【東京】おしゃれなローカル線・東急世田谷線で行く歴史&グルメおさんぽ旅
見出し画像

【東京】おしゃれなローカル線・東急世田谷線で行く歴史&グルメおさんぽ旅

トラベルライター サトホーク(藤田 諭)

東京・世田谷区にローカル線が走っていることをご存知でしょうか?
実は渋谷から東急田園都市線で約5分の三軒茶屋駅、または新宿駅から京王線で約11分のところにある下高井戸駅とを結ぶローカル線が運行しており、それが「東急世田谷線」です。
沿線には歴史ある寺社仏閣からおしゃれなカフェまで見どころ満載!今回は半日で楽しめる東急世田谷線の旅をご紹介します。

東急世田谷線ってどんな路線?

東急世田谷線は昭和初期に開業したローカル線。閑静な住宅街にハイセンスなセレクトショップやカフェなどが点在しており、地元に在住する女性を中心に注目を集めています。

本数は1時間に6分間隔で運行。また散策のおともに1日乗り放題のフリーパス「世田谷線散策きっぷ」(大人340円)もあり、三軒茶屋や上町、下高井戸駅で買うことができます。

13:00 【宮の坂駅】招き猫発祥&井伊家ゆかりのお寺を参拝しよう♪

旅の始まりは「下高井戸駅」から。改札でSuicaなどの交通系ICカードにタッチするか、または1日乗車券を改札機を通して、2両編成の電車に乗車。ここから最初の目的地がある「宮の坂駅」を目指します。

豪徳寺・山門

約6分で宮の坂駅に到着。ここから5分ほど歩くと、最初の目的地「豪徳寺(ごうとくじ)」が見えてきます。徳川家を支えた武将のひとり、井伊家の菩提寺として有名で境内には、大老・井伊直弼をはじめとした井伊家の墓があります。

豪徳寺・仏殿

境内には江戸時代前期に建立した「仏殿」があって阿弥陀如来坐像が祀られているほか、法堂(はっとう)や三重塔などがあり、歴史散策を楽しめます。

豪徳寺・招福殿近くに祀られている招き猫

また豪徳寺は、招き猫発祥のお寺としても有名で招福殿の近くには1000体以上の招き猫が祀られています。
江戸時代前期、当時の彦根藩主・井伊直孝がお寺にいた猫に招待されました。その時、急に雷雨が降りはじめ、雨宿りに和尚と談笑したことで幸運になり、感動したことをきっかけに誕生したといわれています。
招き猫は庫裡(くり)内の受付で手に入るので、開運招福や家内安全などのご利益を得たい方は立ち寄ってみましょう。

招福猫児

その他にも三重塔には猫やねずみをかたどった彫刻があるほか、小判を持たない招き猫の銅像もあります。境内で隠れた猫を探してみては。

<基本情報>
住所:東京都世田谷区豪徳寺2-24-7
電話番号:03-3426-1437
アクセス:東急世田谷線「宮の坂駅」から徒歩5分、小田急線「豪徳寺駅」から徒歩15分
時間:8時~16時30分
休日:無休



14:00 【松陰神社前駅】パワースポット&おしゃれなカフェに行こう♪

豪徳寺を参拝した後は、宮の坂駅から世田谷線に乗車。次の目的地がある「松陰神社前(しょういんじんじゃまえ)駅」に移動しましょう。約5分で到着します。

歴史好きも注目!吉田松陰ゆかりの「松陰神社」を参拝

松陰神社・大鳥居

駅から3分ほど歩くと「松陰神社」に到着。山口・萩にも同じ名前の神社がありますが、幕末の思想家で教育者としても有名な長州藩(現在の山口県)出身の吉田松陰(よしだしょういん)を祀る神社です。

松陰神社・御社殿

なぜ東京で長州藩ゆかりの人物を祀る神社があるのか、疑問に思うのかもしれません。実は江戸時代末期、安政の大獄でなくなった松陰の門下生で幕末から明治にかけて活躍した高杉晋作や伊藤博文など、長州藩士たちがこの地に改葬されたことに由来したといわれています。

また境内には松陰が開いた学校「松下村塾(しょうかそんじゅく)」を再現した建物があります。木戸孝允(きどたかよし)や山県有朋(やまがたありとも)といった幕末から明治にかけて活躍した志士たちを輩出しており、歴史の面影を感じられます。

<基本情報>
住所:東京都世田谷区若林4-35-1
電話番号:03-3421-4834
アクセス:東急世田谷線「松陰神社前駅」から徒歩3分
時間:7時~17時
休日:無休

参拝後はおしゃれなカフェでひと休みしよう♪

KANNON COFFEE 松陰神社前店

松陰ゆかりの神社を参拝した後は、駅近くにあるカフェに立ち寄りましょう。
駅から2分ほど歩いたところにある「KANNON COFFEE(カンノンコーヒー)」は名古屋発の人気カフェ。熟練した焙煎士が選んだコーヒー豆を使ったコーヒーや手作りのスイーツを味わえます。

カフェラテ(アイス・税込540円)

主に提供するのは、カフェラテをはじめ、自家製のキャラメルを加えたキャラメルラテ(税込620円)、静岡県産の紅茶を使った和紅茶(税込520円)など。香りを楽しみながら、最高の1杯を楽しみましょう。

松陰先生ビスケット(2枚・税込308円)

またスイーツも充実しており、吉田松陰をイメージしたビスケットのほか、プレーンスコーン(税込308円)やキャロットケーキ(税込440円)など、体に優しい写真映えしそうな一品を提供しています。あわせて味わってみて。

<基本情報>
住所:東京都世田谷区若林3-17-4
電話番号:03-6805-2083
アクセス:東急世田谷線「松陰神社前駅」から徒歩2分
時間:9時~19時
休日:無休

「パフェバー agari」で写真映えしそうなパフェを食べるのもおすすめ

パフェバー agari

また松陰神社前駅から歩いてすぐの場所にある「パフェバー agari(アガリ)」に立ち寄るのもおすすめ。元々は神楽坂にあった間借りカフェバーが松陰神社前商店街に移転したお店で、季節のフルーツを使ったパフェやノンアルコールカクテルを味わえます。

パインと清見オレンジとレモンのパフェ(税込2,400円)

お昼の時間帯のパフェでは2種類を提供。ドライパインや清見オレンジのビーガンアイス、レモンケーキなどをトッピングしたパフェや、ほうじ茶プリンとカラマンダリンのパフェ(税込2,200円)など、季節の果物を使った見た目が美しいパフェを堪能できます。

和紅茶(税込500円)

またドリンクでは、熊本県産の無農薬の和紅茶をはじめ、オリジナルのハーブティー(税込600円)、パッションフルーツを使った「パッションティー」(税込700円)などを提供。パフェとの相性も抜群ですよ♪

<基本情報>
住所:東京都世田谷区若林3-17-11
アクセス:東急世田谷線「松陰神社前駅」から徒歩1分
時間:12時~20時(土日祝日は11時~19時)
休日:不定休

16:30 人気の繁華街・三軒茶屋で絶景&グルメを楽しもう♪

世田谷線の日帰り旅は締めくくりへ。終点の三軒茶屋駅周辺を散策しましょう。昭和女子大学や駒澤大学のキャンパスがあることから、若者に人気の街でセレクトショップや飲食店が多く集まっています。

松陰神社前駅周辺の散策を楽しんだところで世田谷線に乗車。約7分で終点の三軒茶屋駅に到着します。

無料で東京の絶景を楽しめる「キャロットタワー」

キャロットタワー

三軒茶屋駅に到着した後は歩いてすぐのところにある「キャロットタワー」に行きましょう。スーパーやセレクトショップが入っているほか、タワーの26階には展望ロビーがあり、無料で東京の景色を楽しめます。

展望台から世田谷区の街並みのほか、天気が良ければ富士山を眺めることができます。また隣接するレストラン「オークラレストラン スカイキャロット」からは、東京タワーやスカイツリー、新宿副都心などの眺望も楽しめますよ♪

<基本情報>
住所:東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー26階
電話番号:03-5430-1185
アクセス:東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」から徒歩すぐ
時間:9時30分~23時
休日:第2水曜日、年末年始

地元で人気のイタリアレストラン「トラットリア ピッツェリア ラルテ」で絶品ピッツアを食べよう♪

キャロットタワーで絶景を楽しんだところでディナーを食べに行きましょう。今回訪れたお店は駅から2分ほど歩いたところにある「トラットリア ピッツェリア ラルテ」。イタリア・ナポリ標準の本格的なピッツアを堪能できます。

マルゲリータ(税込1,700円)

提供するピッツアは10種類以上。マルゲリータをはじめ、タコやオリーブなどをトッピングしたポリポ(税込1,900円)、ゴルゴンゾーラやパルミジャーノといったチーズをたっぷりトッピングしたクワトロフォルマッジ(税込2,500円)など、お好みのピッツアを味わってみましょう。

<基本情報>
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-35-17
電話番号:03-3424-3003
アクセス:東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」南口から徒歩2分
時間:12時~14時ラストオーダー、18時~22時ラストオーダー
休日:火曜、水曜ランチ
※ディナー時、別途サービス料500円がかかります。


20:00 三軒茶屋駅からそれぞれの目的地へ

東急世田谷線・三軒茶屋駅

ディナーを味わったところで三軒茶屋駅に戻って電車でそれぞれの帰路へ。ここで世田谷線を巡る日帰り旅は締めくくりです。

あとがき

東急世田谷線の日帰り旅をご紹介しましたが、いかがでしたか?週末やお休みの時にお出かけをしたいけど、人出が多いところは避けたい・・・。そんな方でも十分観光やグルメを楽しめますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
トラベルライター サトホーク(藤田 諭)

今後も継続的に記事を公開するためには、皆さまのサポートが必要です。いただいたサポートは、おすすめのお店やスポットをご紹介します。

ありがとうございます!!
トラベルライター サトホーク(藤田 諭)
旅とグルメが大好きなフリーライターです。 主に旅行メディア「tripnote」にて 旅行やグルメ記事の執筆を行っています。 日本を中心に観光スポットからグルメまで 旅の楽しみ方などをご紹介しています。 どうぞよろしくお願いいたします。