見出し画像

話題の菌活。汗と美肌の驚きの関連性。

こんにちわ。
スケルスキンという美容ブランドの広報を担当していますぱっちょです。

前回と引き続き、菌活をテーマにお話します。
今日のテーマは、菌活に効く運動編

画像1

一見、菌活と運動と聞くと、その関係性は無縁そうに聞こえますが、実は大きく関係しています。

美肌菌の大好物は、汗と皮脂。

え!汗なんて肌荒れの原因でしょ?皮脂なんてごっそり落としてやりたい!なんて思いますよね。

美肌菌である表皮ブドウ球菌は、汗や皮脂をエサにしています。つまり美肌菌のエサを用意するためにも、適度な運動は欠かせないということ。
運動習慣は肌の新陳代謝を促し、汗だけでなく皮脂も分泌して、美肌菌にとって住み心地の良い肌環境をつくりあげます。

つまり、美肌を保つ肌環境をつくるには運動=軽い汗や皮脂がポイント。とはいえ、汗や皮脂を残すだけでは、肌トラブルの元になってしまいます。というわけで、今回のテーマ、効果的な菌活を行う運動方法について、調べてみました。

美肌菌を作るナイトルーティン

肌と睡眠が深い関係にあるのは、みなさんもご存知だと思いますが、睡眠の質を上げることだけが、美肌への近道だと思っていませんか。実はここに、菌活を加えることが、ポイントです。さっそくシミュレーション!

①日中にかいた汗や皮脂は、まずちゃんと落として、今日をリセット。
少しだけ暖かくなった日中に思わずかいた汗や仕事のミスでかいた日汗、まずはきれいに落として、今日の汗たちにお疲れ様!
丁寧なクレンジングは、肌の土台作りにはとても大切なポイントです。

画像4

②きちんと保湿。たっぷり給水。
お風呂から出たらとにかくすぐに全身のお肌と体内に思う存分水分補給と徹底保湿でうるおいを身体中に取り込みます。
特に季節の変わり目で変化のしやすい肌にはブースター、オイル、トナー、クリームを重ね塗りし、乾燥をしない肌作りを。

画像5

③ここが、ポイント!軽く汗ばむ程度の運動で美肌菌のエサを作ろう。
今回のテーマでもある軽い汗をかく運動を寝る前に行います。ヨガやストレッチ程度でかく汗がベスト。眠る前なので、激しい運動は避けましょうね。

画像3

④アロマを活用して質の良い睡眠を
よい睡眠を誘導するといわれているラベンダーが特におすすめ。デュフューザーや枕もとに軽く垂らすし、香りを感じながらおやすみなさい。もちろん好きな香りを選ぶことも◎アロマは自分の精神状態を表すものなので、気持ちのまま選択しましょう。よい睡眠時間を過ごしてください。

画像6

ほんの少しの運動が美肌につながるならば、睡魔にも負けず頑張れるかも!おうち時間が増えている昨今だからこそ、運動不足になりがちな毎日を楽しく解消していきたいですね。一緒に頑張りましょう!

Instagram:
https://www.instagram.com/scerscin/
Twitter:
https://twitter.com/scerscin
公式サイト:
https://scerscin-ms.jp/7slqqya1dp20191105t

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12
スケルスキンという美容ブランドの広報を担当しながら、色々な企業のPRコンサルティングを担当しています。趣味でもある美容について、日々勉強中。気になるテーマを切り口に美容法を語っています。他にも食事にはこだわりを持ち、料理のレシピは100以上所持しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。