TEAM Collable notes!!

68
記事

映画「ちづる」から学ぶ、家族を伝えることへの葛藤

こんにちは、NPO法人Collableのインターンの湯浅(まいこす)です。

2/8にNPO法人Collable主催で「ドキュメンタリー映画『ちづる』上映会&トークイベント 障害者ときょうだいの多様な関係性、そして、家族を語ることについて」のイベントを行いました。本イベントは、ありがたいことに満席となり、当日はとても多くの方にご来場いただきました。

また、このイベントは共催として明治学院大学教養

もっとみる
すき!!!
2

公平を目指せば、理解も受容もいらなくなるかもしれない

*この記事は連続インタビューの第4回です。

みんなちがってみんないい、んだっけ?
第1回 「障害があるから」で生まれる歪な関係
第2回 障害受容とコミュニケーション
第3回 技術の進歩と「障害」の変化
第4回 公平を目指せば、理解も受容もいらなくなるかもしれない

第1回、第2回は関係性とコミュニケーションについて、第3回は「障害が障害じゃなくなる」という未来について考えてみました。

もっとみる
ぜひ団体メンバーのnoteもみてください♡
1

技術の進歩と「障害」の変化

*この記事は連続インタビューの第3回です。

みんなちがってみんないい、んだっけ?
第1回  「障害があるから」で生まれる歪な関係
第2回  障害受容のコミュニケーション
第3回  技術の進歩と「障害」の変化
第4回  公平を目指せば、理解も受容もいらなくなるかもしれない

第1回では「障害がある」という事実ではなく、そこに紐づく意識がコミュニケーションの阻害になるということ、第2回では障害受容に

もっとみる
すき!!!
8

障害が理由なのか、それ以外の理由なのか

*この記事はNPO法人Collableのゲストインタビューの第2回です。

みんなちがってみんないい、んだっけ?
第1回  「障害があるから」で生まれる歪な関係
第2回  障害受容とコミュニケーション
第3回  技術の進歩と「障害」の変化
第4回  公平を目指せば、理解も受容もいらなくなるかもしれない

前回は障害があることで、歪な関係性が生まれるということがテーマになっていました。

障害がある

もっとみる
ありがとうございます◎
7

つながりをうみだすために、「異なる文化のあいだに立つ」

登壇させていただいた対談イベントの内容が、本になりました!👏

(ぜひ買ってください。※私には印税入ってこないけど!)

これは私だけでなくて、大阪大学COデザインセンターが主催するイベントでの対談集で、かつ、第2弾となる書籍です。

第一弾となるものはこちら(下記)から。

ちらみせ。

この対談では、インクルーシブデザインなどに取り組む背景としてある「障害がある人」と「障害がない人」との間を

もっとみる
コメント欄に感想も寄せてくださったら嬉しいです💬
9

「障害があるから」で生まれる歪な関係

「多様な社会がいいよね」
そういう言葉や表現を、ここ数年で触れる機会が多くなりました。

「一人一人に合わせた生き方がいい」
でも、それを実現するのは決して楽ではありません。
赤字ばかりでは会社は潰れてしまうし、誰かの自由が他の誰かの負担になっているかもしれません。

今回は「障害当事者と社会が、お互いにどうコミュニケーションを取るのか」ということに焦点を当てて考えてみます。

実際に障害者福祉分

もっとみる
すき!!!
2

「優先席に座っていい人」を判断する人は誰??

NPO法人Colableで2月8日に映画「ちづる」の上映会とゲストトークのイベントを行ないました。これは、障害のある人とそのきょうだい、家族のことに関する映画です。障害のある兄弟をもつゲストに来ていただき、家族のあり方について考える、というイベントでした。

場所は明福寺という、白金高輪駅にあるお寺で上映会させていただきました。今回は、その上映会で会場案内していた私に起こったある出来事についてお話

もっとみる
🦀🦀🦀🦀🦀
7

この時期だからこそイベントをやる!と決めた人たち向けの、対策について共有したい

2月24日に、ピノキオプロジェクトのスピンアウト企画「ピノキオ防災」を開催しました。

ピノキオプロジェクトとは、つくばエクスプレス沿線の柏の葉キャンパス駅周辺を舞台に、2007年から開催されている、地域の子ども達が主役となって活動する参加型のプログラムのことで、柏の葉キャンパス周辺のみなさんと一緒に企画・運営しています。

ピノキオプロジェクトについては、かつて東大とミサワホームさんとの共同研究

もっとみる
また書く勇気をいただきました🌹
9

イベント前夜の、静かな高揚感 #日々ぷち記録

柏の葉キャンパスエリアで毎年秋に開催されるピノキオプロジェクト。

今年は10月に開催予定だったのですが、台風19号直撃ということで、13年にして初めての中止となりました。

すごい素敵なポスターだったんだけどね。

テーマが「防災」だっただけに、企画準備が別の形で生かされたといいますか…

それから2月。

従来の規模にはなりませんが、「ピノキオ防災」というミニイベントにして開催することになりま

もっとみる
また書く勇気をいただきました🌹
9

マンホールで生きる社会の、絶望と希望

昨夜、ドキュメンタリーフェスティバルで上映されていた、「ボルトとダシャ マンホールチルドレン20年の軌跡」という、NHKで2019年に放映されたドキュメンタリーを観に行ってきました。

2019年にモンゴルに行く機会があり、まだまだ経済発展を続けていく途上国でもあり、一方でソ連崩壊の影響を受け、遊牧民文化という独特な文化が融合された、不思議なバランスの国だなと感じました。

個人的にはこの不思議な

もっとみる
🐼🐼🐼🐼🐼
6