新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

人生で手に入れられるものは、この両手分しかない

「倒産したらしい。」

今まで「倒産」というワードは驚き、衝撃を含む言葉であったが、このご時世、悲しいことに少しの驚きと「あぁ」という妙に納得してしまう言葉に変化した気がする。

倒産でなくとも、給料やボーナスのカット、派遣切りなど、雇用される側のマイナスの影響も、「仕方ない」といったムードは高まっている。
そんな中でもバイトも変わらず行なっている学生の私にとってこのムードは、実感がなく家族内に会社をやっている人はいるが、幸いコロナの影響は受けていないようであった。

そんな呑気な私の元に、冒頭に触れたLINEが届いたのは、今日の午前のことであった。

私の母親の交際相手は以前noteに書いたこともあるが、フランス在住の日本人である。その彼の父親は、フランスのシャンゼリゼ通りに日本料理店を構えていた。彼自身も、数年前まではそのお店で働いていたが、自分が父親の後を継いで経営してくことは大変であるため、現在は他の仕事をしている。今でこそ、フランスの大統領が食事に来てくれるほどのお店になったが、アジア人がヨーロッパの一等地で日本料理店を営む事はきっと並大抵の努力ではないだろうし、様々な苦労があっただろうと想像できる。

フランスでは、コロナの影響でロックダウンが行われ、正当な理由がなければ、外出も禁止されていた。
この、外出制限は、フランス人の文化さえも変化させた。
夏の日差しが強いフランスでは、昼間には屋外を歩かず、日が沈んだ頃にカフェに集まってくるため、夜中まで町中のカフェは空いている。

                           (2019年 夏)

夏に限ったことではないが、このように夕方にテラス席に集まり、お酒を飲み交わし食事をとる文化さえも、外出制限の影響で無くなっていた。
道なりにたくさんの店があり、そのテラス席では大人から子供、朝から晩まで多くの人で溢れているのがフランスらしかったのに。

ロックダウンが解除されても、普段の食事で利用する機会の少ないレストランに、すぐに客足が戻るわけではなく、やはり経営状態が簡単に上向きになるわけではなかった。

「40年かけてここまでにしたものが、一瞬でなくなってしまった。」

彼の父親の言葉は、コロナウイルスの無残さを表すには十分で、その事態の辛さと悲しさが、手に取ってわかるようであった。
彼の父親とは1回連絡を取れたきり、音信不通になっているらしく、憔悴しきっているのだと思うが「絶望」の中にきっといるのだと思う。

絶望ー
私の人生において絶望を感じたことは、失恋である。
それまでの人生で、努力でどうにかなるものが多くて、努力で叶わないものは諦めても遜色ないくらいの気持ちであったと思う。
どんなにまっすぐに思っても、その結果がついてこないことは苦しい。
そして、積み重ねた時が無くなる時は悲しいくらいに一瞬である。  
苦しくて仕方ないけれど、どうにもできないから生きていくしかない。
こんなことを思い出しながら、あの言葉を聞いたときに、人生において手に入れられるものは、この両手にいっぱいにしか得ることはできないのだと、ふと感じた。
正しくは、持ち続けることができるのは、この両手でぎゅっと包み込める分だけなのだと思う。

どんなに掬い続けたい、多くのものを求めても、きっと手に入れることができても、持ち続けることはできない。すくい上げた何かを、落とさないために、無くさないようにぎゅっと包み込めば、落ちていくものがあるように、持ち続けることができるのは、すくったうちのほんの一部なのだと思う。

移り変わらない、変化しないものはない。
きっとそんな中で私たちはずっと長いこと生きていたはずなのに、それを忘れていたことを、この時代は教えてくれたのだろうか。

ー失ったことに意味がある。
そんな綺麗な言葉で、片付けられるものでも、片付けたくもない絶望の中で
私も彼もこうなった今に、まだ意味を見出すことはできない。
失ったものは、簡単に目に見えるが、この握られた手の中にあるものは、手を開いた時にしか見ることができない。
絶望の中に希望と幸せを見出せるほど、まだ私は大人ではないけれど、また何かを掬いあげたいと、この両手を開いた時に、見つけることができるのだろうか。

今は、このぎゅっと握りしめた手を見つめている。



















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
❤︎❤︎❤︎
10
「今度、本棚みせてよ」という口説き文句を言われてみたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。