以外
見出し画像

以外

よく取材に行くスタジアムの記者席にある貼り紙。

長机がいくつかに仕切られていて、ソーシャルディスタンスを取って一席置きにこの貼り紙がある。ここ2年間の措置だ。

なんの不思議もないと思われそうだが、これが実情に合わない気がしている。

記者はこの張り紙のあるところに座るのだが、通常はパソコンなどを置く。少なくともノートぐらいは出してメモを取る。そうするとこの貼り紙の大部分は見えなくなる。この表示の下の部分は、誰に向けて書かれたものかを考えれば、その意味がなくなるのだ。

そして席が埋まり始めてから来た記者は、すぐにはその表示が見えないから、空いていると思って「ディスタンス席」(そんな名前ではないが)に座ってしまうことがある。僕はそれを見たら「そこは、座れないですよ」と注意する。万が一にもレッズ関連でコロナ感染を出したくないから。でも、ほかの記者はあまり指摘しない。「風紀委員」みたいで嫌なのだろう。

わかりやすく、ディスタンス席に❌マークを貼った方がいいと思うんだが、どうだろう。

「〜以外は〜できません」という表示は一つ遠回りするようでわかりにくいこともある。昔、イベントをやっているとき、貼り紙に「部外者以外立ち入り禁止」と書いてしまったのを思い出す。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1957年、石川県加賀市生まれ。1981年、埼玉新聞社に入り浦和の住人に。1992年から、浦和レッズオフィシャルマッチデープログラム(MDP)の編集を担当。2005年に退職し、フリーでMDPの編集を請け負っている。清風庵(http://saywhoand.jp/)庵主。