Performance Residence in Museum 2022-23

世田谷美術館とNPO法人アートネットワーク・ジャパンは、身体表現やパフォーマンス表現を行う若手アーティストを対象としたアーティスト・イン・レジデンス(AIR)事業を実施します。幅広い視野で自身の作家性を追求し表現する、次代を担う若手アーティストの支援・育成を目的にしています。

Performance Residence in Museum 2022-23

世田谷美術館とNPO法人アートネットワーク・ジャパンは、身体表現やパフォーマンス表現を行う若手アーティストを対象としたアーティスト・イン・レジデンス(AIR)事業を実施します。幅広い視野で自身の作家性を追求し表現する、次代を担う若手アーティストの支援・育成を目的にしています。

    マガジン

    滞在日誌2022

    すべて見る

    滞在日誌 2023/1/11(7日目)

    4日間あった1月の滞在は、この日が最終日。全滞在期間15日間のうち、半分が終了したこのタイミングで、額田さんへのミニインタビューを行いました。 様々なことを経験して思考するという段階から、取捨選択したものを磨き上げていく段階へと移っていく中で、これまでの滞在を振り返りながら、今後のアイディアなどについても伺うことができました。 聞き手:米原晶子(プログラムディレクター/NPO法人アートネットワーク・ジャパン) ー滞在が折り返しを迎えますが、前半はどんな時間になりましたか?

    滞在日誌 2023/1/7-9(4-6日目)

    前回(2022年12月20・21日)から約2週間が経った1月7日より、2023年の滞在がスタートしました。 1月は7 ・8 ・9日と11日の計4日間、額田大志さんが世田谷美術館に滞在しました。 今回の滞在日誌では、一般のお客様も参加した8日(日)と9日(月・祝)に実施したオープンデー「音を観察する」を中心にお伝えします。 1/7 (4日目)オープンデーの準備 この日が初めての週末滞在だったこともあり、休日の美術館と周辺の様子を見ることができました。お天気も良く、多くの人が

    スキ
    2

    滞在日誌 2022/12/20-21(2-3日目)

    12月20-21日の2日間、額田大志さんが世田谷美術館に滞在しました。 今月から来年3月にかけては、今回のように数日間連続で滞在する予定となっています。滞在初日(11月29日)には、砧公園の音をよく観察しながら、見ているものと聞こえてくる音の関係性についてのリサーチを進めていました。前回の滞在から1ヶ月が経ち、ここからどのようにリサーチが展開していくのでしょうか。 12/20 (2日目)美術館への道のりを録音 まず額田さんは、公園にいくつかある入り口から美術館までのそれぞ

    スキ
    4

    滞在日誌 2022/11/29(1日目) いよいよスタート!

    秋晴れの心地よい天気のなか、いよいよ作曲家・演出家の額田大志さんの滞在がスタートしました。2022年11月から2023年3月までの期間に計15日間世田谷美術館に通い、〈ボーダレスな音〉をキーワードに様々なリサーチや実験を行います。 この滞在日誌は、プログラムコーディネーターの武田が滞在の様子をお伝えしていきます。写真は全て武田撮影(※印除く)。 まずは砧公園へ 開館時間の10時、世田谷美術館の吉田学芸員から、この日の美術館ではどのような催しがあるのかなど、説明を受けまし

    スキ
    9

    お知らせ

    すべて見る

    オープンデー 「音を観察する」参加者募集!

    2022年11月より実施している、身体表現やパフォーマンス表現を行う若手アーティストを対象としたアーティスト・イン・レジデンス(AIR)プログラム。 2023年3月までの計15日間、世田谷区出身・在住の作曲家・演出家である額田大志が世田谷美術館に通い、〈ボーダレスな音〉をキーワードに滞在リサーチを行っています。 そのリサーチや実験を参加者の方と一緒に行う「オープンデー」を開催します。アーティストと一緒に様々な音に耳を澄ませながら、美術館の内外や展示室を巡ります。後半は撮影し

    スキ
    5

    事業について

    すべて見る

    世田谷美術館×アートネットワーク・ジャパン 新企画を実施します!

    世田谷美術館×アートネットワーク・ジャパン Performance Residence in Museum 2022-23世田谷美術館とNPO法人アートネットワーク・ジャパンは、身体表現やパフォーマンス表現を行う若手アーティストを対象としたアーティスト・イン・レジデンス(AIR)プログラムを実施します。アーティストの創造環境・活動のフィールドを拡張し、幅広い視野で自身の作家性を追求し表現する、次代を担う若手アーティストの支援・育成を目的にしています。 2022年度は、作曲家

    スキ
    16