里山メルヘン化計画

13

※ご注意!マムシなども住んでおります

野茶会の会場となる我が家は、標高450m の山間にあります。ここは自然だらけです。豊かな自然と自然の脅威は、表裏一体なのです。

家のすぐそばで鹿やイノシシやカモシカ、狸に狐に兎さん、イタチやハクビシンなどの野生動物に遭遇することもあります。

私たちに危害を及ぼす生き物も住んでいます。それはマムシやハチやブヨやヤブ蚊、マダニなどです。豊かな自然と危険はセット販売されているのです。

しかし、そん

もっとみる

とぼけた架空的女系民族の物語り

皆さんはムニャムニャ族をご存知だろうか?

衣食住を楽しく演出。最も平和で最もゆるい架空の女系民族。陽気だが胡散臭い。自然を愛するトボけた平和主義である。
主に東海地方に生息分布。民衆への顔塗り(フェイスペイント)によって地下茎のように確実に一族の繁栄を続けている。
2018年秋より ムニャムニャ族のセレクトした逸品を、岐阜県の多治見市本町にて「ハナタロウ商店 」として販売。 一族が現代社会を

もっとみる

白川茶の美しさに魅せられる



メルヘン野茶会に出店していただく「添い」の佐藤里奈さんは、白川町のお隣、東白川村に暮らしている。彼女は東白川村で育てられたお茶と、美濃和紙を中心とした紙を綴るプロダクトを、独自の観点でセレクトし紹介している。

「添い」の写真はどれも美しい。写真やWEBサイトから彼女の見ている世界を少しだけ知ることができる。繊細に上品に、清潔に切り取られた情景は、普段見慣れたお茶だと言うのに、全く別次元の輝き

もっとみる

お茶の葉を摘んで飲んでみましょう!



お茶の葉を摘んだことありますか?

そもそもお茶の木を見たことがある人も、そんなに多くはいないかもしれませんね。

メルヘン野茶会が行われる5月19日は、お茶の新芽を手で摘むのに最適な時期。お茶の葉が黄緑色にキラキラと輝いてとっても綺麗です。

その美しいお茶の葉を自分の手で摘んで、炒って、揉んでしまえば、その場ですぐに飲むことができるのです!驚き!

【手摘み手揉み手炒り茶つくりワークショッ

もっとみる

お茶のおいしい淹れ方を知ってますか?



メルヘン野茶会の会場となる我が家は、岐阜県の白川町にあります。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ここ白川町は銘茶の産地なのです。
山の氣で育った上質な茶葉と、山々からの潤沢な清水。素材はそろっています。

ですが、私たちはお茶の淹れ方を学んだことがあるでしょうか?

「日本茶」と呼ばれるほど、私たちの生活に当たり前に浸透している緑茶ですが、上手に淹れられる人は案外少ないのではないかと思いま

もっとみる

おいしいハーブティ飲んでますか?

岐阜県恵那市で無農薬野菜やハーブを生産する、西森ファームさん。

標高約500m、夏でも夜はクーラーが必要のない冷涼な気候で、無農薬の野菜やハーブ作りに取り組んでいます。ハーブに関しては、生産から加工まで行い、オリジナルブレンドのハーブティーを作っています。

詳しくは、西森ファームHP http://nishimori-farm.com/

西森さんの出店してるマルシェに、僕らも同じく出店してい

もっとみる

ムニャムニャ族の竹ごはんCM

かなりゆるい架空の女系民族「ムニャムニャ族」

お茶室のお披露目を祝う、神聖な儀式を、事もあろうにムニャムニャ族の皆さんが執り行うことになってしまいました。

=======================
ムニャムニャ族の活動をネットで探していますが、情報は乏しく、その生態は謎に包まれています。とゆうか謎すぎです。

この動画が公開されている訳がわかりませんw

私たちの大切な式典はどうなってし
もっとみる

お茶はバラエティに富んでいる

私は仲間たち5人と共に、銘茶の産地・白川町の下佐見地区でお茶畑の管理をしています。草を刈り、茶の木の整枝、茶葉の収穫をしながら、お茶の木の成長をのんびりと観察しています。

茶葉は収穫した瞬間から酸化していくので、間髪入れずに製茶工場に持ち込みます。できあがった緑茶とほうじ茶は、独自ブランド「ようけ成る山」として商品となります。去年の茶の味はとってもまろやかで今も美味しくいただいています。

とこ

もっとみる

里山メルヘン化計画2018年3月活動報告

里山メルヘンを始めた経緯

僕は花屋の家に生まれ幼い頃から花を身近に感じてきました。花に触れ植物が好きになる反面、大人になる頃には花業界で扱われる規格化された花にあまり魅力を感じなくなっていました。

独自の植物愛を掘り下げていくにつれ天然自然の美しさに惹かれ「より自然に近いお花を育て、花を愛する人に野の花を届けたい!」との思いが強くなり、その実現に向け2年前から岐阜の山間地に移住しました。

もっとみる

「石を動かす」公開GENBAレポート

この春からはじまった「里山メルヘン化計画」は田舎に花畑を作るプロジェクト。その記念すべき初めての「公開GENBA」が先日開催されました。

イベント概要はこちら→里山メルヘン化計画はじまります!!動かざること山の如し!!!

今回のイベントの目的は小さな石の公園を作っていくための礎を築くこと。一宮を拠点に活動する変態庭師・平山郁夫(平山庭店)を召喚して、石のインスタレーションを出現させるのが着地点

もっとみる