見出し画像

ブログがデススターになる前に(内部リンクの話)

ブログを書き始めて記事数がたまってくると、ふと気づくのです。

あれ?内部リンクってなに?

ってことに。

話に入る前に。ブログ超初心者の方は

まだリライトを行う段階にない人はこの投稿は読まずに「記事の書き方」「ブログ構築方法」「ブロガーとしてのあり方」などが書いてあるブログ論を読んで、記事の増産をオススメします。

というか、長期の運用を考えているのであればできればサイトの設計をすることをお勧めします。

これからブログを始める人、始めたばかりの人はクロネさんのブログが参考になるのでぜひチェックしてください。

【クロネのブログ講座】

https://kurone43.com/

20記事から50記事ほどになったらリライトをオススメします。

すでに20記事オーバーの人は、ぜひ後述する内部リンクの方法について一緒に考えてみてほしい。


リライトを怠けるとブログは未完成のデススターになる

当方のブログ全体図がこちらだ。

どうだ、もはやデススター(by スターウォーズ)にしか見えない。

書きたくなったことを単発でつぎつぎに記事にしてリリースしていった結果。

横のつながりが低い状態になってしまいました。

あなたはどうか記事が増える前にテコ入れをしてください。


現在は、ブログの方向性を大きく変えることにしたのをきっかけに、

最近の記事は初めから関連性を意識して書くようにしています。


ブログ運営って新記事作成よりも永遠と続くリライト祭り耐性のほうが大事だなとようやく気づきました。。


内部リンク確認に使用しているプラグイン

さきほどの画像「内部リンクイメージ」を作成したプラグインを紹介します。

WordPressには「Show Article Map」という内部リンクを可視化するプラグインがある。勇気がある者は使ってみたらいい。

使い方はこちら

http://handywebdesign.net/2017/09/wordpress-plugin-show-article-map/


「内部リンク」について

そもそも内部リンクってなんぞやという方は、さきほど紹介したクロネさんの記事をお読みください。

そちらを読めば答えがあるのですが、よかったらこの記事も最後まで付き合っていただけると幸いです。

「読者に喜ばれる「内部リンク」を張るための12のチェックポイント」

https://kurone43.com/internal-link1/


内部リンクには3種類の構成がある。

内部リンクには以下の3種類の構成がある

①花火型:マガジン化された記事群をイメージ

②山手線型:環状線のようにページ送りをイメージ

③上記二つの組み合わせ


正直に言おう、僕のブログはもうどうしようもないのである。

気付いた時には500記事を超えていた。ちりつもはんぱないというやつだ。(なんだそれ


頑張った結果がこちら(固定ページは非表示にしています)

少しずつ、記事の統廃合を進め関連記事を内部リンクしつつまとめていました。

地味なリライトの連続で頭がおかしくなりかけます。

図に表れているようにどの記事に入っても、ある記事に誘導するケースと

まとめ記事から各記事に分散するような内部リンクを貼ると

花火のような形になる。

たーまやー


記事を読んでいくうちに、『あれ?これはどんな意味なのかな?』と次に検索したくなるような内容を先に内部リンクしておくと

必要な関連記事が繋がっていくので、少し複雑な形となる。


画像の周辺にまだチリのように記事が浮いているので内部リンクが足りないようだ。

こういうのを切り口にリライトを進めるのもありかなと考える。


200記事以上を削除した

名残惜しいものもあったり、思い出もあったりしたが

そこは思いっきりバッサリ切り捨て。

なくなった過去は考えなくていい!!

削除対象は、

単発記事(続きや関連記事がないもの、予定がないもの)

日記記事(自分のためだけの記事)


カテゴリ整理が先

雑記ブログであるため、カテゴリが増えすぎていました。

今後、書きたい内容を整理するつもりで続きが出てこなそうなカテゴリ丸ごと削除しました。


ブログのメインテーマが決まっていなければ
いろんな記事を書いてみてもいいと思いますが、
ある程度方向性や可能性を考えて記事にしてみるといいと思う。


内部リンクの効果は回遊性の向上

直帰率が下がりました。

当初95%以上だった直帰率が現在は、75%以下になっています。

直帰率ってどれくらいが正しいんでしょうな。。。。

それはさておき、

カテゴリを整理し、必死こいて内部リンクを貼って記事をつなげていった結果。

デイリーでアクセストップにくる記事たちが関連づけられた記事群になってきました。

ある記事を読んでくれた方が次の記事まで読んでくれるチャンスができたという感じ。


結果的に、PVが上がってきました

ブログトップページは、直近に書いた新しい記事しか目立ちません。

それゆえに関連記事ユニットや、記事内の内部リンクで過去に書いた記事を紹介することも大事になってきます。

新しい記事しかPVがつかないと書き続けなければ息切れするブログになってしまいます。

新しい記事を書きつつも、過去の記事も活かしていくことで

情報資産として過去記事が死なずに誰かに読んでもらえる状態を維持できます。

新しい記事を書けない日も、、過去記事がPVを稼いでくれると助かりますよね。

【宣伝】内部リンクを利用した物販戦略

有料noteの宣伝です。

今回の内部リンクの考え方をもうすこし深堀することで
Amazonアソシエイツで稼ぎやすい状態を作ろうというnoteです。

よかったら冒頭だけでもお読みください。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございました。もし参考になったり面白かったと思っていただけましたらサポートよろしくお願いします。次の執筆のモチベになります。

ありがとうございます!励みになります!
4
Webサイト運営が得意です。物販アフィリ(Amazon、楽天、Yahoo!)が得意分野。ブログにかけないこと、ネットで稼ぎたい入門者に役に立つことを書いたり書かなかったりします。あとはアラフォー向け転職事情など。