見出し画像

さるかんぱちのなかみ

初めまして、さるかんぱちと申します。

ブログはこちら➡️さるかんぱちのぶろぐ
YouTubeはこちら➡️うごくさるかんぱち

物を売る知識もスキルもないので私の自己紹介を描こうと思います。

私の作り方とは、私が日々どう考え生きているかを伝えることで
何かメッセージを伝えることができたらなぁと思っています。

もし興味があれば、あくまで読み物としてお読み下さい。

生い立ちや経歴を詳しく話してもつまらんので、ざっくりと割愛します。

1.さるかんぱちと仕事

私と仕事にお話したいと思います。

私の職業はプログラマーです。
現在は常駐先でシステムの開発を行っています。

今でこそ常駐先で色々任せてもらって自由に開発を行っていますが、
以前はSIerをやっていてブラックな環境で仕事をしていました。

その会社は長時間労働でしたが、残業しないと食っていけないほど給料も安く、何度も辞めようと思ってましたが常にプロジェクトが炎上しているため忙しくてなかなか辞めることを言い出せずにいました。

また他社との交流もなく知り合いもいなかったため、
どこでも一緒だろうな・・・とも思っていました。

かなり狭い世界で暮らしていたと思います。
当時は時間も金もない状態でどうしようもありませんでした。

これは完全に言い訳なのですが、資格取得を促されましたが業務についていくのがやっとの事で勉強時間を確保する心の余裕がありませんでした。

私はある時に考え方を改め、自分自身の価値の見直しを行いました。

「自分の市場価値っていくらなんだろう?」

まず自分が何ができて何ができないのかを全て書き出しました。
メモを見ると、本当に何もできないのが清々しいぐらいです。

私は書き出したリストから自分の将来象をイメージして行動し始めました。
まず休みの日にバイトを入れて、お金を貯め始めました。
周りは年下の人ばかりで、来る日も来る日も「唐揚げくん」の重たくて冷たい箱をコンテナから出す作業をしていました。

唐揚げくんの箱が終わると今度は唐揚げくんレッド、その次は唐揚げくんチーズ・・・・

終わると毎回身体はボロボロでしたが、目標が決まっていたので特に辛いと思ったことはありませんでした。

お金も貯まった頃、最初は独立してフリーランスになろうとも思ったのですが、家族もいましたし慎重に行動しなければなりませんでした。

特に家族を一番に考えていましたので不安要素は一つでも取り除いた上で
やりたい仕事をしていきたいなぁと思っていました。
そこで一度転職を行うことにしました。

ブラックな会社に別れを告げ、次に選んだのは客先常駐(派遣)の会社です。
あまりいい選択だとは思いませんでしたが客先に恵まれ割と自由に実装させてもらいました。さらに残業もそこまで多くないので、自分自身の勉強時間が確保できるようになりました。

お金を節約したいので図書館にこもったり、本屋さんで立ち読みしたりしました。余裕が出てからは本を大量に購入したりセミナーなども積極的に受けてきました。

今独立に向けて動いてますが本当に会社を辞めなければできないことなのかの自問自答を繰り返しています。
期限は決めているので最後まで考えて後悔のないようにしたいと思います。

何が言いたいかというと、今の仕事とその先を常にイメージしましょうってこと。

「仕事の向こう側をイメージしておく」

2.さるかんぱちと家族

私と家族についてお話したいと思います。

私にとって家族は自分自身のコアの部分になります。
そのために生きてるって言っても過言じゃないカモ。

妻と子供を溺愛してる訳でもないし嫌いでもないし、
でも一番は私の話を聞いてくれて笑ってくれるからかなぁ。

10年以上一緒にいるけど、妻のまだまだ知らないことや新しい発見や変化が
あるので一緒にいて飽きないなぁ、子供はすごいスピードで成長するから
さらに飽きないし・・・。

もし今まで独身だったらもう少しロクデモナイ人間になってたかもな。

私は自分に甘く他人のためにしか真剣に動けないから
結婚してよかったなぁと思います。

「家族に恵まれてます」 by さるかんぱち

3.さるかんぱちと健康

私と健康についてお話したいと思います。

私は一昔前までタバコも吸うし酒もガンガン飲んでました。
最近はタバコも吸わなくなったし酒も控えるようになりました。

アドバイスになるかわかりませんが経緯を説明したいと思います。

まず、タバコですが風邪をこじらせて喘息になったのがきっかけです。
しかし、私はお医者さんに何言われても吸おうと思ってました。

ただ風邪の時に臭いに敏感になっていたので
灰皿やタバコを一回全部捨てて
自分の服を全て洗ったり、クリーニングに出したりしました。

その後、家の掃除や歯磨きの回数を増やして徹底的に臭いを除外していくと
遠くのタバコの臭いでもわかるようになりタバコを吸わなくなりました。
さらに歯医者でヤニ取りもしてもらい、吸えない状況を作りました。

では禁煙成功したのか?
いいえ、どうしても欲望に勝てず吸うこともあります。
なのでルールを決めました
「自分が吸いたい時には吸う、その後は再度禁煙する」
何度禁煙したかわかりませんが、年に2~3本とかに減らせました。

減煙に成功した私は運動を始めることにしました。
まず始めたのがマラソンです。
マラソンと言っても10kmとかハーフマラソンです。

大会に連続でエントリーして無理やりジョギングを習慣付けました。
さらに、筋トレを始めることで食生活から見直すようになりました。

最後に無駄な飲み会を断ることで酒も減らすことに成功しました。
ちなみに行かない理由はハッキリ断るか、毎回色々な言い訳する。

健康について一貫しているのが「長生きしたい」という思いです。
100歳まで働きたいから健康でいたいと思ってます。

今はヨガ勉強中で、自分自身の関節の可動域を調べるのが面白いです。

「よりセルフコントロールできるように意識する」

4.さるかんぱちと勉強

私と勉強についてお話したいと思います。

私は勉強が苦手です、今まできちんと勉強したことがありません。
三日坊主どころか二日も続きません。

そんな私の勉強のコツは・・・
「一つのことだけでなく、たくさんのジャンルを勉強する」です

プログラムは言語がたくさんあるので飽きたら別の言語、飽きたら別の言語と変えていきます。

他にも趣味のことやビジネスのこと英語など同時進行で進めていきます。
ちなみに資格取得の勉強の場合はこのやり方できない気がします。

この進め方で行くと浅く広く情報を得ることができます。
何が良いって自分の好きなことが探せるので勉強することを探すのが
楽しくなってきます、私はそうです。

「飽きたら次のことを勉強するを繰り返す」

5.さるかんぱちと金

私と金についてお話したいと思います。

お金に関しては持ってれば持ってるだけ良いと思います。

「迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめておけ」
こういう言葉がありますが、私は少し違います。

実際に金欠で大変な時期もありましたので、借金してでも買えって考えが怖いです。

なので買うための準備を常日頃からしておけば良いと思います。
その時が来るまでお金を残しておき、必要なものがもし高い場合でも
買えるようにしておくことが大事だと・・・当たり前のことか

それと、「金欲しい」ではなく「○○が欲しいから金が必要」に変えていくと本当に欲しいものと必要な金額が見えてくると思います。

安くなったからって何でも間でも買っちゃうのは辞めた方がいいですね。

「貯金しよう、必要な時は惜しまず金出そう」

6.さるかんぱちと時間

私と時間についてお話したいと思います。

何をするにも絶対必要なものが時間です。

ただ時間って実は増やすことができるんです。

もし時間ない時間ないって言ってる人は
今一度隙間時間を見直して下さい。

自分自身の1日の行動を書き出して、無駄な時間を洗い出します。
その時間を使って勉強や投資などを行ってみてはいかがでしょう。

さらに増やす方法として、自分の作業を外注にアウトソーシングすることで
自分の時間を増やすことができます。

お金かかるじゃねーかって、はいかかりますよ。
でもその時間分あなたの価値を時給換算した時に元取れてませんか?

こういった観点で時間と向き合うのも面白いものです。

ただ絶対に削ってはいけないのは睡眠時間です。
パフォーマンスが全体的に悪くなりますので、
寝ないで頑張ることは極力辞めましょう。

「時間は増やせる・・・かもめ」

7.さるかんぱちの食事

私の食事について語りたいと思います。

健康とは別の観点からの話何ですが、
私は今は一日二食です。朝と夜のみ。

昼食後に眠くなることが多かったので思い切って昼飯やめました。

その代わり朝ごはんをたくさん食べるようになり、毎日納豆食べ始めました。そのおかげか最近は調子いいです。

たまに昼腹減ることもあるんですが、空腹時って
体内の糖質を消費してるらしいんですよ。何かでみたけど

お腹空いてる時、自分で自分食べるイメージだと気が楽になるのは私だけ?たまに1日絶食したりして腸の中を空にしたりします。

「自分で自分を食べるダイエット方法」

8.さるかんぱちの物づくり

私の物づくりについてお話したいと思います。

まだ皆様に見て使ってもらえるような物は作れていません。
ですが、人様の役に立つ物を作りたいと常日頃考えています。

「嘘つけ」とお思いでしょう、半分嘘です。
でも、これだけ便利な物に囲まれて生活して行けるのは
色々な方の物づくりの賜物だと思います。

使える物が出せるかわかりませんが色々なことに
挑戦していけたらなぁと思います。

ある程度まとまったらGitHubで公開していこうと思います。

「まだまだ口だけの男」

9.さるかんぱちと資格

資格についてお話したいと思います。

実はプログラマーを名乗るのに資格は必要ではありません。

ただ、資格取得のための勉強がいらないとは思いませんし、
自分自身も今も資格取得の本を見たりして勉強しています。

何が言いたいかというと資格取得はあくまでも専門知識を習得することが
目的であって、資格を持っていてもプログラマーとは言いません。

自分自身でコードを書いてプログラムを動かして初めて
プログラマーと名乗っていいと思います。

テスターや運用・保守の方でも開発やってみたいとか聞くんですが、
実際プログラム書いたことないって方多いです。

私は無資格でもバリバリ開発してます。
ただ日々の勉強は怠らないようにしています。

「1行でも書けたらプログラマー」

長々と書いてしまいましたが、初めてこんなに長い文章を書きました。

こんな文章力もない、ただの落書きのようなnoteを
見てくださってありがとうございます。

何だろう、書いてて面白かったなぁ。
これからも頑張るので、見守ってください😄✨

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはより良い記事が書けるように活動費にさせて頂きます、٩( ᐛ )وウキ〜

ありがとうございます、٩( ᐛ )وウキー
3
【南の島のプログラマー🌴】|ミスターアクティブ🔥|30代|3児の父|子供大好き|妻はもっと好き|100歳まで働く計画進行中🍀|プログラミングの話をしたりしなかったり|YouTube × note x Instagram x Blogでも情報配信中|朝活継続中☀️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。