見出し画像

自作歌詞『雨上がりの星が降る頃に』

月が溶けた 灰色の涙は
小さな背中に堕ちた翼の痕

いつもいつでも
ボクらしくいたい
わかっているのに
苦しいよね

雨上がりの星が降る頃に
届けたいものがある
夜空に浮かんだ贈り物を
たくさん降らせてあげるよ

雨上がりの星が降る頃に
届けたいものがある
明日はたくさん笑えるように
星にのせて贈るよ

夢が濡れた 鈍色の心は
小さな両手で握りしめた欠片

どこもかしこも
ボクとは違うよ
わかっているのに
寂しいよね

雨上がりの星が降る頃に
届けたいものがある
夜空に浮かんだ贈り物を
たくさん降らせてあげるよ

雨上がりの星が降る頃に
届けたいものがある
明日はたくさん笑えるように
星にのせて贈るよ

雨上がりの星が降る頃に
見上げて手を伸ばして

* * * * * * * *

nanaにてアカペラで歌唱

(※音痴のため注意)

http://nana-music.com/sounds/03da1a98/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

◆楽曲はnanaにて公開中(コラボ募集中) http://nana-music.com/users/6971397/ ◆オリジナル官能小説もよろしくね!! 皐月うしこのサイトはコチラ https://fancyfield.net/

3
詩、小説など幅広く執筆しています。ここでは溢れた思いを綴る「歌詞」ノートとして活用。歌い手さんコラボ大歓迎!逆ハーレムの要素が性癖。Twitter(@satsuki_ushiko)しています。オリジナルサイト『Fancy Field』https://fancyfield.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。