ゲームクリエータ向け技能移民ビザ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ゲームクリエータ向け技能移民ビザ

コロナ禍下で国境封鎖を続けているオーストラリアですが、入国許可申請が免除になる可能性のある、優先技能職業リストが更新されました。

その中にマルチメディア・スペシャリストが追加されたことで、ゲームクリエーターの豪州移住、そして永住権取得に大きな道が開けました。

マルチメディア・スペシャリストのは下記のように定義されています。

Creates and manipulates computer animation, audio, video and graphic image files into multimedia programs to produce data and content for CD-ROMs, information kiosks, multimedia presentations, websites, mobile telephone resources, electronic gaming environments, e-commerce and e-security solutions, and entertainment and education products.

オーバルベンチャーズのシドニーEIRプログラムでは、いわゆるスタートアップ然とした事業企画だけでなく、単発のゲームタイトルに挑むゲームクリエーターも対象としています。

ポストコロナの移住先としてオーストラリアをお考えの方、フワフワな構想の段階でも構いません、お気軽にDMください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
在オーストラリアの零細ベンチャーキャピタリストです。逆張りからの番狂わせしか狙ってません。