見出し画像

『日本にいないエッセイストクラブ』はじめます

世界各国に住む物書きのみなさんで、リレーエッセイをはじめます。

ひとつのお題で順々にその国にまつわるエッセイを書く。回りきったらお題を変える。初回は「はじめての」。試しに3周くらいやってみます。参加が決まっている国は、ベトナム、イタリア、アルゼンチン、インドネシア、イスラエル、ドイツ、カタール、マレーシア。今後ふえるかも?しれません。エッセイを随時まとめているマガジンはこちらです。

一週目の走者と公開日(予定)

※あくまで予定なので変更の可能性は大いにあります

1.ネルソン水嶋(ベトナム) 2/10 ※このアカウント
2.すずき(イタリア) 2/17
3.奥川駿平(アルゼンチン) 2/24
4.武部洋子(インドネシア) 3/2
5.がぅちゃん(イスラエル) 3/7
6.ベルリン酒場探検隊(ドイツ) 3/14
7.フクシマタケシ(カタール) 3/21
8.森野バク(マレーシア) 3/28

さて、地球規模で空飛ぶバトン、はたしてどんな内容・どんな展開になるでしょうか?やってみないことにはわかりません。よろしくお願いしますッ!

ことの経緯をすこしだけ

なんで?だれ?という人もいると思うのですこし。参加メンバーはもともと海外ZINEというウェブメディアで連載していたライターの面々で、私はその元編集長です。企画のなかでもたのしかった(そして反響もあった)ものがライター自身が半生を振り返ったエッセイ。"わざわざ"海外に移り住んだ人にはもれなく、その人にしか語れない個性あふれるドラマがあり、「お仕事としてでなくても自由に書きつづけていきたい」と思ったことがきっかけ。そんなこんなで、エッセイストの多いnoteでやってみることにしました。

タイトルにあるとおり、プロジェクト名は『日本にいないエッセイストクラブ』です。有名なクラブの名前になぞらえますが、日本の意味は真反対。それでは第一走者は言い出しっぺの私から。どうぞよろしくお願いします~。

1.『なつかしきモッチャン時代』(ネルソン水嶋/ベトナム)

2.『今日もそんなに特別な一日ではないけれど』(鈴木圭/イタリア)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「ネルソンがんば!」と思われたら、たまにベトナムビールをおごってください。大衆ビール"333"は50円。なんと100円でビールが2杯も飲めます。300円なら接待用"サッポロプレミアム"を即買いです。

\最吉/
16
ベトナムに詳しめの文筆業、編集者、企画好き、ふざけたがり。大阪出身。海外の日本人街と日本の多文化社会化に興味しんしん。2011年からホーチミン市を拠点にさまざまな人物文化場所を取材。ブログ「べとまる」のほか、「デイリーポータルZ」「エキサイト」などで執筆。ただいま起業準備中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。