安居海渡選手

宮本優太くんと共にに来季の楽しみが増えた。ここ数年の新人スカウティング活動には敬意を表したい。

流経大色が強くなる? レッズの「R」は流経大の「R」と言われても、別に問題ないでしょ。

ユースからの昇格選手を含めた高卒新人も大卒新人も、きちんと出場経験を積ませて人間的にも一人前のプロサッカー選手として育てる。それがプロサッカークラブとしての、出身校や保護者、そしてファン・サポーターに対する責務。頼むよ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
1957年、石川県加賀市生まれ。1981年、埼玉新聞社に入り浦和の住人に。1992年から、浦和レッズオフィシャルマッチデープログラム(MDP)の編集を担当。2005年に退職し、フリーでMDPの編集を請け負っている。清風庵(http://saywhoand.jp/)庵主。