見出し画像

大学受験の話。 part2

どうもこんにちは。夏休みがとうとうやってきました。ばんざーい。と言いたいところですが今年はあまり遊べなそうですね。

さて、今回は大学受験の話の続きです。とうとう浪人生となってしまった私の奮闘記を書きますのでぜひ最後まで瞬きをせずにお読み下さい。

現役の時の合格発表の次の日私は塾にチャーターと色々話に行ったのですが、その時もう明日から勉強再開しろと言われてしまいました。正直「えっ」て思いましたよね。もうはじめるの!?って。周りのみんなは受験が終わり遊び更けています。こんな中はじめるのかと。そして私に追い討ちをかけるように受験の開示が家に届いたのですが、中を開けたらびっくり仰天玉手箱。合格最低点より50点低かったのです。ワンチャン受かってないかなーなんて思ってた自分が馬鹿馬鹿しい。この点数を見たとき1年で間に合うのかとても不安になりました。そりゃあ不安になりますよ。今までは無我夢中で勉強していましたがいざ結果を示されるとねぇ。東大の壁の高さを改めて痛感しましたね。

とは言っても勉強するしかないので私はまた塾に缶詰めになります。よくこんな早くから頑張りましたよね。自分でもすごいと思います。そして、予備校での授業が始まることになります。私のクラスは東大、京大、東工大を目指す理系クラスでした。だいたい30人くらいいたのですが女子は私含め2人。寂しいですねぇ。私の高校は女子の方が全然多い高校だったのでギャップが…。小学生時代のサッカーを思い出しました。もう1人の女の子と仲良くなれば良いのですが私は極度の人見知りなのです。自分から話しかけることなんて出来ません。初めてまともに話したのは夏休みの直前くらいでしたね。そこからはちょこちょこ喋れるようにもなりました。

てな訳で、私はクラスには友達はいませんでした笑。女子とさえすぐに仲良くなれないのに男子となんて友達になんてなれません。人見知りってほんといいことないです。でも私には時間がなかった。クラスの中にはギリギリで東大に落ちたなんて人がいて私は自分が実力が全然足りないことを知っていました。私は現役時代以上に勉強の虫となります。喋る人がいなけりゃ勉強すればいい。ぼっちのことを良いように利用しました。まあ元々単独行動も平気(内心は誰かといたい)なので痛くも痒くもありませんでした。(んー。たまに痒かったかも)

この時の私はほんと凄かったです。予備校が開く7時半の前に門の前で待機して授業が始まるまで自習。昼休みはご飯を食べながら午前の授業の復習。そして授業が終わったら予備校が閉まる9時まで自習。そして家に着いてご飯を食べて英語のリスニングを聞きながらお風呂に入って、寝る前は英語や古典の音読。授業が4コマ(90×4=360分)ぐらいあっても6時間くらいは勉強してました。ほんと誰とも喋らずに勉強してたので異様な空気を発していたと自分でも思います。服を決めるのもめんどくさかったのでジャージで通う日々。髪の短い女の子がジャージで勉強してたらやっぱ怖いですよね。私だったら絶対友達になりたくありません笑。

春から夏にかけての模試はどれも B〜Dくらいだったと思います。確かに現役よりは伸びていましたが今年は絶対合格しないといけないので正直このままで大丈夫だろうかと不安でした。まだ東大に受かる想定が全く出来ませんでした。なんかノリでここまで来ちゃったなあという感じです。東大模試では上位者が掲載されるのですが、同じ予備校の人たちが載っていて苦しかったですね。私はまだまだ実力が足りませんでした。

そんなこんなで月日は流れていくわけですが、秋ごろにやっと勉強の成果が現れ始めます。河合塾主催の東大オープンでA判定を取ることができたのです。これはまじで嬉しかった。親とかの前では平然を装っていましたが死ぬほど嬉しかった。頑張ってきてよかったなあと心の底から思いました。やっと東大の姿が見えてきました。ついでに受けていた慶應オープンもかなり上位の方でこれもまた自信となりましたね。

そんなわけで冬となりました。私は秋の模試でA判定を取れたことにより自信をつけることができ心に余裕が生まれました。元々、自分に自信を持てないタイプだったので心に余裕が生まれたことはプラスに働きました。東大はセンターの配点が小さいのでセンター対策をそこまでしない人もいるのですが私は心配性だったので思っていた以上に力を入れてしまいました笑。まあでも結果、センターはまずまずの点数を取れたのでこれも心に余裕を生むことができよかったと思います。結論大事なのは自信を持つことですね。試験中いかに落ち着いていられるかが鍵となります。

なんかここまで書いたら疲れてしましました笑。二次試験のことはまた後で書かせてもらいます。とりあえず今はコンスタントに投稿することを目標に頑張りたいと思います。ではまたお会いしましょう。

#8

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
都内の大学に通う女子大生。サッカーやってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。