みた、きいた、はなした、のキロク

49
2020年4月のコンテンツ② - 変化のなかで出てきたコンテンツを記録しておきたい

2020年4月のコンテンツ② - 変化のなかで出てきたコンテンツを記録しておきたい

変化変化の日々、いかがお過ごしでしょうか。4月はエンタメの状況としては「過渡期」的な色が濃かったですが、そんな時期に感じたことの記録として。思えば、毎月喫茶店で雑談するこの取り組み自体が、「あとで読み返したら面白いね」ってなことでやってるわけだったんですが、「記録」として違う色を帯びてしまいますねぇ。 とか言いつつ、観たり聴いたりしたものの感想を相変わらずダラダラと話してます。コンテンツの洪水がおきて疲れてるのはヲタクだけで、「自分の好きなものだけ観る」ほうが普通なのでは‥

スキ
7
2020年4月のコンテンツ - 今だから面白いか、普遍的に面白いか

2020年4月のコンテンツ - 今だから面白いか、普遍的に面白いか

2020年4月に観たり聴いたりしたコンテンツについてのおしゃべり Podcast 。4月は特に、社会の影響を受けたいろいろなコンテンツが生まれました。取り組み自体の素晴らしさは大前提として、そのクオリティや普遍的な面白さが気になってしまう、という話に。 ちょっとテンポ速めですが、例によって動画やリンクをまとめてますので、副読本的に補ってどうぞ。 Spotify 以外で聞きたい方はこちら 『手洗い動画(Wash Your Hands)』 素晴らしい取り組みだし、いい動画

スキ
7
2020年3月のコンテンツ② - ネモーション / ネットっぽいコンテンツ / YouTubeのSNS化

2020年3月のコンテンツ② - ネモーション / ネットっぽいコンテンツ / YouTubeのSNS化

2020年3月に観たり聴いたりしたコンテンツについてのおしゃべり Podcast 。後編は新しいものをインプットする体力について。アフリカの人が J-POP をカバーする動画、すごかったなぁ。など、YouTube 多めでお送りします。 会話に出てきた動画や記事のリンクをまとめてみましたので、今回も在宅期間の暇つぶしにどうぞ。 『Lobsterr Letter』で知ったネモーションという概念 ネモーションは、ネオ + エモーションの造語。知らぬ間に形成された認識の型をこえ

スキ
4
2020年3月のコンテンツ

2020年3月のコンテンツ

2020年3月に観たり聴いたりしたコンテンツについて、おしゃべりしました。ちょっと硬めな話になりました。 会話に出てきた動画や記事のリンクをまとめてみましたので、在宅期間の暇つぶしにどうぞ。 『あちこちオードリー』で語られた「本当のことを言わない国」 話に出てきたベッキーさん、又吉さんの回はアーカイブされていませんが、最新回は随時 TVer で配信中。ラジオ聴取率でV24を誇るオードリーのフリートークが聞ける貴重な番組です。 宮下草薙が『ヒルナンデス』のレギュラーに 

スキ
2
2020年2月のコンテンツ

2020年2月のコンテンツ

2020年2月に観たり聴いたりしたコンテンツについて、おしゃべりしました。 会話に出てきた動画や記事のリンクをまとめてみましたので、ネットサーフィンの肴にどうぞ。 川口春奈と本田翼の YouTube は画面の1/4が顔でも耐えられる ビタミン剤みたいな自己啓発動画が観られない RAM RIDER のマッシュアップは全部良い 乃木坂工事中のバナナマンは最高 ドリームマッチ2020が楽しみ IZ*ONE の MV はどのカットも画になる 日本映画の場所ループ現象

スキ
2
日常と狂気のコントラスト

日常と狂気のコントラスト

およそ3ヶ月ぶりの記事になってしまいましたが、テレビやらなんやらを楽しんでおりましたので、何事もなかったかのように記録をしていきたいと思います。 『設楽統の妄想ドキュメンタリー 〜ニューヨーク編〜』(2019年10月5日 放送 / テレビ朝日) 10月のテレビで印象的だったのは、『設楽統の妄想ドキュメンタリー 〜ニューヨーク編〜』。バナナマン設楽さんがニューヨークを観光しながら、「ミニコント」感覚でフェイクドキュメンタリーを撮影していく番組です。 ノリでコントするという

スキ
3
建国・外交を繰り広げる『ザ!鉄腕!DASH!!』から目が離せない —— 7月に観たテレビ

建国・外交を繰り広げる『ザ!鉄腕!DASH!!』から目が離せない —— 7月に観たテレビ

『ザ!鉄腕!DASH!!』といえば、TOKIO の皆さんが農業に精を出したり、海岸を再生したり、地域活性のお手伝いをしたり、というイメージがあるかと思います。しかし、最近では単なる自給自足や触れ合いに留まらず、そのベクトルがまたひとつ面白い方向に回転し始めていて、目が離せません。 「DASH 島 反射炉 880 日の記録」(2019年7月28日 放送 / 日本テレビ) 名物コーナーのひとつ「DASH 島」。TOKIO が無人島を開拓しながら、豊かな自然の恵みや脅威に触れて

スキ
5
今そこにある中年の危機 - 2019年6月に観たドラマ

今そこにある中年の危機 - 2019年6月に観たドラマ

何を見て、何を聴いて、何が残ったかのざっくばらんな記録と備忘録。 6月に観た海外ドラマと、そう遠くない将来に待ち受けていそうなオーバー30の危機について。 ブラックミラー S5『ストライキング・ヴァイパーズ』(2019.06.19) NetflixオリジナルのSFオムニバスシリーズ『ブラックミラー』の新シーズンとなる第5シーズン全3話が配信開始されました。今シーズンも3本とも外れなしで、しかも、これまで以上に現実と地続きの設定が多く、いつドラマのような事態が現実に起きても

スキ
2
わたしが誇れるクリエイティブ - 2019年6月の音楽

わたしが誇れるクリエイティブ - 2019年6月の音楽

何を見て、何を聴いて、何が残ったかのざっくばらんな記録と備忘録。 偏愛にまみれたクリエイティブと、胸を張って好きと言える6月の音楽について。 サカナクション『忘れられないの』@Mステ(2019.06.21) 4:3の画面サイズ、手書きのテロップとテレビの音楽番組でここまで手の込んだ演出ができるんだと驚きました。MVの世界観をそのまま持ち込むような凝った演出がアーティスト主導でできるのなら、ガンガンやっていってほしい。 音楽番組に出ることがプロモーションになるフェーズから

スキ
1
自分を誰よりも信じ疑え - 2019年6月の映画

自分を誰よりも信じ疑え - 2019年6月の映画

何を見て、何を聴いて、何が残ったかのざっくばらんな記録と備忘録。 6月に観てよかった映画と、正しくありつづけるために考えたこと。 『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』ジョン・ワッツ(2019.06.28) 『エンドゲーム』から2か月、MCU フェーズ3のラストを飾る作品であり、トム・ホランド版『スパイダーマン』の第2作。文句なしに最高だった。 『エンドゲーム』の次作としてとか、スパイダーマンの成長とか、MJとの恋模様とか、優しいハッピーの視線とか、もうどの角度から観

スキ
2