2020年Jリーグ戦力分析・大分トリニータ編

大分トリニータ

IN
羽田健人(←関西大学)
高橋祐翔(←米子北高校)
知念慶(←川崎)(レンタル)
高畑奎汰(←鳥取)(レンタルバック)
渡大生(←広島)
野村直輝(←徳島)
香川勇気(←長崎)
町田也真人(←松本)
吉田舜(←群馬)
佐藤和弘(←甲府)
小出悠太(←甲府)
髙澤優也(←群馬)

OUT
丸谷拓也(引退)
馬場賢治
江頭一輝(引退)
オナイウ阿道(→浦和)(レンタルバック)
岡野洵(→千葉)(レンタルバック)
ポープウィリアム(→川崎)(レンタルバック)
庄司朋乃也(→C大阪)(レンタルバック)
小島亨介(→新潟)(レンタル)
國分伸太郎(→北九州)(期限付き移籍期間延長)
後藤優介(→清水)
嶋田慎太郎(→大宮)(レンタルバック)
伊藤涼太郎(→浦和)(レンタルバック)
姫野宥弥(群馬→大分→藤枝)(レンタル)
ティティパン(→タイ・パトゥムユナイテッド)(レンタルバック)
吉平翼(藤枝→大分→藤枝)
坂井大将(群馬→大分→鳥取)(レンタル)
川西翔太(→岐阜)(期限付き移籍期間延長)
野上拓哉(→VONDS市原)(レンタル→完全)

寸評
失意のJ3降格を乗り越え2013年以来6年ぶりにJ1の舞台に戻ってきた昨季。序盤から大方の予想を覆す快進撃を見せ、中盤以降はやや失速したものの堂々の9位でシーズンを終えた。
積み上げたサッカーに強い自信を持って挑むJ1・2年目の今季。オフシーズンは昨季同様下位カテゴリーで活躍した選手を中心に獲得を進めた。
選手の入れ替わりを総合的に見ていくと、何よりも重要になるのは新たな得点源。チームトップの10得点を挙げたオナイウが移籍し、長年チームを支えた後藤も退団。昨季途中の藤本の移籍と合わせて前線のタレントの流出が目立つ。
その中で期待をかけたいのが3人のストライカーだ。
1人目は髙澤。昨季はルーキーながら17得点を叩き出し、群馬のJ2昇格に大きく貢献した。2カテゴリーアップとなるがまだ今年で23歳と成長途中。日本を代表するストライカーに化ける可能性は充分感じられる。
2人目は知念。川崎からレンタル加入した沖縄出身のFWはこちらも今年で25歳。更なる成長へ向け、期待の星だ。
そして3人目が渡。J2通算59得点のストライカーは広島では輝きを発揮できず。再起をかけて大分の救世主となりたい。
ティティパンの抜けた中盤では佐藤和弘に注目したい。甲府ではシャドーで起用されることが多かったが元々ボランチもできる選手。J2での実績に加え、そのユーティリティー性はチームにとって潤滑剤になりそうだ。
他にも昨季J2で12アシストの野村、甲府のディフェンスリーダー・小出、群馬の守護神・吉田、実績豊富なアタッカーの町田など楽しみな新加入選手が多い。対策も進み厳しい戦いが予想されるものの、今季も旋風を巻き起こす可能性は充分感じられそうだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ライター兼小説家/書けるもの→サッカー、野球、アニメ・声優、鉄道、歴史、シナリオ/蹴AKE11スタッフ/水戸ホーリーホック&ヴィアティン三重応援/ご連絡・お仕事のご依頼はこちらまで→satsukiyunogou0411@gmail.com