#適度な無関心 のススメ

長時間労働やハラスメント等、何かと社会問題化することが多くなった日本の企業の働き方。ちょうど News Picksでも「モンスター社員」取り上げられてました。

高度経済成長期、最も生産性の高い "チームワーク"を実現するために、個別最適化する部分を減らした結果生み出された同質性の高い労働環境が、まだまだ多くの日本企業の根底にはあります。

その同質性の高い、いわゆる健常者向けに最適化された環境が、企業で "発達障がい者" が働きづらい理由の一つだというのが自分の考えです。

最近は、障がい者も健常者も関係なくその "働きづらさ" を感じていて、それがスマホやSNSの普及で一段と顕在化してきているんじゃないでしょうか。

その原因と対策についてはさまざまな議論があると思いますし、はっきりとした正解や不正解があるわけではないですが、自分の結論は「みんな過度に誰かに期待しすぎ、適度に無関心になればいい」です。「期待しすぎ」の裏を返すと、本質的には自己肯定感の不足があるのかもしれません。

特に "会社" でいえば、今でこそ転職は当たり前になり、副業解禁なども徐々に行われてきていますが、まだまだ終身雇用という幻想を背景にした一つの会社への心理的な依存度の高さは多くの社会人がもっていると思います。故に、自然と会社や上司への期待値が高まり、仕事を通じて自己肯定感や承認欲求が満たされないと、どんどんストレスがたまる ...ということが起こります。高度経済成長期は、それでも "経済成長エスカレーター" にみんなが乗っていたしスマホもSNSもなかったので、それほどストレスは気にならなかったし顕在化もしてなかったのですが、今はそうじゃない。

一方で「そんなに期待するな」とか「周囲の評価を気にするな」、「もっと無関心になればいい」とか言われても、言ってることはわかるけど、そう簡単には気持ちは切り替わらないんですよね。どんな著名なマネジメント本を読んでも、偉い人の話を聞いて心を打たれても、そう簡単には変われない。

自分が所属するコミュニティを "複数" もつことがその解決策です。 コミュニティといっても、何かの団体の所属するとか副業するとか、そういうものに限らないです。会社やプロジェクトの中で複数の役割を担ったり(兼務や複業、マルチロール)、SNSで共通の興味関心があるひととつながることもその一つです。

多種多様なコミュニティの選択肢(多種多様な同質性)と、そのコミュニティの中での解き放たれる多様性。コミュニティは自由に選べるし、複数選んでもいいし、いつ抜けても入ってもいい。そして、それらは相互に干渉しすぎない。そんな居心地の良い社会が本当の "1億総活躍社会" を実現するんだろうなっていうことを、障がい者の雇用をしながら、去年からずっと考えてます。

一方、#適度な無関心 で醸成された "ゆるい" 組織やチームをどうリードしていくかという企業側・マネジメント視点の話はあるわけですが、そこに必要なのは "共感性の高いビジョン" です。それをどのくらいの抽象度で置くかというのは非常に難しいし、経営の個性が問われるとこではありますが、全く同質性のない中では多様性は機能しないというのがポイントだったりします。そして、そのビジョンを自分の言葉でしっかり語れないようであれば、これからの時代、リーダーはつとまらないでしょう。持続可能な障がい者の雇用も難しいと思います。

まだまだ試行錯誤中ではありますが、グリーグリープが取り組む障がい者雇用に興味がある方は、遠慮なくご連絡ください。企業やメディア様の会社見学も随時受け付けています🙇


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援ありがとうございます! 日本中のすべての障がい者が「自身の能力を最大限発揮でき、自律的に成長できる」社会をみなさんと一緒につくっていければと思っています🙇 Twitterもやってます!

9
グリービジネスオペレーションズ代表取締役社長 / 社員の8割が精神・発達障がい者 / 平成28年度障害者雇用職場改善好事例優秀賞 / NHKインタビュー -> http://bit.ly/2RBfTR0
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。