顔の他にも、ファシリテーター、プレゼンテーター、漫画家など、様々な顔を持ち、現在はグラレコのポテンシャルを活かしたキャリアコーチングや、副業・パラレルキャリアといった新しい働き方を広める活動をメインにしておられます。 そんな本園先生に、学びに目覚めたきっかけや、学びを通したキャリアの切り拓き方のコツを聞きました。 社員登用試験にまさかの不合格。会社に依存しない

      スキ
      16
      • 人々のポテンシャルを拓く刺激を生みたい。夢は地方と世界を繋ぐコミュニティの実現。|池之上 清美

        生まれ育った鹿児島県を愛しながら、一方で外の世界への憧れも持っていたという池之上さん。高校進学によって地元を離れて以降、自分の世界をどんどん広げていきました。 様々な刺激を受けて視野を広げた後に、改めて日本や地元の人々を見つめ直した時、「このままではいけない」という気持ちが強まったそうです。 彼女の「日本の社会課題を解決したい」というブレない強い気持ちはどこから湧いてくるのか。また、現在携わっているスクーの高等教育機関DX事業にどんな可能性を感じているか、聞きました。

        スキ
        17
        • 「学び」は変化の時代の生存戦略。そして、人生を豊かにするサプリメント。【Schooユーザーインタビュー】

          「この勉強、将来何の役に立つんだろう?そもそもどうして勉強しないといけないんだろう?」 学生時代、一度でもこのように感じたことがある人は多いと思います。またこの問いに対する自分なりの答えを持てるかどうかは、勉強のモチベーションを大きく左右したことでしょう。 昨今「リカレント」「リスキリング」といった言葉が新聞・ニュースに頻繁に登場しています。DXの加速によってビジネスのあり方や求められるスキルが変化したことを背景として、大人の「学び直し」の重要性が高まっています。 学歴よ

          スキ
          27
          • パラレルキャリア実現の鍵は「越境学習」。いつものコミュニティの外に一歩踏み出す勇気を。【Schoo本園先生インタビュー】

            スキ
            16
            • 人々のポテンシャルを拓く刺激を生みたい。夢は地方と世界を繋ぐコミュニティの実現。|池之上 清美

              スキ
              17
              • 「学び」は変化の時代の生存戦略。そして、人生を豊かにするサプリメント。【Schooユーザーインタビュー】

                スキ
                27

              マガジン

              すべて見る
              • 「人生100年時代」の学び

                • 9本

                Schooが取り組む最重要社会課題は「社会人の学び直し」(含む、リスキリング、リカレント教育)です。VUCAの時代、単線型の人生設計は難しくなっています。だからこそ、学び直しや学び続けることが、個人にとっても社会にとっても必要になると考えています。

              • 個性の「るつぼ」!Schooメンバー紹介

                • 3本

                社会課題や学び課題の当事者意識が高いSchooのメンバー。様々なバックグラウンド・考え方を持ち、それぞれの「人生の大義」を掲げる彼らがなぜSchooに集ったのか、その背景を語ります。

              • Schooが描く社会変革の道筋

                • 9本

                Schooは「学習・教育機会の格差」に対し、遠隔教育システムを活用して地方の課題に取り組み、地方創生を推進しています。http://corp.schoo.jp/2021/11/02_press/

              • 組織に「学び合い」の文化を根付かせるコツ

                • 25本

                「社員が全然学ばなくて…」という悩みは多くの企業に共通しています。一人ひとりが会社貢献と自身の未来のために、自発的に学ぶ文化を作るTipsを紹介します。法人向けオンライン研修プラン『Schoo for Business』の活用事例も公開しています。

              • 大学から始まる「学び」の変革

                • 9本

                Schooは高等教育機関(大学・専門学校・社会人教育事業者)向けのDX支援を行っています。https://schoo.jp/dx

              • なにまな(中小企業庁とのタイアップ授業)

                • 8本

                なにまなは、学び続けることで自分らしい生き方を切り開く20人に、 スクーアナウンサー中田有香と受講生が直接聞いていく30分の生放送番組です。 https://schoo.jp/news/2018/2018-08-20?ref=note

              • 「人生100年時代」の学び

                • 9本

                Schooが取り組む最重要社会課題は「社会人の学び直し」(含む、リスキリング、リカレント教育)です。VUCAの時代、単線型の人生設計は難しくなっています。だからこそ、学び直しや学び続けることが、個人にとっても社会にとっても必要になると考えています。

              • 個性の「るつぼ」!Schooメンバー紹介

                • 3本

                社会課題や学び課題の当事者意識が高いSchooのメンバー。様々なバックグラウンド・考え方を持ち、それぞれの「人生の大義」を掲げる彼らがなぜSchooに集ったのか、その背景を語ります。

              • Schooが描く社会変革の道筋

                • 9本

                Schooは「学習・教育機会の格差」に対し、遠隔教育システムを活用して地方の課題に取り組み、地方創生を推進しています。http://corp.schoo.jp/2021/11/02_press/

              • 組織に「学び合い」の文化を根付かせるコツ

                • 25本

                「社員が全然学ばなくて…」という悩みは多くの企業に共通しています。一人ひとりが会社貢献と自身の未来のために、自発的に学ぶ文化を作るTipsを紹介します。法人向けオンライン研修プラン『Schoo for Business』の活用事例も公開しています。

              • 大学から始まる「学び」の変革

                • 9本

                Schooは高等教育機関(大学・専門学校・社会人教育事業者)向けのDX支援を行っています。https://schoo.jp/dx

              • なにまな(中小企業庁とのタイアップ授業)

                • 8本

                なにまなは、学び続けることで自分らしい生き方を切り開く20人に、 スクーアナウンサー中田有香と受講生が直接聞いていく30分の生放送番組です。 https://schoo.jp/news/2018/2018-08-20?ref=note

              記事

              すべて見る
                • 全てのビジネスパーソンはデザイナーになる。なぜ今「デザイン力」なのか?

                  ビジネスの現場でも、デザインの重要性が注目される昨今。デザインツールの進化やデザイン思考の普及により、あらゆる職種の人がデザインに関わる場面が増えつつあります。 いわば、「全ての職業にデザイン力」が求められていると言っても過言ではありません。「デザインを学びたい」と考える人も多いのではないでしょうか。 そこで、プログラミングスキルとデザイン思考を備えたUI/UXデザイナーであるSchooデザインユニット部門長の井上誠さんに「なぜ今、デザインが重要なのか」について、聞きまし

                  スキ
                  10
                  • 学び続けることを当たり前にして、アートの「入り口」に立つ人を増やしたい。|竹下 想

                    Schooでデザイナーとして活躍する一方で、美術家として作品作りやギャラリー経営も精力的に行っている竹下さん。元々は建築デザインを学んでいましたが、東日本大震災で被災した時の体験がきっかけで、コミュニティデザインや美術活動を始めたそうです。 「不確実性の高い現代社会で、ビジネスや政治の側からは規定できない別の価値観や視野を獲得できるのがアートの力。アートを通して、様々な課題に対する新しい出口を想像する人を増やしたい」と語る竹下さん。 美術家として活動しながらSchooでデ

                    スキ
                    35
                    • 今、大学に求められる改革とは?教育未来創造会議の第一次提言の要点まとめ

                      地方大学と企業の連携や理工系女子学生の育成強化など、大学にまつわる新しい動きについて、ニュース等で見かける機会が増えてきました。 今後も各大学でこうした新しい取り組みは進んでいくと思われますが、日本全体の大きな流れを理解するために、5月10日に政府から発表された「我が国の未来をけん引する大学等と社会の在り方について(第一次提言)」を読み解いてみたいと思います。 教育未来創造会議では何が議論されているのか?教育未来創造会議とは 教育未来創造会議とは、大学等の高等教育機関と

                      スキ
                      13
                      • キャリアと人生のオーナーシップを握るための学びと、「自分らしさ×市場ニーズ」の方程式

                        世界的なコロナ禍にウクライナ戦争の勃発など、先行きが極めて不透明な現代が続きます。 コロナ禍によって急加速したDX(デジタルトランスフォーメーション)、それに伴う市場構造の変化、資本主義から公益重視への転換など、世界の激変に伴ってビジネスパーソンに求められるスキルも変化し、大人の学び直しは必須となっています。 激しい変化の時代の中で100年近い生涯を過ごす私たちは、自分らしく働いて生きていくために、何を意識し、何を学ぶべきなのか。 CCO(Chief Content O

                        スキ
                        22
                        • すべての人が、学びによって自分の可能性に気づける世界にしたい。|三浦友理

                          「子どもの教育に携わりたい」と思いながら、なかなか希望する仕事ができずに悩んでいた三浦さん。自らの本気を試すつもりで挑戦した保育士資格の勉強を通して、初めて「学び」そのものの楽しさと重要性に気づいたそうです。 「学ぶことと生きがいがリンクした」と語る背景にはどんな経験があったのか。また、子どもではなく大人の学びを支援するSchooに入社を決めたのはなぜか、聞きました。 子どもが学ぶ時のキラキラした眼差しに魅せられ、教育業界を志望高校を卒業して特にやりたいことが決まっていなか

                          スキ
                          61
                          • 改めまして、「インターネット学習で人類を変革する」会社です。私たちの「次の10年」の挑戦について、決意表明をします。

                            今日は皆さんにお伝えしたいことがあり、記事を書いています。 このnoteを読んでくださっている方の多くは、これまでにSchooと何かしらの接点があったのではと思います。 (この記事が初めましてという方は、ぜひこれからよろしくお願いいたします!) 普段お仕事をしていてこうした反応をいただくと、とても嬉しいです。 それなのに、タイトルでいきなり「インターネット学習で人類を変革する」会社を名乗ったことに驚かれた方も多いかもしれません。 今日はぜひ、「世の中から卒業をなくした

                            スキ
                            17
                            • 学生・教員・大学運営の「三方よし」を実現したい。「Schoo Swing」設計者が志す「ユーザーファースト」と、根底にある独自の哲学

                              文部科学省は、2040年に向けた大学・高等教育改革の実現すべき方向性として、「学修者本位の教育」への転換を掲げました。 テクノロジーの急速な進化やグローバル化の進展などによって先の予測が困難なVUCA時代、学生たちは自律的なキャリア形成のために、明確な目標を持って主体的・継続的に学修に取り組むことが必要です。そして大学をはじめとする高等教育機関には、学修者が「何を学び、身に付けることができるのか」を明確にし、学修の成果を実感できる教育を行うことが求められています。 学修成

                              スキ
                              11
                              • 日本企業に学び合いの文化を。人材育成に特化したCLOの目指す自発的学習組織づくり

                                2022年4月1日、SchooはCLO(チーフ・ラーニング・オフィサー:最高人材育成・組織開発責任者)として古瀬康介の就任(現COOと兼務)を発表しました。 日本企業では例の少ないCLOとは何か。どんな役割を担い、Schoo社内、そして社会全体にどんな発信を続けていきたいのか。組織における学びの重要性を、古瀬に聞きました。 「学び続ける」ことが変化の時代における生存戦略となる――社会人の学び直しの重要性は、昨今ますます注目されています。そもそも、なぜ学びが必要なのでしょう

                                スキ
                                43
                                • 多くの明治維新志士を生んだ長州藩の「起業家マインド」を強みに。山口のアセット×デジタル×コミュニティーの力で地元産業の創出を目指す「Schoo in Yamaguchi」の実践

                                  地方における人口減少は、日本の社会課題の一つです。その要因として、地方産業の衰退による雇用機会の減少や、都市との学習機会格差による若年層の流出などが挙げられます。スクーでは「世の中から卒業をなくす」というミッションを掲げ、2015年から学びを起点にした地方創生に取り組んできました。 代表的な事例として、2017年より鹿児島県奄美市で、都市との学習機会の格差の解消を目的に、オンライン学習サービス「Schoo」を市民向けに提供してきました。2021年5月からは奄美大島全5市町村

                                  スキ
                                  11
                                  • 変化の時代の生存戦略は学び続けること、私が越境転職を決めた理由。

                                    本日、スクーの新CCO(チーフ・コンテンツ・オフィサー)に、滝川麻衣子が就任したことを発表しました。 記者・編集者として長年キャリアを歩んできた彼女が、なぜいま、スクーに異業種×異職種の越境転職をしてきたのか。ジャーナリズムの視点から、いまの時代や社会をどう見ているのか。社会人の学び直しやリスキリングのトレンドに何を期待しているのか。 新たにCCOに就任した滝川麻衣子に聞きました。 日本型雇用とグローバリゼーションの行き詰まり ——いまの時代をどう見ていますか? 社会

                                    スキ
                                    73
                                    • デジタル社会への大転換、Schooが提案するいま学ぶべき5つのカテゴリ

                                      「Schoo」のサービスに、新コンセプトが登場したことをご存知でしょうか。 「ビジネス基礎力」「デジタルリテラシー」「AI時代の人間力」「リベラルアーツ」「デザイン力」という5つの大きな授業領域を定義し、新しい学びのコンテンツづくりを始めています。 これまで提供している多くの授業も、5つの領域に統合していきます。新領域を掲げたコンセプトは「時代にリンクした学び」です。 これについてご説明する前に、コロナ禍を機に社会のルールや秩序が大きく変わり、世界情勢も不透明ないま、な

                                      スキ
                                      34
                                      • 「学修者本位の学び」を当たり前に。 大学・高等教育機関DXプラットフォーム「Schoo Swing」が実現する、3つの新しい授業体験をご紹介

                                        新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの大学が短期間に急速なオンライン化を進めました。現在では、対面授業とオンライン授業を併用するハイブリッド型教育のあり方を検討する大学が増えています。その過程で教育現場からは、「ツール・データの運用・管理が複雑化している」「慣れない授業フローに、教員の負担が大きい」「授業の質の担保・向上が難しい」などの悩みが聞かれました。 この課題を解決すべく、Schooがこれまでの大学DX支援のノウハウを結集して開発したのが「Schoo Swing

                                        スキ
                                        17