見出し画像

現役選手が指導経験を積むことで、選手としても成長できると思う話

こんにちは!

今回は、このツイートの内容について書いていきます。


まだまだ小さい自分のアカウントにしては、多くの方に共感、反応をしてもらえたツイートです。
やっぱり、反応してもらえるのは嬉しいですね。

これからも皆さんに興味を持ってもらえるようなツイートができるように頑張ります。


それでは、さっそく本題です。

指導をすることは自分自身の成長にもつながる

画像1

僕は、現役でプレーしている中学生、高校生にも積極的に指導する場を作って欲しいと思っています。

小学生でも高学年の子が、低学年の子に教えてあげる。というのも良いですね。

これをすることで、教える側もサッカー選手として成長できる可能性が広がると考えています。

よりサッカーの理解が深まる

画像2

では、なぜサッカーを教えることで成長につながるのか?

僕の考えは、教えるときにこのような事を考えることになるから。

・練習でどんなポイントを意識する必要があるか
・どう説明したらうまく伝えられるか


何事もそうですが、考えて行動することが上達のスピードをはやめてくれると思います。

具体的には、

★ある練習前の時のコーチの説明
「じゃあ、AがBからパスをもらったら、Cにパスね。
コントロールからパスを出すまでの時間を短くしよう!!」

このような説明があった時に、

>じゃあ、AがBからパスをもらったら、Cにパスね。

ここの部分、練習のやり方ばかりを気にしてプレーしてしまうのは少しもったいない。

そこよりも大事なのは、

>コントロールからパスを出すまでの時間を短くしよう!!

こっちですよね。

ここを頭に入れながら、どうしたらできるかを考えながらプレーすることで成長していきます。

では、いざ自分が誰かに指導をすることになったときにどうするか?

まずは、先ほどの練習の例で言うと、この様にどんな練習をするか考えます。

>じゃあ、AがBからパスをもらったら、Cにパスね。

そして次に、その練習でどんなことをしてほしいか自分なりに考えるはずです。

例えば、こんな感じ。

・ボールに寄りながらトラップしよう
・パススピードを上げよう

そして実際に練習が始り、なかなか選手たちがうまくプレーできないとなると、どうやったらうまくプレーできるようになるか?を考えますよね。

まず、自分の頭の中で考えて、自分なりの答えを見つけます。

そして今度はそれを選手たちにうまく伝えなければいけないので言葉にしていきます。

よく言われる「言語化」ですね!!

そして時には、自分の考えが正しいか、実際にプレーして確かめてみることもあると思います。

このような行動を繰り返していく中で、サッカーの自分なりの理解が深まっていくと思います。

そして、どうしたら良くなるか?
普段自分がプレーをする時にも、頭を使いながらサッカーをするという習慣も身についてくるのかなと思います。

人に教える機会を作ってみよう!

画像3

これまで書いてきたようなことから、僕は現役選手にもぜひ、指導をする機会をつくってほしいと思っています。

「自分は指導なんてできない」

と思う選手も多いと思いますが、うまく教えようとする必要はないと思います。

とりあえず子どもたちと一緒にサッカーをしてみる。

そして、気になった点があれば、自分のこれまでの経験、知識を振り返りながら伝えてみる。

まずはこれで良いと思います。

こうすることで頭の中が整理されていき、更に新しい発見もあるかもしれません。

きっと、自分のサッカー人生に活きてくると思います。

自分の出身チームなどで機会があれば、ぜひ、指導にもチャレンジしてみてください。

僕自身も、過去の自分に強く言い聞かせたい内容です…

行動してみることをオススメします(^^)


最後まで読んでいただきありがとうございました!


【Twitter】
サッカーについて日々ツイートしております。
みなさんフォローおねがいしますm(_ _)m



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます(^^)
16
28歳、妻&2歳の息子と3人家族┃サッカーコーチ10年目┃エンジニア7年目┃☑️Twitter→https://twitter.com/satoshin_soccer ☑️blog→https://satoshin-memo.com/ ブログ日々更新中のためnote少しお休み中
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。