智慧の扉が閉ざされている人の特徴
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

智慧の扉が閉ざされている人の特徴

「正義中毒」という言葉がある。この言葉を生み出した中野信子氏によれば、以下のような状態をいう。

社会のルールから外れた人を攻撃すると「自分はいいことをした」という快感が得られる。
🔻
この快感の虜になる。中毒状態になる。
🔻
少しでもルールを逸脱した人がいないか、罰する対象を探し求め、他人を許せなくなる。

コロナ禍で「自粛警察」が跋扈したのは記憶に新しい。他人の間違いを見つけて攻撃するのは我々に染み付いた性質のようで、仏陀が2600年前から指摘している。

他のあやまちは 見易く 
我があやまちは 知り難い

他のあやまちは 籾殻(もみがら)のように吹き散らすのに
我があやまちは 蔽いかくす 
博徒が不利な賽(さい)の目を隠すように

他のあやまちを見て責めて 
常に不満で居る人の煩悩は増大する
その者に 煩悩の滅尽は遠い
(ダンマパダ252,253)

「怒ってはいけない」「盗んではいけない」などの道徳は、世の中で散々言われている。が、それほど厳密には守られていないようだ。仏教的に正しい道徳思考は、次のように現れる。①怒られるのは怖い。盗まれるのは嫌だ。②怒る人、盗む人は、理性を失っていて、危険なことをする。③だから「私は」、怒らない人間、盗まない人間にならなくてはならない。

このように思うことが道徳だ。道徳とは本来、自己を戒めるもので、他人を戒めるものではない。ところが世間では、誰もが「あなたは○○してはダメだ」と言い、私のことは放っておけという態度でいる。世間の道徳は「私にはあなたを殺す権利があるが、あなたには私を殺す権利はない」「あなたは道徳を守りなさい。私は守らなくても大丈夫です」という調子で、自己の戒めなく、他人に道徳を押し付ける。

もし人が「私は、嫉妬して、怒って、ひどい人生を歩んでいる。人間として恥を感じている。惨めな気分を味わっている。だからインターネットで匿名で他人を非難して、留飲を下げている。でも、君には同じ不幸な人生を歩んでほしくない。私を反面教師にして、どうか立派な人間として頑張ってほしい」と語るなら、説得力がある。しかし、他人の欠点をあげつらい、誹謗中傷を繰り返す人は、自己観察しない。「自分は、他人に石を投げつける資格があるのか」とは調べようともしない。SNSで誹謗中傷を受ける側がどんな気持ちになるのか、どれほどの痛みを感じるのか、全然気にもせず、心ない言葉を投げつける。

自己観察を嫌がるのはなぜか。口に出しては言わないが、私たちは、自分を完璧な人間だと思っている。自分は常に正しいと思っている。間違いを犯したとき、失敗したときでさえ、他人の批判を嫌がり、非難を恐れる理由は、それだ。「私が完璧でないのは当然だ」と思っているなら、他人から批判されたら楽しくなるはず。しかし、批判されて良かったと思う人間はいない。そこで、自己観察を実践する人は、何を発見するだろう? 正直に自分を観察すると、他人に好かれる長所なんかは見つからない。わがまま、優柔不断、傲慢、怒り、憎しみ、嫉妬、怠けなどは、いくらでも見えてくるが、自慢できる良いところは、なかなか見当たらない。私は完璧だ、正しいと勘違いしていた人にとっては、耐えられないほどのショックだ。

他人の欠点ばかり見える性格はとても危険。頭の中では、いつも暗い思考が渦巻いていて、他人の美徳や美点が見えなくなってしまっている。人格を向上させてレベルの高い幸福に達するには、落ち着きと慈しみに溢れた心が必要不可欠になる。他人の欠点を攻撃して誹謗中傷する人には、その心がない。自分が完全無欠だ、純粋無垢だと、とてつもない誤解にさいなまれている。自己観察を始めると、本当の自分が見えてくるが、落ち着きと慈しみがある人は、完全無欠・無垢に対する期待を諦めない。本格的に完全無欠・無垢にならなくては恥だという気持ちになる。自己観察で発見するあらゆる短所をなくそう、無効にしようと頑張る。しかし、落ち着きと慈しみがない人は、開き直って自己観察を止める。元の幻覚思考に戻る。他人の欠点ばかり見て自爆の道を歩む人に、人格向上の扉は閉ざされている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お幸せでありますように!
日本テーラワーダ仏教協会(JTBA)の中の人。仏陀の智慧と慈悲を一人でも多くの人に届けることが使命。仏教に出会って心に革命が起きた。今年1月に営業停止したサンガ出版の本を買い取り、公式ECサイト「心を育てる本屋さん」で絶賛販売中。https://jtba.theshop.jp/