見出し画像

出会い作りの教科書~だれでも女の子との出会いを倍にする方法~

「彼女が欲しいけれど、出会いが少ない」

「彼女と別れてから、出会いがなさすぎてつらい」

「かわいい女の子との出会いを作り続ける方法を知りたい」


そんな悩みを解決するnoteです。


「モテ」への考え方

出会いを作りたい、と考えているあなたは「モテたい」という考えも持っているはずです。


そんなあなたに説明したいことがあります。

「モテ」

に関する定義をさせてください。


「モテる」とはどういう状態でしょうか?

「モテる人」はどんな人でしょうか?


従来の考え方はこうだったはずです。


「モテ」:決まったコミュニティの中で何割の人にモテるのか


しかし、中学高校などというコミュニティから自由になったあなたにとって、本来はこうです。


「モテ」:「ある時間内にどれだけ彼女を作れるのか、セックスできるのか」


「コミュニティ」から「コスパ」へ、考え方のベースを変えてください。

コミュニティは、コスパを上げるための手段の一つです。


このnoteでは、この

「考え方の転換」

をしたうえで、

コスパ最強

にする論理的な方法を示します。


女の子との出会い作りは、男にとって死活問題です。

どんなに魅力的な男でも、出会いがなければセックスすることはできません。彼女も作れません。

一生、恋愛には恵まれないままでしょう。


10人の女の子を口説けば1人とセックスできる男がいるとします。

この男の経験人数は、

(口説いた人数)×1/10

になります。

つまり、口説いた人数が10人なら1人、100人なら10人。


同じだけの魅力を持つ男でも、出会いの数によって経験人数に10倍の差が出ます。


さらに重要なことをもうひとつ。

自分の魅力を2倍にするのは難しいですが、出会う数を2倍にするのはそれよりも簡単です。

魅力を身に着けるためには、所作、言葉使い、エスコートの仕方など様々な面に気を配る必要があります。


この過程は血のにじむような努力を必要とすることも多く、生半可な努力ではできません。

今までの20年、30年の人生の積み重ねは付け焼刃では変わらないのです。

これに比べて、出会いを増やすことはツールの使い方ひとつで可能になることも多いもの。


たとえば、マッチングアプリを使ったことのない男がマッチングアプリを使い始めるだけで、一か月で出会える女の子の数は倍以上になります。


すると、単純計算で経験人数も倍以上にできます。

自分自身の魅力を増すことなく、です。


中学高校のようなコミュニティでは一度失敗するとすぐにうわさが広まってしまいますが、大学生や社会人の方はもう気にする必要はありません。

私たちが小さい頃に刷り込まれてきた


「モテそう」

「モテなそう」


は、スポーツができるとかコミュニケーション能力があるとかで決まっていました。


しかし、すでにモテの定義は変わったのです。

バレンタインデーのチョコの数に意味はなくなりました。


出会いの数のコントロールができるようになったからです。


つかめばすぐそこに、チャンスがあるのです。


出会いを増やすことは、このようにより少ない努力で大きなインパクトをもたらすのです。しかも、一生使えます。

さらに、

「知っているか知らないか」

で決まる分野です。


ここで、問題点があります。

それは、

「出会うためにもコストが必要」

ということ。

イベントは1回3000円、マッチングアプリは1か月5000円。

出会いを作るだけでここまでお金がかかるのです。


おまけに、ホテルに連れ込めるかもわからないご飯をおごるのに1回6000円。


「結局、お金かい!」


そう言いかけていたら、ちょっと待ってください。


確かに、出会いを求めるならばコストは必要です。

しかし、

「最適化」

することは可能です。

つまり、出会い方ごとの特徴をおさえたうえで、自分の得意かつ好きな分野で、戦略を練ることは可能なのです。


彼女の途切れない人は、自分なりの

「出会いかた」

を確立しています。


ストリートナンパであったり、合コンであったり、それぞれの特徴をおさえて戦略的に戦っています。


このnoteは、出会いの数を倍にすることで倍のセックスを手に入れたいあなたのための武器です。


そのあとは、豊富な女の子のストックから好みの女の子を彼女にしてもいいですし、セフレとしていろんな女の子と遊んでもかまいません。


使い方は自由です。


女の子と出会えない。

このnoteは、そんな悩みを抱える同志へ向けたバイブルです。


私が今までに試した出会いの方法を組み合わせ、出会いを量産する方法を説明します。


私のほかのnoteと同様、これからもバンバン更新していきます。


価格も量に応じて値上げしていく予定です。


マッチングアプリは特に流行り廃りが激しいので、流行を踏まえて紹介する内容を変えていきます。


たとえば、最近はマッチングアプリ市場が過熱しているので新しいアプリがどんどん出ています。


女性向け雑誌や女性向けの広告によりマーケティングに成功したアプリが女性に選ばれ、女性の比率や食いつきが良いアプリに男が吸い寄せられるという流れができています。


2017年はtinder、pairs、2018年後半からはタップル、withが熱くなってきているイメージです。


2019年においては、前半では引き続きタップルとwithが強いですね。

すたれていない純粋な女の子も使っているのは特筆すべき点です。


tinderはヤリチンとヤリマンをマッチングさせるのが得意なプラットフォーム、という印象です。マッチングアプリがたくさん出てきているのに比例して、それぞれのアプリに特徴が出てきています。


むろん、それぞれで女の子の傾向は異なるため、ターゲットの女の子を定めて、それぞれの対策をしていく必要があります。


要するに、

「状況の変化に対応した情報」

が必要とされています。


このnoteは、最新の情報を更新し続けることでこの役割も果たします。


大きく分けて2種類の出会い方を紹介します。


前半:リアルの出会い攻略

後半:ネットの出会い攻略


このnoteがおすすめできるのは、以下のいずれかに当てはまる人です。


<こんな人におすすめ>

・出会いが少ない人

・女性経験を積みたい人

・マッチングアプリをやっているものの、効率が悪いと感じている人

・ストリートナンパがうまくいかない人

・合コンで継続的に出会いをゲットしたい人

・今よりも出会いを倍にしたい人


このnoteでは、出会いを倍にしたい人に向けて、


・経済学

・確率論

・心理学


の考え方を応用しつつ、論理的にメソッドを提供します。


出会い方は、学校でも塾でも教えてくれません。

友人も、いざアドバイスを求めようと思うと気おくれしてしまいますよね。


このnote含め、私のnoteは

恋愛の学校

といえるものを目指しています。




論理と経験に裏付けされた、応用の幅が広い本物の

「基礎」

を学んでいただければと思います。


では、さっそく出会いの作り方のレクチャーに入ります。

その前に、ひとつ重要なことを伝えます。


出会いを作るうえで重要な考え方を説明しなければなりません。


リアル、ネットどちらにおいても活かすことのできる、出会いを求めるうえで基礎となる考え方です。

この考え方を基礎として、それぞれの具体的な手法に応用していくことになります。


出会い製造のための思考法

注意するのは、以下の3点だけ。


「分散投資」

「需要と供給」

「費用対効果」


これらを思考のベースとしてインプットすることで、どんな出会い方においても正しい考え方で、出会いを増やすための行動をとることができます。


順にみていきます。

これらは出会いを効率的に製造していくうえで避けては通れない考え方です。

しっかりと自分の血肉にしていきましょう。


分散投資

たくさんの方法を使って、できる限り多くの女の子に声をかけましょう。

そして、全員にアプローチし、セックスに向かうのです。


この理論は、金融のリスク理論から派生したものです。

投資において、いかにしてリスクを最小にしてリターンを得るのか研究された、歴史のある学問分野です。


その中で、分散投資という投資法があります。

これは投資において非常に有名な方法です。

分散投資(ぶんさんとうし、diversification)とは、投資金額を分散していくつかのものに投資する手法である。一つのものに投資するとなんらかの要因で投資対象の価値が下落した場合は投資資金がほとんどなくなってしまうので、そうしたリスクを軽減するために行われる投資手法である。主に、中長期の投資スタイルに向いている。また、複数の金融商品、株式、債券をパックにしたタイプのバランス型投資信託もある。
(Wikipedia|分散投資
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E6%95%A3%E6%8A%95%E8%B3%87#%E6%8A%95%E8%B3%87%E5%95%86%E5%93%81%E3%82%92%E5%88%86%E6%95%A3%E3%81%99%E3%82%8B
より引用)


投資をするときには、投資信託や株式などに分散するのがセオリーです。

要するに、

「卵を運びたいときは一つの箱に入れると、その箱を落としたときにすべてを失う。ならば、3つの箱に分散して入れたほうが、卵の残る確率が高い」

ということです。

この理論は上記のように金融資産に適用されることが多いですが、恋愛にも応用可能です。

ぼくらは女の子にお金と時間を投資して、セックスというリターンを得ようとしているのですから。


女の子がぼくらをきもいと思って振る理由はシンプルです。


その女の子に執着しすぎていたから


これがすべてです。

人は、自分が本来手に入れられるものよりも価値の高いものを手に入れたいと思っています。


執着し、こびた態度は、

「あ、私ごときにこびるような価値の低い男なんだ。ナシだわ」

と思わせることになります。


女の子は王子様を夢見ています。

実在しないにしても、です。


女の子にとって魅力的な男でいるために、女の子よりもあなたが上でいる必要があります。


重要なのは、自信を持って接すること


最初はハッタリでもいいのです。

とにかく自信さえ持っていれば女の子からの接し方が変わります。


それに応じて、本物の自信を持てるようになっているはずです。


最初はハッタリでいいのです。

いずれ本物になっていきます


そのためには、「こんな女、俺の魅力なら余裕っしょ」というメンタリティを維持している必要があります。

よって、考えるべきことはひとつ。


いかにしてその女に執着しないようにするのか


その答えは、こうです。


つねに10人以上を追いかけ続ける

そうすることで、「一人くらい振られても大丈夫っしょ」という謎の余裕をもつことができます。


その余裕が、女の子を惹きつけるのです。


繰り返します。余裕こそが女の子を惹きつけるのです。


大きな成功をしようと思うなら最初はハッタリから始める


はったりは周りからの評価を通じて本物になります。

本物になったらその魅力は周りを間違いなく惹きつけるでしょう。


大きな成功をしたいのであれば、まずは自分を騙すことからです。


数多くの女の子を追いかけるのはもちろんですが、数多くのツールを使うのも重要です。


「合コンだけ」

「マッチングアプリだけ」


これでは、その出会いの手段がうまくいかなくなった時に精神的な平穏が消し飛びます。


「合コンの幹事をやってくれる友達が忙しくて合コンを組んでくれなくなった」

「マッチングアプリに使うお金を確保できなくなった」


こんな状況では、今までの方法が使えません。


「幹事の友達がいなくてもマッチングアプリがある」

「お金がなくても、ストリートナンパすればいい」


このように別の手段を知っていることは、強力な武器です。


分散投資すること


この重要性は、出会いを求め続ける中でも確信していくはずです。


ちなみに、様々な恋愛系の書籍でこのことはまず冒頭で語られることからも、その重要性がわかります。


たとえば、以下の書籍でこのことに言及されています。


・水野敬也さんの書いた『LOVE理論』

「執着の分散理論」(分散投資のように好意を様々な女子に分散することで恋愛がうまくいく)

・「恋愛工学」という手法を世に知らしめた藤沢数希さんの『僕は愛を証明しようと思う』

「非モテコミット」(モテない男は一人の女子にコミット(尽くすこと)しすぎてふられる)といった言葉で語られるように、男は一人の女子を好きになると余裕をなくし、結果的に好きな女子に限って振られる生き物

(同書ではストーリー形式で非モテコミットしてしまった青年が描かれています)


こちらのブログでも書かれています。


もう一度、原則を言います。


一人の女子にアプローチしてうまくいかないのであれば、まずは余裕をもつために複数の女子にアプローチするべきです


複数の女性にアプローチするだけで、今までは考えられなかったくらいの余裕を手に入れることができるでしょう。


モテない男に共通するのは、余裕がなさすぎること


余裕を持てるようになれば、自然と魅力があふれだすのです。

女の子が寄ってきて、さらに手持ちの女の子が増えるという好循環ができあがります。

一度この好循環に入ってしまえば、抜け出すほうがむしろ難しくなります。

こちらからアプローチしなくても、次々とレベルの高い女の子が寄ってきます。

こうなれば、人生で女の子に苦労することはなくなるでしょう。


需要と供給


自己評価の高すぎない人を狙いましょう。


というのも、「人は自分の価値を正しく見積もっているとは限らない」からです。


先ほど、「女の子は自分よりも価値の高い男を追いかける」と述べました。


これは、正確に言えば「女の子は、"自己評価で見積もった"自分の価値よりも高い価値を持つ男を追いかける」だからです。


ここで、問題です。

以下の二人の女の子がいます。

攻略難易度の低い女の子は、どちらでしょうか?



1 自信に満ちたブス

2 自信のない美人


さあ、この二人のうち、狙いやすいのはどちらでしょうか?


「ええ~、美人よりはブスの方がハードルが低そうな…」そう思ったあなたは、見た目の罠にはまっています。


正解は、「自信のない美人」です。


人は、自己評価で自分をはかっています。

つまり、大事なのは見た目ではありません。

自信です。


どんな美人モデルでも、周りにモデルしかいない環境で虐げられていたら自信をなくしているかもしれません。


どんなブスでも、理系の大学で男子に囲まれて姫扱いされていたらつけあがるでしょう。

需要と供給の科学なのです。


女の子が、あなたの価値を高く見積もる状態。

これをつくるのです。


そのために、見た目に騙されてはいけません。

見た目はあくまで人間の一部分にすぎないのです。


大事なのは、相手の中身の自信です


自信のあるブスに声をかけたところで、「私ならもっといい男にいけるし!」と思われるのがオチです

(まあ、そんな価値は自分にはなかったとブスが気付かなければ、彼女は一生彼氏ができないわけですが)


婚活BBA製造のメカニズムについてはこのnoteでは触れませんが、彼女たちを見ていても「彼女たちの中の自己評価」が大きな影響力を持つことが納得できると思います。


多くの人は見た目に騙されすぎます。


見た目というのはあくまであなたが見ているものです。


相手が実感しているものではありません。


需要と供給を語るうえで、もう一つ重要な要素があります


それは、ニーズの強い人を狙うこと。


「彼氏がどうしても欲しい」そんな人を狙うのです。


あなたも、おなかが減っているときならば普段は食べないようなまずいものも食べるでしょう。

それと同じです。

「彼氏欲しい!」と今にも叫びだしそうな女の子を狙うのです。

相手の必要性が高ければ、普段であればありえない現象も起きます。

あなたの魅力が普段はその女の子に釣り合わなくても、しっかりと女の子はあなたの魅力に惹きつけられることになります。


では、どのようにしてニーズの強い女の子を見分ければいいのでしょうか。


女の子が「彼氏が欲しい!」と思うタイミングは以下のようです。


・クリスマス前

クリスマスにぼっちは嫌なので、駆け込み需要が訪れます。


・夏の解放的な時期

「夏だから遊ぼう!」という空気が味方してくれます。

学生の場合は夏休みということもあり、非日常感が強い期間です。


・彼氏と別れた直後。傷心中

このタイミングが一番です。

普段はダメであろうかわいい子とセックスできた直後は、振られた直後だったり彼氏と喧嘩しているタイミングです。

まさにボーナスステージ。

このタイミングを狙うコツは、こまめに連絡をとっておくこと。

つまり、女の子の頭の中で、

「彼氏と喧嘩したらこの人に相談する」

というポジションを確保しておくのです。

この状態を複数の女子と保っておきます。

すると、定期的に女の子の方から連絡が来るはずです。


この時期、タイミングを狙って女の子を射止めるべく活動するとよいでしょう。

彼氏が欲しい女の子がいる環境は以下のようです。

・女だらけの環境。美容師、アパレル、看護師

単純に、出会いがありません。

激務であることも多く、合コンをする時間がありません。


・結婚を考えている(ただしある程度年齢を重ねている可能性が高い)

婚活BBAですね。

ガツガツしてます。


・出会い系サイトに登録している

彼氏を作るためにアプリをインストールし、メッセージをしています。

一般の子に比べて、相当ニーズが高いのがわかるでしょう


このような環境にいる女の子につながりを持っておくと、芋づる式に合コンを組めることも多いので他の女の子も狙いにいけます。


もし知り合いにいたら、合コンを打診してみましょう。


時間対効果


ここで、重要な思考法として最後に、時間対効果を説明します。

できることなら、短い時間で多くの出会いを作りたいもの。

あなたが使える時間は恋愛にすべてを費やすためにあるわけではありません。


仕事

自己投資

趣味


あげればきりがないほど、やりたいことが浮かんでくるはずです。


それらに費やす時間を確保したうえで、あなたは出会いを考える必要があるのです。


そのために、時間対効果を意識しなければいけません。

恋愛において、短い時間で多くの女の子をゲットできる方法とそうでない方法が存在します。


そこで、出会いの方法ごとのコストパフォーマンスを考えることをオススメします。(このnoteでは時間的な費用対効果を踏まえたうえで出会い方の解説をしていきます)


たとえば、「合コン」「マッチングアプリ」時間対効果が良いのはどちらでしょうか。


これは、


「知り合いの数」

「マッチングアプリの熟練度」


によって変わってきます。


知り合いの多い人は、知り合いに合コンの開催をお願いするラインを送るのに使う時間だけで合コン開催が可能です。

10人に送ったとして、10分もかからないでしょう。


つまり、知り合いが多ければ合コン開催を頼むのがもっともはやいことになります。


一方で、マッチングアプリのほうが短い時間で実際に会うまでたどり着く人は、そちらの効率がいいことになります。


あなたがマッチングアプリの歴が長くて慣れている、プロフが程よく盛れている、などの理由ですね。


自分が一番短い時間で出会えるのはどれなのか、つねに考えましょう。


場合によっては、記録をとるのもありです。


マッチングアプリに費やした時間とセックスできた回数を計測しておくことで、客観的に評価できます。


では、実際にどうやって出会うのか、その方法論を以下で解説していきます。


この続きをみるには

この続き:10,508文字/画像17枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

出会い量産法とヒモになる方法のセットです。 出会いを量産することで最初のセックスを獲得し、ヒモになることで長期的にセックス獲得とお金の...

または、記事単体で購入する

出会い作りの教科書~だれでも女の子との出会いを倍にする方法~

サンジ

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
お店の力で女の子をオトす人。本業は某有名グルメメディア運営。年間に200店以上を食べ歩く。 noteでは「女の子をオトせる」ことだけを基準にお店を選定、使い方を添えた「究極のヤレるお店note」を執筆している。都内の「ヤレるお店」情報で右に出るものはいない、ヤレるお店の専門家。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。