見出し画像

北星学園大学のワインが今年も完成いたしました🍇

2020年も後残り5日となりました。コロナに翻弄された一年、振り返るとあっという間に年末を迎えたという印象。ワインづくりにおいては北海道、日本、世界規模で忘れられないヴィンテージとなりそうです。

そのようなコロナ禍で、今年も北星学園大学のワインが完成いたしました!経済学部西脇教授ゼミ生11年目の集大成とも言える活動から誕生した銘柄は「序曲」。まだまだ先が見えないコロナ禍において、これからはワインの楽しみ方も新しい局面を迎えるであろうことから生まれたテーマとのことです。
ワインはすでに完売、ゼミ生頑張りました!素晴らしい〜🍷

先の見えない今だからこそ、新たな希望が生まれる。そのような言葉を励みにこれからも、より多くの皆さまに北海道のワインの魅力や最新事情をレポートしてまいります。

来年からは、新たなPJもスタートいたします。楽しみでなりません。

新しいライフスタイルと柔軟に向き合いながら、たくさんの方々が輝きに満ちた2021年となりますように!祈

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます🍷
4
【ワインがまちを創る☆】 北海道のワインと食をコーディネートするプランナー。ワイナリーを取材しながら生産現場へ足を運び、日本ワインを愛飲する日々。著者に『北海道のワインを旅する』新刊『北海道のワイナリー つくり手たちを訪ねて』(いずれも北海道新聞社)J.S.A.ワインエキスパート