さのかずや

株式会社トーチ 代表 | ここでつくって生きていくメディア「トーチライト」 @torchlight2020 | 事業と企画をやっている

さのかずや

株式会社トーチ 代表 | ここでつくって生きていくメディア「トーチライト」 @torchlight2020 | 事業と企画をやっている

    マガジン

    • さのかずやのよく見られた記事まとめ

      いいねをいっぱい頂いたやつ、たくさん見てもらったやつをまとめています。まずはこちらからどうぞ。

    • 【買い切り】ほんとうに大人に怒られそうなことを書く

      マガジン「大人に怒られそうなことを書く」の買い切り版です。ほんとうは間違えて立てたやつですが、買い切り版として残します。内容はあんまり違いがないかも。 https://note.mu/sanokazuya0306/m/m6ab1cc707d4f mixiのサブアカみたいなのを目指してます。

    • さのかずや 情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修士論文

      さのかずやの情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修了時の修士論文「特定の地域にまつわるクリエイティブ・コミュニティ形成のためのメディアの可能性」(2017) を全文掲載しています。

      • さのかずやのよく見られた記事まとめ

      • 【買い切り】ほんとうに大人に怒られそうなことを書く

      • さのかずや 情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修士論文

    最近の記事

    固定された記事

    ローカルを諦めないでいるために。株式会社トーチを設立します

    これからもう3ヶ月近く経ってしまいましたが、やっといろいろな準備が整ってきたので、お知らせします。 わざわざ表明することについて最近こういうお気持ち表明するのが流行ってますね。上記のnoteもそうでしたが。正直、具体的にやることが決まっていないのに、お気持ちだけ表明するのってめちゃくちゃダサいと思っていて(個人の価値観です)、それだけは絶対やらんと決めているんですが、今回具体的にやることもその形も少しずつできてきたので、やっとおおっぴらに書ける段になりました。 具体的なも

    スキ
    325
      • なぜ企画・編集の会社が水産加工業の事業承継をするのか

        さのかずやと申します。株式会社トーチという会社で、企画や編集を軸に北海道で活動しています。 これまで企画や編集を中心にやってきたのですが、いまは水産加工の事業承継をしようとしています。そのために、現在は企画や編集を一緒に進めていけるメンバーを募集しています。 ※今回の求人は6/21で締め切りました、ありがとうございました! なぜ事業承継をするのか、端的に言えば「いいものをつくって生きていく」ということにフォーカスした場合、それが一番いい方法だと思ったからです。自分の中で

        スキ
        76
        • 1年やってみた会社を仕切り直す

          札幌に暮らしはじめて1年が経った。正直ほとんどどこにも行けていないので、札幌のまちのことはほとんどなんにも知らないままだ。でもまちのことと関係なく、この時期の北海道は格別に過ごしやすい。昼は札幌も蒸し暑くなるけど、夜になると涼しくなる。久しぶりの東京から帰ってくると、自分が生まれ育った環境で暮らせていることのありがたみを実感する。 東京から札幌に引っ越して、会社を立ち上げてから1年が経った。 たくさんの人のおかげで様々なチャンスをいただき、様々なチャレンジをさせてもらって

          スキ
          353
          • 「友達経済をキモくなくやっていく」慶応アートセンターのトークイベントより

            このnoteは、2021年1月24日に慶應義塾大学アート・センターにて実施されたトークイベント「文化と集団のアーバン・リサーチ──いま、都市のコミュニティはどうなっているか?」にてお話しした内容をまとめたものです。テキストは瀬下翔太さん(Rhetorica)によるものです。 新型コロナウイルスの影響は、文化的実践の領域にも及んでいる。「現場」の空気に触れることが難しい状況下で、カルチャーを前に進めるためにはどんな知恵が必要なのか。それぞれのフィールドで実践を続ける6名の登壇

            スキ
            32

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • さのかずやのよく見られた記事まとめ

            • 11本

            いいねをいっぱい頂いたやつ、たくさん見てもらったやつをまとめています。まずはこちらからどうぞ。

          • 【買い切り】ほんとうに大人に怒られそうなことを書く

            • 45本
            • ¥3,000

            マガジン「大人に怒られそうなことを書く」の買い切り版です。ほんとうは間違えて立てたやつですが、買い切り版として残します。内容はあんまり違いがないかも。 https://note.mu/sanokazuya0306/m/m6ab1cc707d4f mixiのサブアカみたいなのを目指してます。

          • さのかずや 情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修士論文

            • 38本

            さのかずやの情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修了時の修士論文「特定の地域にまつわるクリエイティブ・コミュニティ形成のためのメディアの可能性」(2017) を全文掲載しています。

          • さのかずやのよく見られた記事まとめ

            • 11本

            いいねをいっぱい頂いたやつ、たくさん見てもらったやつをまとめています。まずはこちらからどうぞ。

          • 【買い切り】ほんとうに大人に怒られそうなことを書く

            • 45本
            • ¥3,000

            マガジン「大人に怒られそうなことを書く」の買い切り版です。ほんとうは間違えて立てたやつですが、買い切り版として残します。内容はあんまり違いがないかも。 https://note.mu/sanokazuya0306/m/m6ab1cc707d4f mixiのサブアカみたいなのを目指してます。

          • さのかずや 情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修士論文

            • 38本

            さのかずやの情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修了時の修士論文「特定の地域にまつわるクリエイティブ・コミュニティ形成のためのメディアの可能性」(2017) を全文掲載しています。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 国の借金は返さなくていい?日本の社会学は限界?アベノミクスは勘違い?「そろそろ左派は〈経済〉を語ろう」感想

              こんにちは、さのかずや @sanokazuya0306 です。久しぶりのnoteです。 修士研究でメディアと社会学について研究したり、 卒業後も活動を通して研究的なことを続けたり、 ローカルメディアを長いこと運営して悟ったことを書いたり、 ローカルに向き合う会社で「トーチライト」というメディアを運営したりしています。 長い自己紹介はさておき…… 年末年始に「そろそろ左派は〈経済〉を語ろう」という本を読みました。個人的にはかなり面白かったです。 ネットで書評を探し

              スキ
              109
              • ゆっくりやっているうちに人は死んでしまう

                くそったれな2020年の終わりに、北海道オホーツクエリアの先輩、東京の広告代理店で働いた後に実家にUターンして、北見市常呂町で漁師をやりながら海産物加工・販売の会社をやっていた川口さんが亡くなった。白血病。36歳だった。 川口さんはぼくがこれまで会った方々の中でも、ものすごく気配りをされる方で、ものすごく人望のある方だったので、ぼくが川口さんについて書いたり語ったりできることはすごく少ないほうだとおもう。でもなんとなく、今自分が思っていることはどこかにちゃんと書いておいたほ

                スキ
                110
                • オンライン開催した札幌クリエイティブコンベンション #NoMaps 2020を最若造実行委員が振り返る

                  みなさんこんにちは!さのかずやと申します。北海道遠軽町出身、札幌在住4ヶ月になりました。 このツイートはパクツイです。 NoMaps 2020 盛況のうち閉幕!札幌で毎年10月中旬に開かれている、札幌クリエイティブコンベンション「NoMaps」が今年も開催されました!今年のメイン会期は10/14(水)〜10/18(日)でした。 これまで過去2回、いろいろと賑やかしで参加させて頂いていたのですが、今年札幌に引っ越したこともあり、今年から実行委員に任命して頂きました!ありが

                  スキ
                  22
                  • 自分で考えて決めて絞って狙いを定めて落とし込むのではなく、いろんなステークホルダーの人と一緒に考えて、偶発性を最大限引き出して、予想もしなかった面白い落とし所に持っていくスキル、としての「コントロールしないクリエイティビティ」について言語化したい(いつか)(できるのか)

                    スキ
                    10
                    • めちゃくちゃ好きな文章 http://www.cbc-net.com/blog/qanta/2016/05/04/livelong/

                      スキ
                      7
                      • プールの底

                        ふと、小学生のころの話を思い出した。 当時、町立の温水プールで水泳教室に通っていた。ほとんどは結構厳し目の練習だったが、たまに遊ぶだけの時間などもあった。 友達と一通り遊ぶと、水遊びにも飽き、プールのはじっこでただしゃべるだけの時間がやってくる。そんなとき、よくひとり水の中に潜って遊んでいた。水泳ゴーグルをかけてプールの中に潜り、上を向いて水面を見るのが好きだった。 水中から見る水面は、水の上から見る水面と大きく違って見える。 水の上から水面を見ても、水色のプールの底

                        スキ
                        28
                        有料
                        200
                        • このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます

                          スキ
                          3
                          • 北海道に引っ越して結婚して起業します

                            3月ごろから世界は一変し、コロナまでに考えていたことがたくさんひっくり返った。 その一方で、想定していた複数の選択肢のいくつかが勝手に消滅した。残った選択肢から選ぶことは逆に簡単だったかもしれない。 準備しかできない状況で準備にも時間かかってしまいましたが、6月に入ってやっといろいろ動き始められたので、始めます。やっとだ〜 北海道に引っ越します北海道遠軽町から飛び出し、新卒で広告代理店で営業として働き、会社を辞めて大学院に行き、大学院を卒業して大企業と新規事業をやるぞと

                            スキ
                            423
                            • ツイ消しの記録(2枚)

                              この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

                              スキ
                              4
                              • このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます

                                スキ
                                3
                                • 【ツイまとめ】ポジティブ資本と生まれの差の話

                                  Twitterで連続で書いたことのそのまんままとめ。画像はなんにも関係ありません。 かつて「ポジティブは資本である」ということを書いたことがある。まじでピンとこない人には全くピンとこない話だと思うが、「日々に夢や希望を持つことができるのは、夢や希望を持てる環境に生まれたから、ということが大きい」という話。 上野千鶴子の東大祝辞が有名だけど、「東大に入れるのは東大に入れる環境に生まれたから」であって、その人が努力したかどうかということとはさほど関係がない。北海道のど田舎でひ

                                  スキ
                                  25
                                  • このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます

                                    スキ
                                    6