見出し画像

#器を買ってきた 2020

食器は毎日使うものだから、買ったものを記録しておくとあとで見返したときに当時のことがよく思い出される。というわけで、今年買った、よく使った器のまとめてみます。

ベトナムのホーチミンのアンティーク街で探し回った安南手の茶碗。毎日のように使った。

魯山で購入した中国風? の絵付けの器。めちゃくちゃ気に入ってます。

左はいつも使っているドリッパー。右が、村田商會で買っためちゃくちゃ使い込まれたドリッパー。こんなになるのか! と驚いた。

友人と連れ立ってSMLに行き、そこで買った漆の豆皿。子どもの食卓で活躍し続けました。

代々木公園のアースガーデンに行き、お目当ての十和田ブルーをゲット。この日は雪がすごくて大変だった。

同じアースガーデンで手に入れた木の器。お椀は年中、ボウルはサラダに活躍しました。

大浦裕記さんの展示で。すごい人気で、あまり品を選べなかったけど、手に入れたものはとても気に入ってます。

安土草多さんのウイスキーグラス。大事に使っていて、本当にウイスキーを飲む時に出して使ってます。

今野安建さんの古い作品。魯山の大嶌さんが直しながら使っていたものを譲ってもらいました。いま思えば、この時から閉店の準備が進んでいたのかも。

遠野の同級生の菊池純子さんの作品。陶芸学校の卒業を記念した懇親会で、逆にプレゼントをいただいてしまいました。

これも大嶌さんが分けてくれた包丁。お刺身を作るときに使ってます。

高田谷将宏さん。なんの変哲もなさそうに見えて、これがいいんですよね。3枚と言わず、もっと買っておけばよかった。

内田好美さん。これも大嶌さんが大事に直しながら使っていたもの。漆と錫で修復されて、唯一無二の作品になってる。ケーキを食べるときに使います。

遠野醸造のロゴが入ったスタンレーの魔法瓶。キャンプに氷を持っていくときに使いました。

小澄正雄さん。これも大嶌で使われていたものを分けてもらいました。魯山が閉店して本当にさみしい。

メルカリで買ったバカンスクーラーと、村田商會で買ったビンテージのコーヒーミル。左側の細いのは真鍮で、キャンプに持っていくよう。右の重厚なステンレスは、家庭用。

今年は火鉢に目覚めた。火鉢といえば鉄瓶。これは実家の薪ストーブの上におかれて半ば朽ち果てていたようなものなんだけど、使ってみればなんの問題もなかった。これでコーヒーを入れたりお茶を入れたりした。

西荻の南口のUntidyでの買い物。果物を盛ってます。

垣内信哉さん。吉祥寺のMARKUSで。氷がたっぷり入ったレモンサワーを作るのによさそう。

以上です。
来年も、よいものに出会えるといいなあ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
1980年、遠野出身。インフォバーン、ライブドア、LINEを経て、現在はSmartNewsの執行役員。SekappyとNext Commonsの顧問も兼務。UGCに取り憑かれた編集者・PM。小説では『僕らのネクロマンシー』ほか。座右の銘は公私混“働”と"諸"志貫徹。