見出し画像

ジェイダボ レスキュー

こんにちは🌞


エホバの証人からクリスチャンになった方々が考えることのひとつに、エホバの証人の救いがあげられます。

僕も、エホバの証人の救いを願い祈る者の1人です。

クリスチャンになった後、様々なタイミングで、証人たちの救いの為に自分にできることは何かと模索しながら、一歩前に進もうとする度に気持ちが重くなって大変な思いをしました。

気持ちはあるけど動けない、動いても継続できないわけです。

赤ちゃんの頃からエホバの証人の教えを叩き込まれていたが故に色んなものがフラッシュバックしてメンタルに強烈な負荷がかかっていたみたいです。

幾たびもトライアンドエラーを繰り返し10年近くが経過。振り返るとなんの成果も残っていません。

さて、冒頭にあるリンク先のページは、エホバの証人の救いの為に用意されたものです。

今日、用意できました。

神様にすべてを委ねつつ、信頼して再挑戦です。

レスキューって響きがピッタリ

自力では民を救えないと理解するまでに長い時間がかかりました。クリスチャンになったばかりの頃は自分を過信していたような気がします。自分こそが!みたいな野心もあったことでしょう。

10年近くの期間をかけて、荒削りではありますが謙遜さを学びました。生きるにも死ぬにもキリストの為に。自己実現のためにミニストリーをするのではなく、主の御心に沿って恵みの中で働く幸を喜べるよう、神様は僕を訓練してくださりました。これからもそうでしょう。

僕には不可能ですが、神に不可能はありません。経験を通して、聖霊様が共におられることを以前よりも理解できるようになってます。

今までの挑戦とは次元が違う戦いができます。具体的に何がどうなるかはわかりませんが。

ひとつはっきりしていること。

それは、

エホバの証人の人々が救われることは天の父の御心だ。ということです。

戦い方は主が教えてくださいます。

自分の十字架を負い、主と共に働きます。

ハレルヤ✨

嘉手納町で40枚ポスティング
B4サイズにプリントしてハサミでチョキチョキ


10年近くエホバの証人文化と教会文化の違いに悩み、苦しんだ経験を武器に、後続のエホバの証人たちがスムーズに教会とつながる、またはクリスチャンとなるためのお手伝いをします。

沖縄にゴスペルを。 わたしの内におられるキリストは強い方。 御心のままに働きます。