見出し画像

法人登記もしてないのに #オホーツクハウス にインターンが来てくれた話

こんにちは、さのかずやです。初秋の北海道からお送りしております。もう鈴虫が鳴いてます。

今回は、まだ法人登記すらしていない、バキバキに自己資本アンド個人事業主で運営している #オホーツクハウス に、札幌から地元出身の学生さんがインターンとして来てくれた話を。


経緯

わたしは北海道オホーツク海側地域で「オホーツクハウス」という宿泊施設をやっています。その奮闘っぷりはTwitterハッシュタグ #オホーツクハウス をご覧ください。

いろんな方々に手伝ってもらいながらどうにかこうにか回しているところなのですが、この夏、オホーツクハウスにインターンの子が来てくれました。

今回来てくれたのは、北海道情報大学3年生の岸竜之介くん。

遡ること6月、北海道情報大学で特別講義に呼んで頂きました。そんときの様子は #シャケびたりラジオ で非常によくまとめて頂いております。

その後、特別講義に呼んで頂いた教授(安田先生、という道内で教え子たちが各地でものいわしてるイケてる先生)とお話する機会があり。

「さのさんとこインターンとか募集してます?うちの学生でオホーツク出身のやつがいまして」

「はい!大歓迎です!何も決めてませんが!」

ということで、オホーツクは北見出身の岸くんとやり取りをし、オホーツクハウスとして初のインターン生としてきてもらうことに。


インターンで岸くんはなにしたの

事前のやりとりやビデオ通話で、「まじでなんも決まってないけど大丈夫?なにやりたい?」と聞いたら、「デザインの勉強してるので、デザインができたらいいんですが、それにこだわらずいろいろやらせて頂きたいです!」という菩薩のような回答。お盆明けから1週間程度居られそうらしい。

そこで、ぼくが運営しているメディア<オホーツク島>のデザインなどもやってくださっている、オホーツクは湧別町在住のデザイナー鈴木さんに手伝って頂くことに。

もともと鈴木さんに「オホーツクハウスのロゴなどつくりたいです!!」とお願いしていたところだったので、岸くんと一緒につくりますか!ということに。1週間で完成は難しいだろうけど、オホーツクハウスの掃除やお客さん対応などしてもらいながらラフ案を考える、とかまではいけるかも…?ということで、見切り発車を決定。進捗次第で調整することに。


いよいよスタート

8月16日(金)午前10時、お盆明け早々に岸くんがオホーツクハウスに到着。さっそく掃除を手伝ってもらう。

掃除の内容は、シーツ類やタオルの洗濯、お風呂・トイレ・洗面台・キッチンの水まわりの掃除、掃除機がけ、シーツやタオルの取替、ゴミの片付け、洗濯物干し、洗濯物たたみ、そして諸々の整理……といったところ。1人でやっても3時間前後はかかる。それぞれ岸くんに伝授。お昼ごろまでにおおむね片付く。

その後湧別から車で2時間ほどかけて鈴木さんが到着し、3人でごはんへ。

#オホーツクハウス のある清里町の農家さんがやっているカフェ、TOKO-TOKOさん。

グリーンカレーがうめえ……全部うめえ……


午後。さのと鈴木さんが、大学からこれまでやってきた仕事、いまやっている仕事などについて説明。インターンっぽい!

そして改めてやることを確認。オホーツクハウスのロゴをつくっていく方向で相談。

8月なので期間中全部宿泊者ありでした。よくこのペースでやろうと思ったな!岸くんすごい


そんな中、オホーツクハウスに清里町で合宿している東大陸上部長距離チームの人たちが登場。いろいろお話しました。

なんか久々に難しい話して脳みそに汗かいた。詳細は下記ブログとぼくのfacebook投稿を参照。

ひとしきり話したら17時、もうそろそろお客さんが来る時間。

鈴木さんとは改めて、都度Slackを通じて、デザイン面で岸くんをサポートして頂く方向で相談。鈴木さんは湧別までふたたび2時間かけて帰宅。遠いところほんとありがとうございます……


その後、もうひとつのオホーツクハウス「オホーツクハウスしゃり」の受付対応のタイミングが重なり、初日から「オホーツクハウスきよさと」は岸くんに受付をお願いすることに。岸くんは緊張しながらもさらっとこなし、ほぼ掃除とオリエンテーションで1日目は無事に終了。

夜は地元の焼肉屋さん「炉憩(いこう)」で岸くんと2人で焼き肉。

清里産のたまねぎと長いもとゴボウを使ったご当地料理「清里丼」。これがうまいんだ……無限に焼肉食える……


道東強行シャトルラン2days

2日目、3日目の土日は、ぼくが翌週ずっと留守にしてしまうので、とにかく知り合いに会いに行く2days。あちこち行きました。

2日目はツイートのほかに最後美幌まで行ったので、移動だけで10時間ほど。距離にして600kmくらい。部活。走ったな〜。

もう全部書くときりないんで、写真を一部。

2日ともあさ10時ごろ出発して、帰ってきたのは夜12時ごろ。無茶。岸くんは「こんなにいろんな人いると思ってなかったので、正直頭パンクしてます」とのこと。狙い通りです(体育会系)


制作の1週間へ

そして月曜日からは、ぼくが北海道を離れて東京に行かねばならなかったので、宿の掃除も含めて岸くんにお願いしつつ、掃除以外の時間でデザインを考えてもらうことに。

ぼくが居られる最後の昼ごはんは、オホーツクハウスから車で5分ほどのところにある、こちらも農家さんがやっている斜里町の「丘Cafe」さん。

スープカレーまじうめえ……野菜がほんまにフレッシュ……なんかだんだんウマいもの自慢みたいになってきた。


以降は随時Slackで遠隔でやりとり。

8/20(火)

※時間がメッチャ夜ですが自主的にやってくれました

鈴木さんも都度いろいろなパスを出してくださいました…!インターンっぽい!!

午前中に掃除が入る日などもありながらデザインワークを重ねてくれました。

8/22(木)

スケジュール通り順調に進行。まじでめっちゃできる子か……?順調に進行したのでスケジュールも順調に徐々に決まっていきます。1週間でリリースできるレベルまで詰めるのは難しいと思ったので、一旦ラフ案を仕上げて発表してもらうことに。

鈴木さんも自宅を離れているさなか、岸くんの制作を見守ってくれました🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️


締めの発表

そして最終日。ぼくはさすがに最終日遠隔で「おつかれ!」は申し訳なさすぎるので、飛行機とレンタカーで東京からオホーツクハウスへ直行。

そして発表。

スゴイちゃんとやってくれてた……なんと案を3つも。

正直A案を見たとき泣きかけました。すばらしい……。みなさんにも見せたいのですが、実際にこれから使う可能性が高いので、リリースのタイミングでお見せします!!

個人的には、全然焦ることなく、そして徹夜することもなく、ちゃんと家の掃除などやるべきことを終わらせて、資料も完成させてカンペキに発表してくれて、マジでスケジューリングの神か?というお気持ちになりました。おれこういうとき絶対ギリギリまでやってる。でもギリギリまでやったからといってクオリティが上がるわけでもなく、見切りをつけてちゃんと発表するのはまじで社会人力高い。岸くんすごい。


インターンを終えて

10日間に及ぶインターンを終えた感想を岸くんに聞きました。

自分が考えを出して提案する、というのは難しいんだなと思いました。個人的に、コンセプトを考えるのが苦手で。これまでも授業であったんですけど。今回はそれを鍛えるのに挑戦したかったのもありました。今回やってみて、コンセプトに基づいたものをつくる、という考え方をちょっと身につけられたんじゃないかと思います。深く理解するためにもっと自分から質問していくとか、そういうこともしていかないとダメなんだなと思いました。
鈴木さんにはデザイン面で、コンセプトのあぶり出し方とか、ロゴのプレゼン資料の作り方とか、現場の実際でやることを見せてもらえたのはでかかったと思います。制作にあたるまでの展開を直接流れに乗らせてもらったので勉強になりました。ものをつくっていくために、最初にどれだけあぶり出せるかが大事だなと教わりました。コンセプトをまとめる力というか。あとは、自分が全部考え抜いたものを見せるのではなくて、途中で相談しながら進められたのも、自分がいいと思っているものと求められてるものをすり合わせながらできたので勉強になりました。
あとは最初の2日間、あちこち回って話聞いたのは、これからの仕事とか人生観にも関わりそうだなと思います。地域によって考え方の違いがあるなということとか、意識の違いが大きいんだなとか。道東の考え方と都会の考え方の違いとか。道東の現場の人が「こういうことのがいいんじゃないか」と思っていることと、こっちの仕事を受ける札幌の人とかが考えてることがすれ違ってる。そういう話を知らなかった。自分の中でそういう話を知れたことは大きかった。

まじでいい経験してくれてよかった……何も得るもん無かったらどうしようと思った……。何も決まってないインターンに来てくれてほんとにありがとうございます。いい経験させてあげられてよかった。鈴木さんもほんとにありがとうございました……!

泣いちゃうね

岸くんありがとー!!またいつでもあそびにきてね!!

(最初の写真は最終日に撮った写真でした、余裕なさすぎて全然写真撮れなかった)


北見のバイブス大人フェス、ワッカマツリへ

終了後は2人で北見ワッカマツリに行きました。

めっちゃよかった……行けてよかった。

岸くんはそのまま北見へ。いまは研修プロジェクトに参加してタイにいるらしい。インスタでタイの子たちとBLACKPINK踊っててたのしそう。未来あるな〜。


インターン募集!

ということで、オホーツクハウスではバイブスにあふれるあなたのインターンを募集しております!北海道の右上に住みながら(状況によっては住まなくても!)こういうことがやりたい!にうまく合わせられるよう、相談しながら決められたらと思います。

【期間】
1週間〜(2週間以上だと望ましいネ)

【給与、交通費など】
期間と内容次第で相談(できるだけ払いたい)
少なくとも清掃とお客さん対応に稼働するお金は時給1000円〜出します。

【業務内容】
オホーツクハウスの管理運営、ほかやりたいこと次第
(レベニューマネジメントとか、メディア運営とか、新商品開発とか、デザインワークとか、ウェブ制作とか、とか、とか……)

【こんな人にいいかもね】
- 学生でも学生じゃなくてもいいです、学年も問いません
- 北海道の右上が好き/いつか帰りたい/強い興味がある
- なんかわからんがしばらく北海道の端っこ行ってみたい
- デザインとかコーディングとか、なんか得意なこと、やりたいことがある
- 逆に全然やりたいことはいま見えてないが、わりといろいろやりたい
- 地方で新規事業をやること、外貨を稼ぐこと(の泥臭い部分)に興味がある
- 東京からできるだけ離れたところの新しい取り組みに興味がある
- 現実問題、遠隔でなにがどれくらいできるのかやってみたい

最近めちゃ天気いいんすわ

ということで、いつでもコメントや、Twitter @sanokazuya0306 などなどにメッセージください!!まってます!!!LOVE

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
なにを書くやら

マガジン「大人に怒られそうなことを書く」の買い切り版です。ほんとうは間違えて立てたやつですが、買い切り版として残します。内容はあんまり違い…

長めの記事を月に2回は死んでも書きます、その他の他愛もないことは頻繁に書きます→無理でした、新しいやり方を始めます

日銭を稼ぎながら広義のメディアに関するリサーチと実践を行うさのかずやが、公開されているアカウントではおおっぴらには言えないようなことを好き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けるとさのが頑張って大人に怒られそうなことを書き続けられるようになります、あと北海道に帰れるタイミングが増えます

生きよう
22
Freelance BizDev, Technologist / 新規事業と技術演出 http://sanokazuya0306.com