見出し画像

コスメへの独り言:3 Silky Tokyoへ行ってきました

 コスメへの独り言更新です。
今回は念願といいますか、前々から行きたかったトリートメントサロンのお話をしていこうかと思います。ここはもっと知られてほしい2019に見事ランクインしたので、そういう意味も込めて。

 と言うことで今回は歌舞伎町にあるSilky Tokyoへと行ってまいりました。

Silky Tokyo
https://silky.tokyo/

 歌舞伎町という立地の通り、かの有名な夜のお仕事の方だったり、そういう方面のお仕事をしている人たちが足を運ぶことで有名だったりします。そして軒並み高評価の口コミかつ、やった後のサラサラヘアーを公開していたので、前々から気になってたのが行くきっかけです。コスメ的方面でかなり参考になるので結構見てるんですよね、そちら方面の方々のSNS……結構プチプラ使ってるんすよ皆さん……。

 で、この日は仕事を終えてから電車で新宿へ向かい、何年振りよってなる歌舞伎町の街中を移動。不審者に見られてないといいけど、あそこは大丈夫か……とぶつくさ言いつつ店舗に到着。近くに行くきっかけを与えてくれた夜のお仕事の方が働くお店があって「こ、ここか……!」となってたとかなってないとか(分かる人には分かると思います)。

 早速店舗の入り口に行ったら可愛らしい店舗の作りだったので、「わたしここにいていいのかしら」って思わずなりましたが、容赦なく入店。ちなみにトリートメントは2種類あるんですが、違いはだいたいこんな感じです。

シルキーケアトリートメントとは:
カラーとブリーチを繰り返した髪に栄養分を与えて修復。
自然な感じにさらっさらになります。ヘアカラーは割と変わらず。

シルキーケアαトリートメントとは:
カラーとブリーチ繰り返したことで広がった髪を収まり良くするように栄養分を与えて修復。
デメリットとしてヘアカラーが抜けやすい。  

 担当の大城さんとカウンセリングしつつ、ツートンカラーとか見て今回は通常のシルキーケアトリートメントをやることになりました。

 順番としてはシャンプーから始まります。そこから一旦頭部を温めた上で(薬の効果を上げるため)ケア用の液を塗布して15分待つ、そこから超音波を行ってからアルガンオイルを塗布、そして最後にアイロン熱処理という流れです。なので時間としても1時間くらいだったので、そんなかからなかった印象でした。むしろいつももっとかかってる人なので、そう思ったというのもありますが。

 終わった直後自分の髪じゃないみたいにさらっさらになってまして。ブリーチした部分もおっかないくらいサラサラで「わたしのかみじゃない」って平仮名で言っちゃうくらいには感動してました。正直ブリーチ部分はそんなならんだろうと思っていたんですが、すいません大変なめていました(土下座)。

 で、こちらを書いてる今がかれこれ2週間は経過していますが、体感的には割と継続しています。前ブリーチした部分はトウモロコシとか言われていたけど、それも若干になってるから恐ろしいもんです。従来のトリートメントだと効果がすぐ切れてひえーってなってたんですが、それがないので蓄積型のトリートメントのすごさを改めて実感しています。とはいえ最低3回やるのが必須らしいので、残り2回も通いたいところです。

 そしてお会計もインスタ割引とか使ったりすればある程度お安くできますし、効果を思えば充分過ぎるので、次回行ったら絶対ヘアケアも買おうかと思います。とりあえず脱トリートメント難民になれたのが本当に嬉しかったので、熱く書いてしまいました。もっとさらさらになりたーいと思っていたり、ブリーチしてる髪復活させたいとお考えの方はぜひとも行ってみてほしい……!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ブルーベース冬カラーな文字書きのコスメとか、美容関係で思ったことをメモする場所です 連絡先:sa.motacillaxxxx◯gmail.com(◯→@)

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。